« 名古屋西高校の通学路の危険なブロック塀が安全になりました | トップページ | 関東大震災直後の朝鮮人犠牲者の追悼式に参加 決して忘れてはなりません。 »

2018年8月29日 (水)

「辺野古で今」など、展示。写真展「視点」鑑賞

 日本リアリズム写真集団が主催する第43回全国公募写真展2018年「視点」名古屋展が、名古屋市民矢田ギャラリーで昨日の8月28日から始まったのを受け、早速観てきました。

Img_05712

 「辺野古で今」と題した5枚組写真で、最高賞「視点」賞を受賞した谷口亙さんは西区の方で、昨日の赤旗「ひと」欄で紹介されていました。

Img_05732

 沖縄の辺野古新基地建設に反対する人たちを力づくで排除する機動隊員の一瞬のまなざしを切り取った写真は、観る人たちにさまざまな思いを呼び起こす、とても力強い写真だと、思いました。

谷口さんの並々ならぬ思い、「写真には世の中を変える力がある」という熱い思いを共有し、9月の沖縄県知事選挙や沖縄地方選挙へ結び付けられたらと思います。

« 名古屋西高校の通学路の危険なブロック塀が安全になりました | トップページ | 関東大震災直後の朝鮮人犠牲者の追悼式に参加 決して忘れてはなりません。 »