経済・政治・国際

2018年2月21日 (水)

F35Aの試験飛行についての申し入れ 愛知県知事あてに

 13日、日本共産党県議団は、党尾張中部地区議員団、党名古屋市議団と一緒に、F35Aの試験飛行による騒音問題等について、県大村知事あてに申し入れを行いました。

 航空自衛隊が導入することになっているF35Aステルス戦闘機のうち、三菱重工小牧南工場で組み立てられている飛行機の試験飛行は2017年6月13日以降14回行われ、いずれも県営名古屋空港が使用されています。

 F35Aは米国防総省報告書で、同機の最新の飛行機について「重大な276項目の欠陥を特定した」とされており、実戦配備された機種についても「問題を残したまま配備された」欠陥飛行機です。冷却系統の不具合により県営名古屋空港に緊急着陸しました。

 地元では試験飛行に伴う騒音が激しく、「聞いたことがない大音量だった」と苦情が一杯です。

 県の説明では、試験飛行の連絡が来るのは、前日位で、遅いときは当日の朝ということもあるそうです。

 県民は、県営名古屋空港の平和利用を望んでいます。

 そこで、党県議団と尾張中部地区議員団、名古屋市議団は、県民生活を守り、県営名古屋空港を安全に管理運営されるよう、次の3点を申し入れました。

 1 F35Aなどの県営名古屋空港使用による軍事拠点化に反対すること。

 2 F35の欠陥について明らかにするよう国に働きかけること。

 3 「欠陥」に対する安全対策を行うよう国に働きかけること。

Img_5167

 対応した県振興部航空対策課の担当は申し入れに対し、「県営名古屋空港は公共のための飛行場であり、飛行機の種類や利用目的に関わらず受け入れている。欠陥の有無については確認していないが、防衛省には伝える」と回答。

 騒音問題については、「県民から苦情が届いている。騒音は常時測定している」と。

 参加者は、「公共のための飛行場なら安全こそ第一。試験飛行の爆音や、故障による緊急着陸に住民は不安をつのらせている。三菱小牧南工場は、F35のリージョナルデポ(整備拠点)として位置付けられている。愛知県として、毅然とした姿勢で国に対応を求めてほしい」と強く要請しました。

2018年2月16日 (金)

無期雇用逃れ緊急に対策を 愛知県議団 大村知事あてに




 日本共産党愛知県議団は13日、大村知事にあてに改定労働契約法に基づく無期転換ルールに関する対策を申し入れました。

 私たち2人の県議が県産業労働部労働福祉課長に申し入れ書を手渡し、無期転換ルールによる雇い止めや「無期雇用逃れ」の違法・脱法行為がないよう愛知県として緊急の対策を行うよう要請しました。

 これは、無期雇用の労働者が通算5年以上働いた場合、無期雇用契約に転換するルールが4月から始まりますが、5年になる前に雇止めにしたり、6か月のクーリング期間をおいて権利を無効にしたりするなど、違法・脱法行為が自動車大手メーカーなどで明らかになっていることを受けての要請です。

 申し入れ書では、労働者や事業主に対し、法の趣旨を周知・徹底すること、労働者への周知の状況や合理的理由のない雇い止めがないかなど県として実態調査を緊急におこなうことなどを求めています。

 県は、実態調査について県だけでは難しいと回答。県議団は「愛知労働局に実態調査を行うよう働きかけを」と求めました。

 県は「検討します」と応じました。

 県の労働相談窓口に無期転換に関わる相談が寄せられていることや、県として広報誌などでの周知など取組を行っていることが示されました。

 県議団は、「努力されている部分は継続し、不十分なところは強化を」と求めました。

Dscn4653

2018年2月 8日 (木)

スーパー撤退で“買い物難民”地域にアンケート、訪問活動

 西区後援会では毎月統一行動を行っていますが、今月は2月4日に比良学区におじゃましました。

 昨年秋に突然スーパーが撤退し、ご近所の皆さんがとても困っていました。

 そこで、“買い物難民”地域になった西区清里町にアンケートを配布したところ、アンケートに困っている状況や意見を書いて返信してくださった方もおられました。

 2月4日(日曜日)は、地元の後援会と一緒に訪問し、スーパー撤退でどうしておられるかお話に伺いました。

 21人の方からアンケートを回収。「車がないと買い物ができない」「地元に店がないのでMOZOや生鮮館・喜惣治店、名駅等に行く」「タクシーでイオンに行っている」等々のお話を伺いました。

