« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

2017年4月

2017年4月29日 (土)

2017年度愛知県予算 不要・不急の大型事業よりも暮らし・福祉・教育の充実を

 日本共産党2月愛知県議会報告お読みください

 市長選挙が終わり、4月25日の朝は、日本共産党県議団は、朝8時から県庁地下で2月の県議会報告を配布しました。

 「おはようございます、共産党県議団です。 2月県議会、新年度予算の報告です。」と声をかけながら配布しました。出勤される県職員など400名ほどの方々が受け取って下さいました。

755f5a1c502dc7e24a06517182084843300


Img_1251300x225

 今年度の愛知県予算は、特別会計・企業会計を含めて3兆4846億円の大きな予算を県民の暮らしにどう使うかが2月県議会の論戦の大きな焦点でした。日本共産党県議団は現場を調査し、暮らし・福祉・教育の充実について提案し、県に実現を求めました。

 私は、皆さんの大きなお力で県議会に送っていただき2年がたち、折り返し地点を迎えました。そこで、皆さんにお約束した公約と照らし合わせて、まだ議会で取り上げていないことはと調べたところ、防災問題だということが明らかになり、2月議会の議案質疑で取り上げました。

 核兵器廃止を 愛知県から世界へ

 年1回の本会議一般質問では、「平均年齢80歳を超えた被爆者は、生きている間に何としても核兵器のない世界を実現したいと切望しています。『再び被爆者をつくるな』と人生の最後の力を振り絞って訴えています。大村知事の署名は、愛知県民ばかりか、核兵器廃絶を求める世界の世論となって、国際政治を動かし、命輝く青い地球を未来に残すと確信します。大村知事の署名を心から訴えます」と県知事に促しました。

 また、「政府は国連会議に参加を」 と日本共産党県議団は議会に意見書を提案しました。しかし、他会派の賛同が得られず、提案できませんでした。

 今、地域の党の方々に、これらの記事を掲載した県議会報告の配布をして頂いていますので、お読みいただければ幸いです。

 私は、訪問活動や街頭宣伝活動などで、「ヒバクシャ署名」を訴えながら活動しています。ほとんどの方々は快く署名に応じてくださいます。

 また、最新の『週刊ポスト』で、「赤旗」が「全国紙が後追いするスクープ力」「全国紙を上回るスクープ力」と紹介されましたが、「赤旗」の役割語りながら、しんぶん赤旗、赤旗日曜版をお読みくださいと訪問活動をしています。連休に入り、お留守も多いですが、お会いできたところでは、「市長選残念でしたね、今度は頑張ってください」と激励をいただきます。

 今年は総選挙が行われると予想されていますが、「森友学園の真相究明」、「共謀罪反対」、「介護保険法の改悪許さない」など国民が安心して暮らせるよう、いつ選挙になってもかんばれるようにしたいと思います。

2017年4月24日 (月)

市長選挙でいわきさんがかかげた要求の実現に日本共産党も全力つくします。

昨日投開票の市長選挙ではいわきさんは残念な結果でした。

「中学校給食は無料に」「敬老パスは私鉄にも使えるように」の要求は、幅広い市民の共感をよびました。

河村市長は、市民の声に押されて、選挙の最終盤、「敬老パスの私鉄利用は検討する」といわざるを得ませんでした。ぜひ実現してほしいものです。

今朝は浅間町駅と、浄心駅で、選挙結果をお知らせし、次の選挙(総選挙)でがんばる決意を表明する宣伝を行いました。

いわきさん ありがとうございました。

Dscf8445

Dscf8457


2017年4月22日 (土)

いよいよ明日は投票日 いわき正光さんを新しい市長に!!

いよいよ明日は市長選挙投票日です。西区でもいわき正光さんを何としても勝利させようと昨日・今日とみんなで最終盤のたたかいを繰り広げました。

上小田井駅でいわき正光さんを迎えての早朝宣伝

昨日の21日(金)の朝は上小田井駅でいわき正光候補が、通勤・通学のみなさんにごあいさつ。8時からはマイクをにぎり「あと2日。新しい名古屋をともにつくりましょう」と必死の訴え。

