« 潜水艦、掃海艇の入港認めるな  愛知県に申し入れ | トップページ | 弁天まつりで被爆者国際署名 若者が次々と署名 »

2017年6月 7日 (水)

2017年国民平和行進団に連帯と激励のあいさつ

 「核兵器廃絶2017年あいち平和行進団」が、本日朝、名古屋市役所で出発集会を行いました。日本共産党から、愛知1区予定候補の大野ひろみつさん、名古屋市議団からは、青木・西山・さいとう・高橋・岡田市議が参加しました。そして県議団からはわしのが参加し、代表して私が連帯と激励のあいさつをしました。

 集会の後、官庁街を平和行進しました。

18814925_1513132988757482_105898911

 

行進団は知事と市長を表敬訪問。

 私は、「核兵器廃絶2017あいち平和行進団」の皆さんとご一緒に、愛知県への要請行動に同席し、「2月県議会本会議で大村知事はヒバクシャ国際署名に応じなかったので、今日は皆さんのお話しをしっかり聞いていただき、知事に署名に応じるように要請してください」と求めました。

 県当局は冒頭、「核兵器のない平和な社会の実現に向けて平和運動に取り組んでいることには敬意を表します」と述べながらも、本県においては、従来からそれぞれの団体・個人の方に対する意思表明は差し控えているなど、従来と同じ回答でした。

 それでも、懇談の中で寄せられた要望や意見を受けて、「戦争資料館」の運営については、名古屋空襲のビデオ上映を積極的に行うことや、県内の小中学校に語り部を派遣する事業など今後も平和施策にしっかりと取り組んでいくことを表明しました。

Tijiheno_mousiire

 

 

« 潜水艦、掃海艇の入港認めるな  愛知県に申し入れ | トップページ | 弁天まつりで被爆者国際署名 若者が次々と署名 »