« 愛知商工団体連合会婦人部と懇談 | トップページ | 衆院28日解散へ 安倍首相が表明 »

2017年9月24日 (日)

疑惑隠しの解散許せない!

 安倍首相は、9月28日招集の臨時国会冒頭で衆議院を解散し、総選挙に打ってでようとしています。

最短で10月10日公示、22日投票です。

今なぜ解散なのか。

 与党内からも異論がでていますが、安倍首相は、支持率が少し上向きになり、民進党内のごたごたに乗じて「今しかない」とでも考えたのでしょうか?

 臨時国会は森友、加計学園問題の真相究明を求めて、野党が憲法に基づいて6月22日、臨時国会の開催を求めていたのです。
 しかし3ヶ月も棚上げしておいて、臨時国会の開会日冒頭に解散するなど、野党に疑惑追及の時間を与えず逃げ切ろうというもので、国民誰もが納得していません。

党利党略、私利私欲の何ものでもないでしょう。

 日本共産党は早くから「解散総選挙で信を問え」と訴えていました。
 今こそ、安倍政権に退場していただき、自民党の議席を過半数割れに追い込み、野党の共同で、戦争法や共謀罪を廃止し、消費税の増税ストップ、憲法守る政治に転換しましょう。

 愛知1区のキャラバンが昨日まで行なわれ、まちかどでは市民が「アベさんは辞めてほしい」「北朝鮮への対応は圧力でなく対話を」など、安倍政権への怒りや疑問が寄せられました。

 また、受け皿として共産党を考える世論も広がっています。

 比例は日本共産党、選挙区は大野ひろみつへのご声援をお願いします。

P11908742
20170923160423_p2
20170923171449_p





« 愛知商工団体連合会婦人部と懇談 | トップページ | 衆院28日解散へ 安倍首相が表明 »