« ゼロメートル地帯、蟹江町の希望の丘広場を視察 | トップページ | 春日井市で県政懇談会開催  日本共産党愛知県会議員団 »

2017年2月 7日 (火)

リニアから暮らし守れ!  共産党愛知県委員会が要請

 日本共産党愛知県委員会は6日、リニア中央新幹線から県民の暮らしと環境を守るよう、国土交通省中部運輸局に要請しました。

 もとむら伸子衆院議員、中野たけし衆院東海比例候補、須山初美常任委員、名古屋市と瀬戸市の党市議、リニア沿線住民、そして私も県議として参加しました。

 参加者はそれぞれ、住民の声を聴いて、JR東海を指導するよう強く要請。

▽立ち退きを前提とした強引は用地交渉を行わせない

▽残土運搬車両の騒音、粉じんなどの調査や、被害が出た場合保障をさせる

▽関係自治体と「環境保全協定書」を結ばせるーなど7項目を申し入れました。

 建設予定地の住民は「立ち退きを強制しないでほしい。住民の幸福追求権に関わる問題だ」と訴え。

 残土搬出先の瀬戸市民からは「登下校や通院など生活道路を残土を積んだダンプが走る。事故や騒音に不安の声が広がっている」などの声が出されました。

 さらに、「残土の行き先が決まっているのは、県内で出る土砂の1%ほど。計画を明らかにさせてほしい」 「説明会でJRは住民の不安に応えず、説明会の直後には『理解が得られた』と着工する。こんなやり方を質してほしい』などの訴えが続きました。

 もとむら議員は「JR東海のやり方は住民に対しても自治体に対しても本当に不誠実。国交省としても運輸局としても責任もって指導してほしい」と訴え、中野たけし候補は「リニア事業の窓口になる担当者を沿線地域に配置すべきだ」と要望しました。

 中部運輸局の担当者は「皆さんから寄せられた意見は、JR東海に対し正確に伝えるよう努力する」と答えました。

Img_1057_2
Img_1052_2

近接の建物上階から見た、「名城非常口」の工事現場です。

« ゼロメートル地帯、蟹江町の希望の丘広場を視察 | トップページ | 春日井市で県政懇談会開催  日本共産党愛知県会議員団 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事