« 第88回愛知県中央メーデー 誰もが8時間働いて普通の暮らしができる社会に!共謀罪法案阻止を! | トップページ | 愛知の解放運動戦士を合葬 私の父も34名の一人として。 »

2017年5月11日 (木)

緑区にて県政懇談会開催

 12年ぶりに県議会に送っていただきもう3年目、折り返し地点が過ぎました。日本共産党県議団は、昨日の5月10日(水)午後6時半から緑区にて県政懇談会を行いました。

 私からは、まず、共産党の2議席が復活し、請願の押印廃止など議会が大きく変化していることを報告し、愛知県政の特徴については、恒例のスライドショーで、大企業応援、不要な大型開発ばかりで暮らし・福祉・教育をないがしろにしている県政の実態について紹介しました。

 そして、2月議会では私が本会議一般質問を行い、①大村知事にヒバクシャ国際署名への賛同を求めた。②小・中学校への少人数学級の拡充 ③危険な踏切から住民の命を守れと質問した内容について報告しました。

 本会議の議案質疑では、「海抜ゼロメートル地域の河川海岸耐震化を急げ」と質問し、当局は「緊急度の高い地域は優先して実施する」と答弁したことを報告しました。

 さらに健康福祉委員会では、議案質疑で、あいち健康プラザのプールは廃止されるが利用者が困っていると存続を求めた。また、一般質問では、要支援1・2の人が介護給付から外されるが介護難民を生むな。県職員の健康管理の充実を。ハラスメント対策の強化をと求めたことを報告しました。

参加者からは

*はじめて聞いたが大変ですな~

*県政の実情がわかりよかった

*大村県政の「悪い方向」は十分わかった

*県議のいない長い間、待ったかいがあった

*大変よくわかった。2人でがんばっていること敬意を表します。

*県政は何をやっているのかわからなかったが、報告・資料などよくわかった。

*2人だけの県議団で、多岐にわたる奮闘に敬意  などの意見が寄せられました。

 最後に、参加されたみなさんは、大村県政の大企業応援、不要な大型開発ばかり優先の県政に唖然とされていました。それでも県政を身近に感じることができたと喜ばれました。みなさんありがとうございました。

2017510_4

2017510_3


2017510_1

 
 

« 第88回愛知県中央メーデー 誰もが8時間働いて普通の暮らしができる社会に!共謀罪法案阻止を! | トップページ | 愛知の解放運動戦士を合葬 私の父も34名の一人として。 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事