« 免許証の返納は身近なところで実施を  県警へ申し入れ | トップページ | 愛知県議会5月臨時議会が開かれました »

2017年5月23日 (火)

江南のごみ処理焼却施設予定地を訪問 

 日本共産党愛知県議団は5月16日、江南市の新ごみ処理施設の建設予定地を視察し、地元議員や住民のみなさんと懇談しました。

 建設予定地は木曽川沿いの江南市と扶桑町の境界付近です。驚いたのは、建設予定地内には、ご先祖の埋葬地もあったことです。この建設予定地が決まるまでには予定地の突然の変更など住民との話し合いが充分行われていません。

 懇談に参加された地元の住民の方は「最初から反対してきたわけではなく、ゴミ問題を勉強して反対するようになった」と語りました。そして、共産党県議団の対応について聞きたいとの要望も寄せられました。

 この現地視察・懇談には江南市の掛布まち子、森ケイ子両市議、犬山市の水野正光市議、扶桑町の高木義道町議が同席しました。

Dscn3929
Dscn3937                    敷地内にはご先祖の埋葬地もありました。
Dscn3946
           地元の議員や住民と懇談しました。

« 免許証の返納は身近なところで実施を  県警へ申し入れ | トップページ | 愛知県議会5月臨時議会が開かれました »

経済・政治・国際」カテゴリの記事