« すべての学校のブロック塀等、全自治体で緊急点検を! | トップページ | 日本共産党愛知県議団、引き続きブロック塀の調査に! »

2018年6月28日 (木)

愛知県立学校、コンクリートブロック塀緊急点検結果発表、早速調査に!

 昨日の6月27日愛知県教育委員会は、県立学校179校(高等学校150校・特別支援学校29校)のコンクリートブロック塀の緊急点検を実施した結果、対応について発表しました。

 点検結果は

  コンクリートブロック塀のある学校数(142校)のうち、建築基準に適合しない塀が51校、98箇所

 あり、塀の高さが基準(2.2m以下)を超過し、控え壁のないものは、7校、8箇所ありました。

 旭丘高校、名古屋西高校、犬山高校、武豊高校、碧南高校、猿投農林高校、三谷水産高校の7校です。

 今後の対応については

 7校8箇所については速やかにブロック塀を撤去の上、フェンス等の設置を進める。

 それ以外の不適合ブロック塀についても、現在行っている建築技術職員による現地調査を踏まえ、撤去等の対応を検討。

 応急措置については

 敷地境界及び道路境界にある建築基準不適合のブロック塀については、生徒や保護者、地域住民に対し、張り紙等による注意喚起を行う。  

 

 私、わしの恵子は、昨日早速、地元西区の県立西高校と名古屋特別支援学校を視察、調査しました。

 名古屋西高校では

 校長先生が案内してくれましたが、プールの設置場所にブロック塀がありました。高さは2、38mと建築基準法を超えています。また控え壁もありません。ブロック塀にはヒビや亀裂も入っています。

Dscf20072

 Dsc_00102

校長は、「生徒たちの安全のために改修が必要。張り紙などで注意喚起し、指示があり次第、早急に撤去、改修したい。通学路になっているので、道路の反対側に通学路を変更しなければならないが、そうなると学校に入るのに、横断歩道もつくってもらわなければなりません」と、いわれました。

 なるほど、簡単なことではないと思いましたが、それでも対応が必要です。私は、「交通安全のためには県警とも連携が求められるが、悲しい事故が起きないうちに、早急にとりかかれるように県に求めます」と答えました。

Dsc_00752

名古屋特別支援学校では

 学校についたとたん、「ブロック塀調査中」の看板を見て、近隣の女性が「ブロック塀に浮きがあるんです。危ないとかねがね思っていたところです」と駆け寄ってきました。

 案内されたその壁は高さは、1m  と建築基準法は順守されていますが、ブロックが古くてボロボロ、ブロックとブロックの間は隙間があり、ひと目で危険だと思いました。「孫が近くで遊ぶので心配していたが、どこに相談していいのか分からなかった」と訴えられました。

 私は、「これはひどいですね。すくに県の教育委員会に実情を話します」と約束しました。

Dscf20172
Dscf20192

 

« すべての学校のブロック塀等、全自治体で緊急点検を! | トップページ | 日本共産党愛知県議団、引き続きブロック塀の調査に! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事