« 愛知県立学校、コンクリートブロック塀緊急点検結果発表、早速調査に! | トップページ | 愛知県6月議会健康福祉委員会 一般質問 放課後等デイサービス »

2018年7月 1日 (日)

日本共産党愛知県議団、引き続きブロック塀の調査に!

 日本共産党愛知県議団は、引き続きコンクリートブロック塀の調査を行っています。

 6月29日(金)は、下奥奈歩議員と私、わしの恵子が明和高校と旭丘高校へ。

 明和高校は、学校の周りの3分の2程度がブロック塀で囲まれており、坂もあり高さは2、2m以上となるところも多くありました。また、控え壁は10mもの間隔があり、3、4m以下ごとに1か所設置の基準を超えていました。

Dscn47402

 旭丘高校は、高さが2、2mを超過し、控え壁なし、さらに厚さ不足のところもありました。 すでに、「危険」の張り紙もしてありました。

Dscn47742
Dscn47692

 両高校とも校長が対応してくださり、「生徒たちのために早く安全な学校にしたい」、そして「ブロック塀だけでなく、学校全体が古くて、色々なところの改修が必要になっているので、お願いします」と言われました。

 改めて、愛知県の教育予算、特に高校の生徒一人あたりの予算額が全国最下位の47位(総務省の統計で見る都道府県の姿、2018より)となっている現状に胸が痛む思いです。

 今こそ、教育予算を大幅に増やし、コンクリートブロック塀の早期改修はもちろん、学校全体をみて、改修の必要なところは是非とも実現していただきたいと強く思いました。そのためにも私たち党県議団も全力でがんばります。

 

« 愛知県立学校、コンクリートブロック塀緊急点検結果発表、早速調査に! | トップページ | 愛知県6月議会健康福祉委員会 一般質問 放課後等デイサービス »

経済・政治・国際」カテゴリの記事