西区選出の減税以外の県議・市議も勢揃いし、いわき候補への支援を訴えました。

私は、青木市議や住みよい西区をつくる会のみなさんとともに、声を張り上げて「いわきさんを市長に!」「今度の日曜日が投票日です」と訴えながいわきさん押し上げのビラを配布しました。若い人が「いわきさん応援しています」と握手を求めました。またサラリーマンの方も「もう入れてきました」と声をかけてくれる人もありました。

Dscf8381

交差点宣伝

その後、交差点宣伝では、天神山交差点・押切交差点の2か所に参加しました。まだ決めかねているという方も多くあり、「減税止めて120億円の財源を確保し小学校給食を無料に、学校のトイレを洋式に、敬老パスは私鉄にも拡充するいわきさんです」また、「憲法9条守り平和な社会を大切にするいわきさんです」と話しかけました。

あるお母さんは、「名古屋の小学校のトイレは洋式ではないんですか?」とびっくり。「来年入学する子どもがいます。ぜひトイレの洋式化をしてください。給食費も無料になれば本当に助かります」と切々と言われました。信号待ちの方に次々とお話しができましたが、いわきさんに期待する声も多くありました。

おかえりなさい宣伝

夕方は那古野交差点で、おかえりなさい宣伝。専門学校の生徒さんやサラリーマンが帰宅を急ぐ中、若者向けの愛知民法を配布、受取がすごく良かったです。最後の10分間は要求をコールしました。早朝からの活動、お疲れさまでした。

Dscf8420

本日選挙戦宣伝の最終日 オレンジ・メガホンパレードを青木市議と私の地元で

20人ぐらいの西区の会のみなさんと一緒に、コールしながらパレード。「もう入れてきましたよ」「国際ホテルの演説会でいわきさんのお話し聞きましたよ」「今度は変えないかんと思っているからいわきさん入れるよ」等々、温かい反応がたくさんありとても励まされました。お家の中から出てきて迎えてくれたり、手を振って激励してくれる人もあり、嬉しい宣伝でした。やはり地元はあたたかいです。

Dscf8426

Dscf8432
Dscf8437

午後からは電話でいわきさん勝利をと訴えました。

そして夕方は大名古屋ビル前のいわき候補の最後の訴えを聞きに駆けつけました。何としても勝ちたい!!

2017年4月19日 (水)

今朝の宣伝は浅間町駅。その後、スーパー前オレンジ宣伝に。

今朝は浅間町駅の宣伝でした。

Dscf8335

Dscf8323

今朝も多くのみなさんと、対話ができました。

その後9時から、区内スーパー前オレンジ宣伝

Dscf8347
Dscf8341

主に山田地域のスーパー前5ヶ所で、ビラ配布と対話。

誰に投票するのかまだ決めていない人が多くて、一生懸命いわきさんの経歴や人柄、政策をお話しすると、ほとんどの人はわかってくださり、「じゃ、いわきさんに入れます」「話聞いてよかった」「誰にいれていいかわからないのでやめとこうと思っていた。よくわかりました。」と、支持を表明してくださいました。

投票日まで今日入れてあと5日。対話と支持拡大に全力つくし、いわき市長を誕生させましょう!

宣伝に、支持拡大に全力つくしましょう!

いわき正光個人演説会。すごい迫力。猛然と河村市長を追い越そうとするいわきさん。やれることはやりつくそう

昨夜、中区役所講堂で行なわれたいわき正光個人演説会には、夜7時半開会という時間にも関わらず、370名が参加しました。

革新市政の会の矢崎正一さんが「市政の転換に力をあわせよう」と訴え、弁護士の田原裕之さんが政治的立場の違いを超えて弁護士でもあるいわきさんを市長にという共同がひろがっていることを紹介。くれまつ淳子市議が、河村市政がすすめる金持ち減税と名古屋城天守閣木造化の問題点を告発し、「いわきさんの勝利で暮らし優先の市政を」と訴えました。

中区の古沢公園を守る会のお母さんと、20代の保育士は、いわきさんが要求を受け止めてくれた経験も紹介し「いわきさんを市長に」と、の訴え。

共産党の大野ひろみつ地区委員長が、改憲と歴史改ざんの市政を転換し、憲法守る市長の誕生で名古屋から平和のメッセージを発信しよう」と呼びかけました。

8時20分ごろ駆けつけたいわきさんは「あと一歩です。河村さんの背中が見えてきた。みんなの力で追い越し、23日は名古屋を変える日にしましょう。チエンジ名古屋」と力強く訴えました。

演説会に参加する直前浄心でお帰りなさい宣伝

浄心で対話とビラ配布、メガホン宣伝を行いました。終了後揃って演説会場に!

