« 愛知県議会5月臨時議会が開かれました | トップページ | バス停に(円頓寺通南)にベンチ設置   »

2017年5月29日 (月)

党愛知県委員会が全県地方議員会議 国保県単位化など論議

 先の5月24日、党愛知県委員会主催の全県地方議員会議が行われ、70人の議員・候補者が参加しました。

 安倍政権の暴走ストップを! 総選挙勝利めざす党勢拡大運動について、国民健康保険の都道府県単位化など議論しました。

 「医療・介護再編への愛知の状況と課題~国保の都道府県単位化について」                                      

                                     西村秀一・県社保協副議長が講演。

 西村秀一さんは、被保険者を代表の国保運営協議会の委員として公募で選ばれました。

 西村さんは、3月に開かれた県国保運営協議会の内容を報告し、「各自治体の県への納付金額や標準保険料など詳細は今年11月ごろに算定予定であると報告。自治体独自の国保会計への一般会計からの繰り入れや減免制度などをこれまで通り認めるよう運動することが必要です」と強調しました。

 私は、この2年間、県議会本会議や健康福祉委員会で国保の都道府県化について質問してきた主な内容と県当局の答弁を紹介しました。

 その中で、国保の都道府県化にあたり、国保運営協議会委員には被保険者代表委員として公募による委員を選定するよう議会で要望し、それが実現し、西村さんが公募委員として送り出せたことは大きな成果だと報告しました。

 そして、都道府県化実施に当たっては、「高すぎる保険料の値上げや、減免制度廃止など被保険者に負担をかけないように、西村国保運営協議会委員や社保協のみなさん、地方議員の皆さんと連携しながら引き続いて県議会で要求していく」と決意を述べました。

 地方議員からは、「保険料の算定方式は自治体によって違う。保険料も県一本化に均一にする動きがあり危惧している」という発言もありました。

 皆さんの発言や講演を深めて今後の議会でがんばります。

Photo

 

 

 

 

« 愛知県議会5月臨時議会が開かれました | トップページ | バス停に(円頓寺通南)にベンチ設置   »

経済・政治・国際」カテゴリの記事