« 疑惑隠しの解散許せない! | トップページ | 解散だけのたった4分の臨時国会。10月10日公示、22日投票で総選挙へ »

2017年9月26日 (火)

衆院28日解散へ 安倍首相が表明

 昨日、安倍首相は、28日の臨時国会の冒頭に解散することを表明しました。

 私わしのや青木市議が参加した今朝の浅間町の駅頭宣伝で、大野ひろみつ(1区・比例重複候補)は次のように訴えました。

安倍首相からは、なぜ冒頭解散なのか、いっさい説明はありません。

 もともと、野党4党が6月22日に一連の国政私物化疑惑の徹底究明のために臨時国会の召集を要求したにも関わらず、3ヶ月も棚上げにしておいて、臨時国会を召集した挙句の冒頭解散です。森友・加計疑惑隠しにほかなりません。

消費税10%増税で子育て支援?

 国民の要求を“人質”にとった増税宣言です。消費税は、増税するたびに「福祉のため」と言ってきたのです。しかし、8%への増税で経済は失速し長期に亘って消費不況が続いています。更なる増税は家計も経済も壊すことになります。

北朝鮮問題を理由にした「国難突破」?

 北朝鮮の核・ミサイル開発を野放しにし、対話でなく「強力な圧力」を言い続けてきています。世界は「徹底的な対話による平和的解決」です。
 外交的なイニシアチブをとることこそ日本政府の果たす役割ではないでしょうか。

P11908852
ビラが次々と受取られました。

今回の解散は、安倍政治の元で、秘密保護法、戦争法、共謀罪を強行してきた強権的なやり方に国民の怒りが頂点に達し、世論に追い詰められた結果です。

日本共産党は、市民と野党の共闘を力に、安倍政治を終わらせるため、比例を軸に躍進できるよう全力で奮闘します。

« 疑惑隠しの解散許せない! | トップページ | 解散だけのたった4分の臨時国会。10月10日公示、22日投票で総選挙へ »