 私と、青木ともこ市議は、事前にアンケートを送ってくださった人を訪問しました。「わしのさんですか。いつも応援しています。共産党さんがこんなことまでしてくれるなんてびっくりしました。高齢のため、近くのコンビニや薬局で少し食料品も置いてあるのでそこで間に合わせている。ナベがおいしい季節なのに、野菜を一杯買うこともできず、栄養失調になってしまう」などと本当に困っていると切々と訴えられました。

 私たちは、生協の宅配の紹介をしたり、他の地域でもスーパー撤退して困っているところへ、当面は車で食料品を販売している業者にきてもらっていることなどをお話ししながら、「この問題を地域の皆さんと一緒に相談したいですね」とお話しをしてきました。

 また、安倍9条改憲ストップの3000万署名もお願いしたところ、「戦争だけは絶対イヤです。父は私が6歳の時戦争に行った。そして私は疎開をしていた。父は幸い帰ってきたが、あんなつらい思いをする戦争は2度と起こさないでほしい」と、「知っている人に署名してもらいます」署名用紙も数枚受け取ってくれました。

2018年1月31日 (水)

念願の「なごや小学校」の学校図書館を視察

 長年に及び市民と共産党市議団が要望してきた学校図書館に専任の司書が配置されました。

 市内各区に1人ずつですが、西区は「なごや小学校」に配置され、1月30日(火)、青木ともこ市議と一緒に視察に伺いました。

 この日は、1年生と特別支援学級の子どもたちに、絵本の「読み聞かせ」の日でした。

 節分の豆まき、寒~い冬の雪にちなんだ絵本を、表現豊かに読み聞かせる司書さんに、真剣に聞き入る子どもたち。時々、「ワアー」と歓声をあげたり、司書さんの言葉をそのまま言ってみたり、絵本に夢中になっている子どもたちの反応は素晴らしいし、本当にかわいいなと感動しました。

 「打てば響くような子どもの反応はとても素晴らしいです」と司書さん。

Photo2


 高学年は、調べ学習のため担任と相談しながら、図書室に無い本は県立図書館や鶴舞図書館から借りてくるなどしているそうです。

 また、子どもたちから読みたい本のリクエストを募って図書購入に活かしたり、図書の分類や展示には、ポップと言う掲示物を添えて工夫するなどで、訪れる子どもたちは、毎日100人以上を超えています。

 司書さんや校長先生に伺ったところ、「子どもたちの読者や学習意欲が充実してきた」「図書館をもっと充実させたいけど時間が足りない」 「学校司書をもっと増やしてほしい」などの要望がありました。

 政令市では学校司書配置が最後になってしまった名古屋市で、配置人数も最少と言うスタートですが、今後は小中学校の全校配置をめざし司書教員の充実や処遇改善など、全校の拡充に向けてがんばります。

Photo_21

 

 

2018年1月30日 (火)

子どもひとりでもはいれる食堂 くろかわ子ども食堂を視察

 1月27日の土曜日、夕方5時から「くろかわこども食堂」へ青木ともこ市議、県議団の事務局の永井さんと一緒に視察し、おいしい夕食も頂いてきました。

 5時ちょうどに、コープくろかわ店の2かいのくろかわこども食堂に。受付で300円を払い夕食を注文。

 (こどもは100円)。中に入ると、ボランティアのサポーターさんが10人程で、かいがいしく食事の準備。

 今日のメニューは、   ☆豚汁   ☆サラダ  ☆オニギラズ  ☆くだもの

 私は、オニギラズは初体験でしたが、シーチキンサラダ等がはさんであり、なるほど子どもたちが喜びそうなメニューだなと感心。皆さんが食べているところを「おいしいですか?」と回ったら、子どもたちが、大きな声で「おいしいよ!」と元気にこたえてくれました。

 9か月の赤ちゃんに離乳食を持参して、食べさせながら、上の子2人と夫さんの5人で来ていた若いお母さん、「とても助かります。そしてベテランのお母さんたちにも触れあえることができてとても勉強になります。私も、子ども食堂のお手伝いがしたいと思っています」と答えてくれました。