Dscf8303

演説会場の中区役所周辺でも、ビラ配布をしていましたので、青木市議と一緒に「7時半からいわきさんの個人演説会が始まります。ぜひ立ち寄ってください」など呼びかけました。Dscf8309

2017年4月17日 (月)

いっせい宣伝。私は浅間町駅に参加。励ましの声が多く、元気に。

今朝の宣伝、市長選挙の世論調査の影響でしょうか。「がんばれよ」の励ましがあり、ビラの受け取りもなかなか良かったです。

金持ち減税やめて給食費無償化を、敬老パスは私鉄にも拡充を、子育て応援・若者応援に力をつくすいわき正光さんを市長に!憲法9条を大切にするいわき市長の誕生を!

Dscf8297
Dscf8299
とにかく対話、対話です。

市営平田荘内をメガホン宣伝で練り歩き

昨日夕方、市営平田荘内をメガホンで訴え、練り歩きました。

「日本共産党です」

「自民も民進も公明も共産もそれぞれ応援しています。」

「いわきさんで給食費無料の名古屋を」

「私鉄にも利用できる敬老パスを、いわきまさてるさんです」など、声をそろえてコールしました。

住宅にすんでいる人が、初参加!元気に歩きました。

Dscf8273

2017年4月16日 (日)

オレンジデー市民大行動

今日は、市内のスーパーでいっせい宣伝日。

西区は後援会のみなさんと共に、イオンタウン名西で訴えました。

Dscf8263
11時から13時までの2時間、地域後援会が順番に途切れることなく、ビラを配布したり、コールをしたりと、お天気にも助けられ、元気に活動。総勢40人以上が参加しました。

買い物客らにビラを配布しながら対話。

17歳の男性が、「今回は選挙権がないけど、世界が不穏な動きの中、政治に大いに関心があります。早く投票できるようになりたい」。

20歳代の女性は、「いわきさんですね。給食費無料は助かります。応援します」とキッパリ。

中には、「今の市長さんがいい」という人もいますが、ビラできちんと話をすると「考えます」という人も。

早く対話することが必要ですね。

Dscf82692

比良住宅内をメガホン宣伝

昨日、15日夕方から、市営・比良荘の中をメガホン宣伝。地元の方も参加され、11人でいくつかある棟ごとに、

「23日は投票日です。市長選挙にはいわきまさてるをよろしくお願いします」

「金持ち減税やめて給食を無料に いわきまさてるです」

「金持ち減税やめて私鉄に乗れる敬老パス いわきまさてるです」

「金持ち減税やめて、授業料補助ふやす いわきまさてるです」」など、

声を限りに訴えました。

行き会った人と対話、「迷っていたがお話聞いてよくわかりました。いわきさんにいれます」など、支持を表明した人5人。犬の散歩の人もにこにこと「応援します」と。窓から家族で顔を出していただいた家もありました。

どんどん宣伝して、いわきさんを市長に!の声を大きくしていきましょう!

Dscf8254

2017年4月15日 (土)

栄のオアシス21で、新しい名古屋を共につくる会の「政談演説会」

急に12時頃から降り始めた雨を物ともせず、軽快ないわきソングで現れたいわき正光候補。

13時から栄のオアシス21で「政談演説会」が開かれ、1500人が参加しました。

いわきさんは、「現職優先といわれる中、何としても勝たなければならない。逆転勝利をします」とすごい迫力の訴えでした。

 応援演説には、障がい児を持ったママの訴え、子育て中のママ、大学生などがご自分の体験から「いわきさんで名古屋を変えよう」と、心を動かされる訴えに大きな拍手がおきました。

最後はいわきコールと大きな拍手の波。

あと1週間余り、必ず勝ち抜こう!やれることはやりきろう!

Dscf8241
Dscf8247
Dscf8231
20170415130009_p



2017年4月12日 (水)

栄生駅にいわきさん来たる!元気に宣伝

本日、栄生駅でいわき正光さんが演説するのを、岩城さんのHPで見つけて、西区後援会の皆さん20人と共に参加しました。全体の参加者は30人ほどでした。

1時45分頃から法定ビラを配布し、プララスターや要求のぼりをかかげて道行く人に「市長選挙ではいわきさんよろしくお願いします」と訴えました。

2時からいわきさんが登場!

