« 愛知の解放運動戦士を合葬 私の父も34名の一人として。 | トップページ | 免許証の返納は身近なところで実施を  県警へ申し入れ »

2017年5月21日 (日)

「共謀罪」必ず廃案 全国各地で怒りの行動 名古屋でも 

 「共謀罪」法案が衆院法務委員会で自民、公明、維新3党によって強行採決された19日、各地で抗議行動が行われました。

 安倍内閣の暴走を止めよう! 5.19あいち集会に私も怒りに燃え西区のみなさんと一緒に1000人の一人として参加。

 共同代表の中谷雄二弁護士が「安倍首相は逆らう者には罰を、身内には巨万の富を与える。 『共謀罪』や戦争法がはびこる社会を子や孫に残してはいけない。一刻も早く辞めてもらおう」と力強いあいさつ。

 日本共産党のもとむら伸子衆院議員が衆院法務委員会で自民、公明、維新が強行採決した状況を怒りに震えながら報告し、「たたかいはこれから」と強調しました。

2017051918530000

 また、「自衛隊南スーダン派遣差し止め訴訟」原告の平和子さんと佐藤博文弁護団長、「あいち沖縄会議」の具志堅邦子さんも訴えました。

 息子さんが陸上自衛隊東千歳駐屯地に勤務している平和子さんは、訴訟活動をすることで迷惑がかかるからと・・息子さん一家と縁を切って、自衛隊のPKO派遣は違憲だとして提訴しました。そして、「自衛隊南スーダン派遣差し止め訴訟」の口頭弁論では、意見陳述をされたのです。~たったひとりで 母は立ち上がった~、こんな素晴らしい彼女の訴えは、特に心に響きました。

2017051918570000

 私たち参加者は「いやです共謀罪」などプラカードや横断幕を持ってアピールし、賑わう目抜き通りをデモ行進しました。

 たたかいはこれから! 愛知のたたかいをさらに大きく広げ、「共謀罪」法案を何としても廃案に追い込もう!と、西区からも多くの仲間が参加、怒りを込めてシュプレヒコールしました。

2017051919500001

 

« 愛知の解放運動戦士を合葬 私の父も34名の一人として。 | トップページ | 免許証の返納は身近なところで実施を  県警へ申し入れ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事