 また、子どもたち2人と仲良く食事をしていたお父さんは、「妻が風邪をひいて寝込んでしまったので、本当に助かります」と言いながら、「とてもおいしいです」と!。

 子どもたちも「ぼく、おにぎりが食べたいと思っていたので今日のメニューはうれしいよ」と、話してくれました。

 幼い子どもさんを抱えたお母さんは、「月に1回でも、このように作ってくださったものを頂き、後片付けもやらなくてもよい。本当にうれしいです」と感激されていました。

Dscn4633_2

Dscn4636


 くろかわこども食堂が目指すこと

 子どもが一人でもはいれる食堂

  ・一人で食べるよりみんなと食べよう      ・子どもが安心して集えるばしょをつくる

  ・信頼できる大人が身近にいる          ・バランスの良い食事の提供

  ・食育も視野に入れて生協らしいこども食堂を目指します。

 誰でも利用できます

  ・こどもやおとな・高齢者の方がふれあい、おしゃべりできるコミニュニケーションの場です。

 私たちも食事を頂きながら、子ども食堂を立ち上げたときから、がんばっているNさんにいろいろお話しを伺いました。

 くろかわこども食堂は、安心してくらせるまちづくりをと、「安心してくらせるネットワーク北・西」が始めたそうです。そしてこの場所では、北医療生協が名古屋市から受託している学習支援事業の「くろかわ教室」も開催されていると伺いました。

 食材あつめでは、主に生協の商品を使っていますが、大変多くのみなさんからの協力があるそうです。利用者さんの人数が把握できないので、数人断ってしまったことも、そして次の会は大目につくったらっ余ってしまって、サポーターさんに協力してもらうなど、苦労話もありました。

 利用者のみなさんから、子どもがとても喜んでいる、おいしい、助かっています等々の声があり、私たちも苦労して立ち上げて本当にうれしい。西区でもこども食堂立ち上げたいなど、彼女の熱意がしっかり伝わってきました。

 今、こども食堂は、各地で開催されるようになり、あいち県内では70箇所にも増えているとのことです。

 そして、「あいち子ども食堂ネットワーク」を立ち上げ活動されています。

 私は、今回、くろかわこども食堂を視察させていただき皆さんの活動を心から応援したいと思いました。

 議会でも皆さんの声を取り上げていこうと思っています。

 ぜひ要望などお聞かせください! わしの恵子・青木ともこ事務所 ℡532-7965 fax532-1476へ

 

2018年1月29日 (月)

リニア中央新幹線の談合事件についての申し入れ

 日本共産党愛知県議団は、本日、大村秀章愛知県知事に対し、リニア中央新幹線談合事件についての申し入れを行いました。

 申し入れの内容は

1、談合疑惑のあるリニア新幹線工事については、全国新幹線鉄道整備法に基づく、愛知県土地開発公社による用地買収受託事業を中止すること。

2、談合疑惑のあるリニア新幹線工事については、JR東海に対して工事の中止を求めること。

 以上の要請項目です。

 応対した振興部交通対策課リニア事業推進室長は、「私たちは、2027年を目指して着々と事業を進める立場。建設工事のため県土地開発公社から1人を出している。談合問題は私たちは何も言えない」と当然のようにコメントしました。

Dscn4643_3

2018年1月25日 (木)

国保の都道府県化で国保料の値上げ許さない!

 4月1日から、国による国民健康保険の「県単位化」が実施されます。

 県が国保の責任主体となって、国保財政や事業を安定させる統一的運営方針を各市町村に示し、納付金額を決定し、納入させる一方、保険給付費用は全額、県が市町村に払い、国保財政の「入り」と「出」を管理する仕組みです。

 全県地方議員会議・・・・私(わしの)が、講師を務めました。

 共産党愛知県委員会は1月22日、全県地方議員会議を開催し、これ以上の国保料値上げ阻止のため、財政負担を市町村に押し付けるのではなく、国・県が責任を持って対策を進めるようにさせるために奮闘することを意思統一しました。

 会議では、県の国民健康保険課主幹が「国保制度改革」を説明。

 私が、「国保運営協議会・3月議会に臨む態度」を報告し、意見交換を行いました。

 国保の都道府県化は、結局、国保料の住民負担を強化して赤字を解消するものでしかありません。これ以上国保料が上がればますます滞納者が増え、安心して病院へ行くこともできません。

 国保の都道府県化に当たっては、国は、毎年年3400億円の財政支援を行うとしていますが、負担増を「市町村が分かちあう」名目で、納付金が県から押し付けられるため、相当の市町村では、保険料が値上げになってしまいます。

 私は、県議会の健康福祉委員会で「国に国庫負担の増額を求めるべき」と質問し、県も「国に求めている」と答弁しています。

 県独自の補助金を復活させるべき

 県は、最大時28億円だった独自の補助金を3年前に廃止し、復活を拒否しています。この補助金は県独自の事業評価でも重要性を認めており、こうした補助金がないのは愛知県など10県だけです。