「敬老パスの私鉄への拡充、給食費無償化や学校のトイレの洋式化、公園の整備など金持ち減税をやめればすぐできます!」とキッパリした訴え。市民の大きな共感を得ました。

Dscf8177

Dscf8202

Dscf8213
      最後は「イワキ」「イワキ」と、いわきコールで見送りました。



朝は庄内通駅で、通勤客に訴え

今朝は庄内通駅で、近くの後援会の皆さん、11人とにぎやかにメガホン宣伝。

ビラの受け取りはよく、「選挙だよ~」という雰囲気が盛り上がってきました。

給食費無償化は・・・・いわきさん

敬老パスを私鉄に拡充・・・いわきさん

金持ち減税廃止!・・・いわきさん

  など青木市議や、Kさんらが元気いっぱいにコール。

2017041207460000

2017年4月10日 (月)

出発式に先立って9日午前、円頓寺商店街をメガホンで練り歩き、岩城さんの支持を訴えました。

 9日からスタートした市長選挙。

北部民商と応援に駆けつけた春日井民商のみなさんと、西区のみなさん合わせて30名以上で、円頓寺商店街を「いわきさんをよろしく」「国保料を下げるいわきさん」「給食費の無償化をします」など、コールしながら練り歩きました。

 商店街のお店には、河村さんの看板や減税市議の看板もある中でも「もういい加減に河村さんから代わってほしい」などの声が聞かれました。

西区の選挙のスタートアクションで参加者は元気が出ました。

終了後、急いで出発式にも参加しました。

Dscf8124
Dscf8132



前副市長 いわきさんのスタート・ダッシュ・セレモニー

 9日から始まったなごや市長選挙のスタートダッシュセレモニーが行なわれ、700人が参加しました。

 私も、オレンジのヤッケを着て、いわきさん応援の意思表示を示しました。

 自民・公明・民進の市議団も多数参加、日本共産党からは本村伸子衆議院議員はじめ市議団も全員が参加しました。

 出発式では共同代表や、医師連盟、看護師会などの応援のあと、岩城さんが熱く決意表明。

 河村市長の8年間は市政を停滞と混乱、空白と断じて、金持ちだけが恩恵を受ける減税によって市民サービスが低下させられていると批判。
 今やるべきことは小学校給食の無償化、敬老パスの拡充など市民サービスの充実であり、減税による110億円で十分やれると訴えました。天守閣の木造化は急ぐべきではなく市民の声を聞く市政にすべきと訴えました。

Dsc_0476_2

Dscf8156

 今回の選挙は安倍暴走政治へ審判を下し、河村市長による2期8年の名古屋市政を「住民が主人公」の市政に転換させる選挙です。

共産党として全力つくす決意です。

出発式のあと、いわきさんは三越で最初の訴え。私も駆けつけ、法定ビラ配布のお手伝いをしました。

Dscf8163

Dscf8168

2017年4月 8日 (土)

さよなら原発 in にしくパレード・戦争法をなくそう西区の会定例パレード

 今日は、「さよなら原発 in にしくパレード・戦争法なくそう西区の会」の定例パレード。あいにくの雨天の中でしたが、20名ほどが元気に「原発いらない」「福島を忘れるな」「若者を戦場に送るな」と元気よくコールしました。沿道からは「がんばれ~」の声も寄せられました。

 パレードの出発点と終結点では「明日から名古屋市長選挙始まります」 「なごやを変えよう」 「市民と信頼関係をつくるいわき正光さんを市長に!」などと訴え、全員で力強くコールしました。

Dscf8107
Dscf8110
Dscf8116

2017年4月 7日 (金)

告示前最後の金曜日。サラリーマンむけに宣伝

今日は、告示前のラストフライデー。

 帰宅を急ぐサラリーマンの皆さんに、名駅三丁目交差点で「いわきさん」の宣伝をしました。

 後援会のみなさんら18人が参加して交差点の角二カ所で訴えました。

 「いよいよあさってから市長選挙です。日本共産党は、前副市長のいわき正光さんを応援しています。8年間の市政を変えましょう!。いわきさんは現市長が三顧の礼で迎え入れたにも関わらず、いわきさんが意見を述べるととたんに解職しました。そんな人物にこれ以上市政を任せるわけにはいきません。いわきさんとともに市政を変えましょう」と訴えました。

