« 2月県議会議案質疑 「海抜0メートル」地域の河川海岸耐震化を急げ | トップページ | 県職員の健康管理の充実を ハラスメント対策の強化を 健康福祉委員会 »

2017年3月13日 (月)

東日本大震災・東京電力福島第一原発から6年の日、黙祷し、原発のない日本を目指して、アクション

3月11日は、東日本大震災・東京電力フクシマ第一原発事故から6年の日。

原発ゼロNAGOYA AKCION主催の集会とパレードに参加しました。

この日にあわせて、「さよなら原発にしくアクション」実行委員会は、区民に広く呼びかけ、「あなたの原発いらないの思いをつなげよう」とハートの花びらにメッセージを書いてもらう運動を行なってきました。

集まった数百枚の花びらを貼り付けたタペストリーをかかげて参加しました。

集会は13:30~15:30。さまざまな取り組みで企画満載。14:46には、参加者全員で「黙祷」をささげました。

午前中も五島良子さんの音楽や、マルシエなどの魅力ある企画だったそうですが、都合で参加できず残念!

Dscf7930

パレードは、テレビ塔南のもちのき広場から~プリンセスどおり~大須~上前津~南大津通~もちのき広場のコースでしたが、5時から生活相談があり、大須で離脱。大須商店街の周辺は若者が多く、大いにアピールできました。

Dscf79332

今尚全国で12万人がふるさとを追われ避難生活です。

「ふるさと守れ」「原発いらない」「今すぐ廃炉」「子どもを守ろう」「国と東電は被災者に寄り添え」「生業を復活させよ」「仮設住宅の改善を」「補償を打ち切るな」

« 2月県議会議案質疑 「海抜0メートル」地域の河川海岸耐震化を急げ | トップページ | 県職員の健康管理の充実を ハラスメント対策の強化を 健康福祉委員会 »