« あいち平和行進 市内集中行進 | トップページ | 2017年国民平和行進団に連帯と激励のあいさつ »

2017年6月 6日 (火)

潜水艦、掃海艇の入港認めるな  愛知県に申し入れ

 日本共産党県議団は、6月5日、三河蒲郡地区に入港予定の海上自衛隊の潜水艦と掃海艇に関する申し入れを県に対して行いました。

Dbhrysauwaa1emr

 入港を予定しているのは、潜水艦が6月10日~12日、掃海艇2隻が7月8日・9日です。今回が初寄港ということで県と蒲郡市の歓迎セレモニーと一般公開が予定されるとともに潜水艦については特別公開(艦内見学)、掃海艇については体験航海も予定されています。

 私からは、「今安倍政権の下で、憲法9条に自衛隊を明記するなど危険な動きになっているが、愛知県が国と一緒になって危険な動きを行うことは問題です」、下奥議員は潜水艦の特別公開の申し込み情報が募集案内にも利用されることについて「個人情報が利用されて自衛隊のリクルートにつながる」と批判しました。

 県の担当者は、「潜水艦の特別公開については初めて聞きましたと述べたものの、港湾法に基づいてどんな艦船でも平等に入港や港湾施設の利用を許可している」と答えるにとどまりました。 

 申し入れ内容は

 1.自衛隊艦艇の三河湾への入港を拒否すること。

 2.三河湾蒲郡地区の浜町ふ頭、竹島ふ頭などの港湾施設を一般公開などに利用することを認めないこ と。

 3.自衛隊艦艇の入港は県民生活にとって影響があり、情報公開をしっかり行うこと。

 4.日本国憲法を順守し、憲法9条をあらゆる港湾行政に貫き積極的にいかすこと。  

                                                           以上

« あいち平和行進 市内集中行進 | トップページ | 2017年国民平和行進団に連帯と激励のあいさつ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事