 目で「応援してるよ」と合図する人や、にこにこと顔を向ける人など、とってもいい雰囲気でした。

 さあ!投票日まで2週間余のたたかいです。力を振り絞ってがんばる決意です。

Dscf80942
Dscf81022



2017年4月 3日 (月)

春の日差しの中、青年の皆さんと一緒に上小田井駅で宣伝

2日(日)午後、上小田井駅で青年たちと訴えました。

「いわき正光さんを市長にして、青年に希望のある名古屋に!」と看護師の青年の訴え。

「誰もが住んでよかったと思える名古屋を!」など、青年のまっすぐな訴えに足を止める駅利用者も。

カエルの着ぐるみも久々に登場。「名古屋をカエル!」と、表情豊かなアクション!

青木市議、大野ひろみつ衆院愛知1区予定候補、そして私もマイクを握りました。

国会では、安倍政権をゆるがせている森友問題追及の先頭に立っている日本共産党。

その日本共産党が応援している名古屋市長選挙予定候補のいわき正光さん。

混乱と停滞8年間の名古屋を変えましょう!

Dscf8082

2017年4月 2日 (日)

なごや小学校(那古野小・江西小・幅下小が統合)の内覧会に

 本日、名古屋市立なごや小学校(那古野小・江西小・幅下小の3校が統合)の内覧会がおこなわれ、私も内覧会に参加しました。

 名古屋市は2016年までに9校を統廃合する具体的な計画をもっていました。私の地元の南押切小・栄生小・榎小も対象となっており、当時市議だった私は教育委員会の説明会に参加したり、懇談会を開き、お母さん方や地元の方々の意見を聞くなど小学校の統廃合問題に取り組みました。

 そして私は、2010年名古屋市会11月議会で、①統合押しつけのための説明会をやるな。②学校の統合は地域の合意が不可欠、住民の合意なしに学校の統合をすすめるな。③小規模校対策より、大規模校対策を優先的に取り組むべき。と個人質問しました。

 市教育長は、「保護者や地域の意見に耳を傾け、十分な理解を得ながら進める」 「大規模校対策については、学校の適正規模化に努めたい」 と答えました。

 その後、市教委と地元学校関係者や学区の方々との懇談会が何度も重ねられ、子どもたちのための学校づくりが話し合われて、みんなの願いが込められたなごや小学校が開校することになり本日、内覧会が行われたものと考えます。

 旧幅下小学校の跡地に建てられたなごや小学校は、とても素晴らしいのひとことにつきました。明るい教室、廊下は広く、トイレは全て洋式でウオッシュレットに、また、車いすに対応できる多機能トイレもありました。図書室と一体でパソコンの部屋が設置、音楽室や調理室などの特別教室、多目的教室なども。保健室や職員室も広くて、子どもたちが立ち寄りやすい雰囲気でした。体育館やプールも使いやすくなっていると思いました。

 地域の方々が関心をもっていた避難場所は2階(水害時にも対応できる)にありました。

Dscf8060

Dscf8066
Dscf8067

 以上のように、3校が統合したなごや小学校は、これまでの小学校と比べて、全てがびっくりするほど良くなっていました。私は、小規模校の統廃合は基本的には問題があると考えますが、学校関係者や地域の方々の意見も十分取り入れられたなごや小学校で、子どもたちが楽しく豊かな教育が受けられるよう願うものです。

 私が、小学校の統廃合について懸念していた理由は

 教育委員会が統合の理由に挙げていた、「交友関係が固定化されやすい」「人間関係がこじれた場合、修復がむずかしい」というのは、小規模校だけに限られた問題ではないと思います。むしろ小規模校には、豊かな人間関係を築くことができます。私の子どもも南押切小学校で学びましたが、「きめ細かい指導、家庭的な雰囲気」で、校長先生も子どもたち一人ひとりの顔を覚えてくださるなど小規模校で育てていただいて良かったと実感しています。小規模校は子どもたちの教育にとってむしろプラスになると考えます。

 これ以上の小学校の統廃合は進めるべきではないと思います。

 なお、これまでの江西小学校の跡地は、定期借地で専門学校に。那古野小学校の跡地は、市の住宅都市局がまちづくりに活用されるそうです。住民本位のものにしたいですね。

 

 

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »