« 台風24号が日本列島襲う、西区の避難所へお見舞い訪問 | トップページ | 県議会 健康福祉委員会報告①です。看護修学資金の貸付について報告します。 »

2018年10月10日 (水)

沖縄知事選挙勝利を力に 安倍政権を倒そう 西区演説会

3連休の最終日の8日午後、区役所講堂には190人以上が参加し、「日本共産党演説会」は熱い雰囲気に包まれました。

山下よしき(党副委員長・参院議員)の訴えは、ご自身の入党のいきさつや、昨今の米朝関係、沖縄知事選挙結果、党名に込められたい歴史など縦横に語り、参院比例代表選挙、選挙区候補者のすやま初美さんの勝利に向けたエールを訴えました。

すやまさんは、障害のある弟さんの生きる願いに気持ちを重ね、誰もが安心して働き、生きられる社会をつくりたいと決意表明。

私わしのは、12年ぶりの県会議席,102名のうち2名だけど住民要求を実現させてきた実績も語り必ず次回は8議席に増やしていきたいと、元気に訴えました。

青木市議は、無我夢中の3年半、みなさんに支えられて市民の願い実現に頑張ってきたと報告。自身も高校で挫折した体験も語り、若者の学ぶ権利を保障するなど、来年も働かせてほしいと、切々と訴えました。

沖縄のたたかいを撮った写真で「視点賞」を受賞した谷口亙さん(区内在住)がスピーチしました。

 会場は、演説会初参加の人も多く、あたたかい雰囲気に包まれ、しかも、選挙がんばるぞという決意に満ちた演説会でした。

181008ennzetukai22

181008nisikuennzetukai3

« 台風24号が日本列島襲う、西区の避難所へお見舞い訪問 | トップページ | 県議会 健康福祉委員会報告①です。看護修学資金の貸付について報告します。 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事