 参考  国保事業費補助金事業評価調書  2007年度

 ①必要性が高い、②県民ニーズ高い、③休廃止の影響大、④有効性が高い。

 国保財政の健全化を図ることができた。国保の安定化に市町村への助成が必要。

 以上のように、県は、国保事業費補助金について高い評価をしていましたが、どんどん補助額を下げ、廃止をしてしまったのです。

180122

安倍9条改憲NO!3000万署名コツコツ集めてます

 今年は憲法9条守る正念場の年です。

 安倍首相による9条改悪を阻止するため、広範で多様な人々を結集しようと「安倍9条改憲NO!全国市民アクション」が結成され、3000万人を目標にした9条改憲に反対する一大署名運動に取り組んでいます。

 私も、こつこつと後援会の皆さんや青木市議と一緒にあいさつ回りの中で、街頭で署名に取り組んでいます。

 「戦争だけは絶対イヤ」 「私の父も戦争の犠牲者。平和が一番です」 と言いながら署名をしてくださる人。中には、「チョット考えさせてください」と言われる方もあり、私は、署名用紙と返信用封筒をセットしたものをお渡ししています。

 「チョット考える」と言われる方の中には、北朝鮮の軍事挑発に対し、「日本も対抗しないかん」と考えを述べる方もあります。

 本当に、北朝鮮の軍事挑発は許せません。同時にアメリカと北朝鮮の軍事衝突、核戦争は絶対避けなければなりません。そのためには、憲法9条を生かして、対話による解決が必要です。もし、安倍さんのように、憲法9条を変えて、アメリカの戦争に無条件の海外派兵ができるようになれば、朝鮮半島の情勢はさらに悪化することになり、日本が戦争に巻き込まれることになる事態が生じかねません。

 こんななかで、先日、西区のご住職さんを訪問したとき、「あんたたちは本当によくやってくれて感謝している。私も憲法守る署名一生懸命集めているよ」と25筆を渡してくれました。84歳になられ、腰も悪くしていて体は大変ですが、これまでに100筆以上集めてくださっています。

 本当に頭が下がります。こういう方々に励まされている毎日です。

 3000万人の声で改憲発議やめさせましょう!!

Kimg0400

2018年1月20日 (土)

年金者組合新春のつどいに参加 改憲阻止と社会保障の充実を!

 全日本年金者組合愛知県本部(愛知年金者組合)は18日、新春のつどいを開き、500人の参加者で会場はいっぱい。改憲阻止、社会保障充実への熱気に包まれました。

 午前中は、全国九条の会事務局長の小森陽一・東京大学教授が「安倍改憲の新局面と日本の針路~いまこそ活かそう憲法9条」と題して、記念講演が行われました。

 私は、日本共産党を代表して、お祝いのあいさつをさせていただきました。

 「今年は憲法9条守る正念場の年。安倍9条改憲NO!3000万署名を5月3日までにやりとげて憲法9条守って良かったと思える年にしましょう!」と、会場いっぱいの500人に訴えました。

 会場からは、皆さんの元気いっぱいの様子が伝わってきて圧倒される思いでしたが、みんなで頑張れば必ず3000万署名は実現できる!と確信しました。

 そして私は、3年前の県議選で12年ぶりに回復させていただき、議会が大きく変化したことを報告しました。

 「党議員団が要求した請願の押印廃止や、県営住宅の修繕費が毎年増額している。特別支援学校の空調化が3年で完成の運びとなる。特別養護老人ホームなど介護施設の増設も進んでいる。県民要求がさらに前進するためにも来年の県議選で、党議席躍進のために全力尽くす」と訴えました。

 Dsc_0043

 それにしても会場いっぱいの500人もの年金者のみなさんはパワーがみなぎっており、とても頼もしく、元気を頂いてきました。

2018年1月14日 (日)

さよなら原発!憲法守れ!の声響かせた今年最初の西区パレード

 「原発ゼロ西区アクションと戦争法なくそう西区の会」は、毎月第2土曜日、定例のパレードと宣伝行動を行っています。

 今年最初は、庄内通を出発、庄内学区を♪憲法9条守ろう!♪原発いらない!と、40人ほどが元気にパレードを行いました。

 そして終結点の庄内通3丁目交差点で、安倍改憲ストップ!3000万署名の呼びかけをおこないました。 

 寒くて人通りも少なかったですが、通りがかりの女性や、若い男性も足を止め、「戦争はイヤですね」 「憲法9条だけは守ってほしい」と署名をしてくださいました。

Dscf1394_2

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー