« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »

2018年1月

2018年1月31日 (水)

念願の「なごや小学校」の学校図書館を視察

 長年に及び市民と共産党市議団が要望してきた学校図書館に専任の司書が配置されました。

 市内各区に1人ずつですが、西区は「なごや小学校」に配置され、1月30日(火)、青木ともこ市議と一緒に視察に伺いました。

 この日は、1年生と特別支援学級の子どもたちに、絵本の「読み聞かせ」の日でした。

 節分の豆まき、寒~い冬の雪にちなんだ絵本を、表現豊かに読み聞かせる司書さんに、真剣に聞き入る子どもたち。時々、「ワアー」と歓声をあげたり、司書さんの言葉をそのまま言ってみたり、絵本に夢中になっている子どもたちの反応は素晴らしいし、本当にかわいいなと感動しました。

 「打てば響くような子どもの反応はとても素晴らしいです」と司書さん。

Photo2


 高学年は、調べ学習のため担任と相談しながら、図書室に無い本は県立図書館や鶴舞図書館から借りてくるなどしているそうです。

 また、子どもたちから読みたい本のリクエストを募って図書購入に活かしたり、図書の分類や展示には、ポップと言う掲示物を添えて工夫するなどで、訪れる子どもたちは、毎日100人以上を超えています。

 司書さんや校長先生に伺ったところ、「子どもたちの読者や学習意欲が充実してきた」「図書館をもっと充実させたいけど時間が足りない」 「学校司書をもっと増やしてほしい」などの要望がありました。

 政令市では学校司書配置が最後になってしまった名古屋市で、配置人数も最少と言うスタートですが、今後は小中学校の全校配置をめざし司書教員の充実や処遇改善など、全校の拡充に向けてがんばります。

Photo_21

 

 

2018年1月30日 (火)

子どもひとりでもはいれる食堂 くろかわ子ども食堂を視察

 1月27日の土曜日、夕方5時から「くろかわこども食堂」へ青木ともこ市議、県議団の事務局の永井さんと一緒に視察し、おいしい夕食も頂いてきました。

 5時ちょうどに、コープくろかわ店の2かいのくろかわこども食堂に。受付で300円を払い夕食を注文。

 (こどもは100円)。中に入ると、ボランティアのサポーターさんが10人程で、かいがいしく食事の準備。

 今日のメニューは、   ☆豚汁   ☆サラダ  ☆オニギラズ  ☆くだもの

 私は、オニギラズは初体験でしたが、シーチキンサラダ等がはさんであり、なるほど子どもたちが喜びそうなメニューだなと感心。皆さんが食べているところを「おいしいですか?」と回ったら、子どもたちが、大きな声で「おいしいよ!」と元気にこたえてくれました。

 9か月の赤ちゃんに離乳食を持参して、食べさせながら、上の子2人と夫さんの5人で来ていた若いお母さん、「とても助かります。そしてベテランのお母さんたちにも触れあえることができてとても勉強になります。私も、子ども食堂のお手伝いがしたいと思っています」と答えてくれました。

 また、子どもたち2人と仲良く食事をしていたお父さんは、「妻が風邪をひいて寝込んでしまったので、本当に助かります」と言いながら、「とてもおいしいです」と!。

 子どもたちも「ぼく、おにぎりが食べたいと思っていたので今日のメニューはうれしいよ」と、話してくれました。

 幼い子どもさんを抱えたお母さんは、「月に1回でも、このように作ってくださったものを頂き、後片付けもやらなくてもよい。本当にうれしいです」と感激されていました。

Dscn4633_2

Dscn4636


 くろかわこども食堂が目指すこと

 子どもが一人でもはいれる食堂

  ・一人で食べるよりみんなと食べよう      ・子どもが安心して集えるばしょをつくる

  ・信頼できる大人が身近にいる          ・バランスの良い食事の提供

  ・食育も視野に入れて生協らしいこども食堂を目指します。

 誰でも利用できます

  ・こどもやおとな・高齢者の方がふれあい、おしゃべりできるコミニュニケーションの場です。

 私たちも食事を頂きながら、子ども食堂を立ち上げたときから、がんばっているNさんにいろいろお話しを伺いました。

 くろかわこども食堂は、安心してくらせるまちづくりをと、「安心してくらせるネットワーク北・西」が始めたそうです。そしてこの場所では、北医療生協が名古屋市から受託している学習支援事業の「くろかわ教室」も開催されていると伺いました。

 食材あつめでは、主に生協の商品を使っていますが、大変多くのみなさんからの協力があるそうです。利用者さんの人数が把握できないので、数人断ってしまったことも、そして次の会は大目につくったらっ余ってしまって、サポーターさんに協力してもらうなど、苦労話もありました。

 利用者のみなさんから、子どもがとても喜んでいる、おいしい、助かっています等々の声があり、私たちも苦労して立ち上げて本当にうれしい。西区でもこども食堂立ち上げたいなど、彼女の熱意がしっかり伝わってきました。

 今、こども食堂は、各地で開催されるようになり、あいち県内では70箇所にも増えているとのことです。

 そして、「あいち子ども食堂ネットワーク」を立ち上げ活動されています。

 私は、今回、くろかわこども食堂を視察させていただき皆さんの活動を心から応援したいと思いました。

 議会でも皆さんの声を取り上げていこうと思っています。

 ぜひ要望などお聞かせください! わしの恵子・青木ともこ事務所 ℡532-7965 fax532-1476へ

 

2018年1月29日 (月)

リニア中央新幹線の談合事件についての申し入れ

 日本共産党愛知県議団は、本日、大村秀章愛知県知事に対し、リニア中央新幹線談合事件についての申し入れを行いました。

 申し入れの内容は

1、談合疑惑のあるリニア新幹線工事については、全国新幹線鉄道整備法に基づく、愛知県土地開発公社による用地買収受託事業を中止すること。

2、談合疑惑のあるリニア新幹線工事については、JR東海に対して工事の中止を求めること。

 以上の要請項目です。

 応対した振興部交通対策課リニア事業推進室長は、「私たちは、2027年を目指して着々と事業を進める立場。建設工事のため県土地開発公社から1人を出している。談合問題は私たちは何も言えない」と当然のようにコメントしました。

Dscn4643_3

2018年1月25日 (木)

国保の都道府県化で国保料の値上げ許さない!

 4月1日から、国による国民健康保険の「県単位化」が実施されます。

 県が国保の責任主体となって、国保財政や事業を安定させる統一的運営方針を各市町村に示し、納付金額を決定し、納入させる一方、保険給付費用は全額、県が市町村に払い、国保財政の「入り」と「出」を管理する仕組みです。

 全県地方議員会議・・・・私(わしの)が、講師を務めました。

 共産党愛知県委員会は1月22日、全県地方議員会議を開催し、これ以上の国保料値上げ阻止のため、財政負担を市町村に押し付けるのではなく、国・県が責任を持って対策を進めるようにさせるために奮闘することを意思統一しました。

 会議では、県の国民健康保険課主幹が「国保制度改革」を説明。

 私が、「国保運営協議会・3月議会に臨む態度」を報告し、意見交換を行いました。

 国保の都道府県化は、結局、国保料の住民負担を強化して赤字を解消するものでしかありません。これ以上国保料が上がればますます滞納者が増え、安心して病院へ行くこともできません。

 国保の都道府県化に当たっては、国は、毎年年3400億円の財政支援を行うとしていますが、負担増を「市町村が分かちあう」名目で、納付金が県から押し付けられるため、相当の市町村では、保険料が値上げになってしまいます。

 私は、県議会の健康福祉委員会で「国に国庫負担の増額を求めるべき」と質問し、県も「国に求めている」と答弁しています。

 県独自の補助金を復活させるべき

 県は、最大時28億円だった独自の補助金を3年前に廃止し、復活を拒否しています。この補助金は県独自の事業評価でも重要性を認めており、こうした補助金がないのは愛知県など10県だけです。

 参考  国保事業費補助金事業評価調書  2007年度

 ①必要性が高い、②県民ニーズ高い、③休廃止の影響大、④有効性が高い。

 国保財政の健全化を図ることができた。国保の安定化に市町村への助成が必要。

 以上のように、県は、国保事業費補助金について高い評価をしていましたが、どんどん補助額を下げ、廃止をしてしまったのです。

180122

安倍9条改憲NO!3000万署名コツコツ集めてます

 今年は憲法9条守る正念場の年です。

 安倍首相による9条改悪を阻止するため、広範で多様な人々を結集しようと「安倍9条改憲NO!全国市民アクション」が結成され、3000万人を目標にした9条改憲に反対する一大署名運動に取り組んでいます。

 私も、こつこつと後援会の皆さんや青木市議と一緒にあいさつ回りの中で、街頭で署名に取り組んでいます。

 「戦争だけは絶対イヤ」 「私の父も戦争の犠牲者。平和が一番です」 と言いながら署名をしてくださる人。中には、「チョット考えさせてください」と言われる方もあり、私は、署名用紙と返信用封筒をセットしたものをお渡ししています。

 「チョット考える」と言われる方の中には、北朝鮮の軍事挑発に対し、「日本も対抗しないかん」と考えを述べる方もあります。

 本当に、北朝鮮の軍事挑発は許せません。同時にアメリカと北朝鮮の軍事衝突、核戦争は絶対避けなければなりません。そのためには、憲法9条を生かして、対話による解決が必要です。もし、安倍さんのように、憲法9条を変えて、アメリカの戦争に無条件の海外派兵ができるようになれば、朝鮮半島の情勢はさらに悪化することになり、日本が戦争に巻き込まれることになる事態が生じかねません。

 こんななかで、先日、西区のご住職さんを訪問したとき、「あんたたちは本当によくやってくれて感謝している。私も憲法守る署名一生懸命集めているよ」と25筆を渡してくれました。84歳になられ、腰も悪くしていて体は大変ですが、これまでに100筆以上集めてくださっています。

 本当に頭が下がります。こういう方々に励まされている毎日です。

 3000万人の声で改憲発議やめさせましょう!!

Kimg0400

2018年1月20日 (土)

年金者組合新春のつどいに参加 改憲阻止と社会保障の充実を!

 全日本年金者組合愛知県本部(愛知年金者組合)は18日、新春のつどいを開き、500人の参加者で会場はいっぱい。改憲阻止、社会保障充実への熱気に包まれました。

 午前中は、全国九条の会事務局長の小森陽一・東京大学教授が「安倍改憲の新局面と日本の針路~いまこそ活かそう憲法9条」と題して、記念講演が行われました。

 私は、日本共産党を代表して、お祝いのあいさつをさせていただきました。

 「今年は憲法9条守る正念場の年。安倍9条改憲NO!3000万署名を5月3日までにやりとげて憲法9条守って良かったと思える年にしましょう!」と、会場いっぱいの500人に訴えました。

 会場からは、皆さんの元気いっぱいの様子が伝わってきて圧倒される思いでしたが、みんなで頑張れば必ず3000万署名は実現できる!と確信しました。

 そして私は、3年前の県議選で12年ぶりに回復させていただき、議会が大きく変化したことを報告しました。

 「党議員団が要求した請願の押印廃止や、県営住宅の修繕費が毎年増額している。特別支援学校の空調化が3年で完成の運びとなる。特別養護老人ホームなど介護施設の増設も進んでいる。県民要求がさらに前進するためにも来年の県議選で、党議席躍進のために全力尽くす」と訴えました。

 Dsc_0043

 それにしても会場いっぱいの500人もの年金者のみなさんはパワーがみなぎっており、とても頼もしく、元気を頂いてきました。

2018年1月14日 (日)

さよなら原発!憲法守れ!の声響かせた今年最初の西区パレード

 「原発ゼロ西区アクションと戦争法なくそう西区の会」は、毎月第2土曜日、定例のパレードと宣伝行動を行っています。

 今年最初は、庄内通を出発、庄内学区を♪憲法9条守ろう!♪原発いらない!と、40人ほどが元気にパレードを行いました。

 そして終結点の庄内通3丁目交差点で、安倍改憲ストップ!3000万署名の呼びかけをおこないました。 

 寒くて人通りも少なかったですが、通りがかりの女性や、若い男性も足を止め、「戦争はイヤですね」 「憲法9条だけは守ってほしい」と署名をしてくださいました。

Dscf1394_2

2018年1月13日 (土)

愛知健康センターの皆さんと懇談しました。

 共産党県議団は本日、愛知健康センターの皆さんと懇談しました。初めての懇談です。お話を伺うと、入社間もない若者が長時間労働やパワハラで追い詰められ自ら命を絶つ事態が広がっています。

 過労死防止対策シンポジウムは、すべての都道府県で開催されたように、健康で安全に働ける職場づくりは地域社会・生活者の共通のテーマです。

 そんななかで、愛知健康センターは「人間らしく生きられる社会」を目指し、長年にわたって頑張っておられます。元教員の方や大企業で働いてきた労働者の方々が、将来的に過労死等をゼロとすることを目指し、平成32年までに「週労働時間60時間以上の雇用者の割合を5%以下」、「年次有給休暇取得率を70%以上」を目指して日々活動をされています。

 お話を聞きながら、皆さん方の活動に本当に頭が下がります。

 そして、皆さん方から、私たち県議団に要望があったのは、愛知県としても、地方公共団体の役割を発揮して、国の「過労死等の防止のための対策に関する大綱」を受け止め、~過労死をゼロにし、健康で充実して働き続けることのできる社会へ~の実現にむけて、力を入れるようにしてほしい。 

 とくに教員の多忙化解消プランについては、月80時間を超えて働いている教員が多いこと。愛知県の臨時教員が全国で一番多く、現場では大変苦労している、教員を増やすことが求められる。そのためには、少人数学級の拡充が必要など、熱心な話し合いが行われました。

 そのために、「県議団として議会で取り上げてほしい」と、質問するときは声をかけてほしい」と熱い期待の声が寄せられました。

 私は、お話しを伺いながら、県議団としても皆さんの熱い期待を受け止めて、議会で取り上げたいと強く思いました。県議団を大きくしなければと痛感しました。

Dscn4601

 

2018年1月12日 (金)

在日外国人の年金差別をなくす会と懇談

 本日は、在日外国人の年金差別をなくす会と共産党県議団の懇談会を行いました。

 お話しを聞いて、在日外国人の年金差別をなくす会が、毎年のように、愛知県と交渉を重ねていること。また、1回だけだが、請願を出して議会で議論をされ、健康福祉委員会では賛成多数で採択されたが、本会議では不採択になってしまったことなど伺いました。            

 大多数を占めるのは在日韓国・朝鮮人ですが、日本の植民地支配の過程でやむをえず日本に移り住むことになり、戦後、一方的に日本国籍をはく奪されながら、様々な事情のため、日本に住み続けることになった方々です。

 にもかかわらず、1959年に公布・施行された国民年金法には国籍条項を設け、在日韓国・朝鮮人をはじめ、在日外国人は国民年金制度から排除してきました。

 その後、「難民条約」の批准を受けて1981年に国民年金法が改正され、国籍条項は撤廃されたが、それに伴う経過措置が講じられなかったため無年金に追いやられているのです。

 私は、お話を聞いて、無年金の在日外国人高齢者は、日本の植民地支配による苦労を最も受けた世代であり、戦後も日本社会の中で差別されているのだと痛感しました。必死に働き、税金も納めている方々です。

 国民年金受給の対象者は年々減っています。国の制度ができるまでの間、県が地方自治体として暫定的であれ、国民年金の障害基礎年金額及び老齢福祉年金額に見合った給付金を支給することが必要です。なお、愛知県下の中でも、市町村が単独で給付金を支給している自治体が44市町村もあります。

 しかし愛知県の回答は、「国の制度の問題だから。国に対しては愛知県からも要望しています」ということだったそうです。.

 私は、皆さんのお話を伺って、戦争が終わって72年も経っているのに、戦後の被害はまだまだ解決されていないと痛感しました。北海道・神奈川県・滋賀県・京都府・大阪府・兵庫県・鳥取県・島根県のように、愛知県も都道府県の単独事業として、在日外国人手当等支給をすべきだと思います。

 愛知県議団として、この問題にも取り組んでいきたいと考えます。

Dscn4596

 

2018年1月10日 (水)

新成人のみなさんおめでとう! 人間が大切にされる社会をご一緒に!

 成人の日、地元南押切小学校で開催の成人式に来賓として参加。お祝いのあいさつをさせていただきました。

 今年の新成人は123万人。学区の参加者は24人と少ないですが、若者の晴れ姿は眩いばかりで心が温かくなる成人式でした。

 そんな新成人の皆さんに、「おめでとう!」と声をかけながら、共産党の「成人式ビラ」を配りました。傘をさしながらもほとんどの方が受け取ってくれました。そして一緒に写真をとってくれた新成人も。嬉しかったです。

 
1515395575743


1515396624155


 私は、お祝いの挨拶で、「ブラック企業や長時間労働をなくし、高すぎる学費のもとで給付型奨学金の創設など、誰もが安心して学び、働けるように」 「平和憲法が変えられようとしているが、何よりも憲法を大切に平和を守りましょう!」と、挨拶させていただきました。

 

2018年1月 7日 (日)

2018年は「9条改憲許さない」たたかいを!

 2018年の新しい年を迎え、早くも7日となりました。この間のブログが遅れてしまったのでまとめて掲載します。

 大晦日は、恒例の地元の神社2か所で押切後援会の皆さんと初詣の方々にご挨拶。

 元旦は、西区の伊奴(いぬ)神社にて、西区後援会の皆さんと新年のご挨拶を行いました。

 犬年にちなんで、伊奴神社は大賑わい。神社の入り口は警備が厳戒のため、少し離れたところで宣伝、「安倍9条改憲NO!憲法を生かす全国統一署名」を行いました。幼い子どもを連れたお父さんや、年配の方も「戦争は絶対ダメ!」と、快く署名してくださいました。

Dscf13732_3

  仕事始めにあたり市役所・県庁前で新年のご挨拶  改憲反対運動に全力

 2018年の仕事始めの4日朝、市役所・県庁前で新年のご挨拶を行いました。

 本村伸子衆院議員、すやま初美参院愛知選挙区候補、12人の名古屋市議団と県議団からは私、わしの恵子、名古屋市役所労働者後援会のみなさんとご一緒の宣伝行動は、とても賑やかな雰囲気でした。

 被爆2世の本村氏は、国連で核兵器禁止条約が採択されたことを紹介し、「核兵器のない社会実現をめざし、国会で日本政府が核兵器禁止条約に参加するよう強く求める」と訴えました。

 すやまさんは、安倍首相の改憲、社会保障削減などを厳しく批判し、「9条改憲NO!の3000万署名に全力をあげる」と強調しました。

 名古屋市議団のみなさん、私も決意を表明しました。出勤途中の方から「ご苦労さん」、「次の参院選や、県・市議選がんばって」の激励の声がかけられました。

Dsc_0024_4


  党旗びらき、志位委員長のあいさつの視聴 

 世界でも日本でも新しい時代につながる大変動の年をさらに前へ

 日本共産党の新年度仕事始めは党の旗を掲げ、新年にあたっての決意や抱負を語る「党旗びらき」です。4日は東京の本部で行われた志位委員長のあいさつを、インターネットで配信し全国で視聴しました。あいさつで志位委員長は、「綱領と大会決定にもとづいてわが党が果たしている役割は非常に大きく、大きな成果もあげている。多くの人々から強い期待、新しい信頼が寄せられている。ところがわが党の自力が追い付いていません。全党のみなさんの大きな努力がありますが、追い付いていません。大きなギャップがあります。近い将来を展望しても、このギャップの打開は、わが党にとって文字通り死活的な課題であります」と、訴えられました。

 志位委員長のあいさつを受けて、世界でも日本でも新しい時代につながる昨年の新しい大変動を確信に、情勢に見合う党づくりへ決意を固めあいました。

 西山あさみ市議、青木ともこ市議、岡田ゆき子市議、私、わしのも、19年の地方選・参院選をめざして決意を語りました。

20180104115523_p_3


  市民と野党の共同街宣今年も! 昨年と同じ、栄・丸栄スカイル前にて賑やかに

 昨年の1月4日、「市民と野党をつなぐ会@愛知1区」の呼びかけで野党4党の合同の街宣行動が始まり、その積み重ねが大きな力となって、総選挙の勝利につながりました。今年も栄・丸栄スカイル前で市民と野党の共同街宣。立憲民主の吉田つねひこ衆院議員は、共同の候補者として国会へ送ってもらったことに感謝を述べ、「原発ゼロ法案を通常国会で提案するなど公約を実現」していることを報告。改憲阻止へ力を合わせようと訴えました。

 社民党の平山良平県連副代表は、「改憲阻止、誰もが安心して暮らせる日本へ力を合わせよう」と訴えました。

 大野地区委員長は、「総選挙は逆流を乗り越えて市民と野党の共同が大きな成果をあげた。この流れをさらにひろげて、安倍改憲を許さず、憲法を生かす政治をご一緒に実現しよう」と述べました。

 寒風の中、集まった皆さんと一緒に青木ともこ市議、岡田ゆき子市議、そして私も入って記念撮影し、市民と野党の共同をいっそう発展させる決意を固めあう行動となりました。

26166168_1321516861327678_4421790_2

 

 

 

 

 

« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »