« 日本共産党の躍進をめざす 業者婦人のつどいに参加 | トップページ | 国保県単位化 愛知県国保運営協議会委員を公募! »

2017年1月13日 (金)

ブルーインパルスの展示(曲技)飛行中止を要請

愛知県内の平和、市民団体、労働組合などでつくる小牧平和県民集会実行委員会は10日、航空自衛隊小牧基地でのアクロバット飛行部隊「ブルーインパルス」の展示(曲技)飛行を認めないよう、大村秀章県知事に3431人分の署名を届けるとともに申し入れを行いました。

周辺住民の皆さんも含め17人が参加、私わしの恵子も原田祐治共産党春日井市議と一緒に同席しました。

昨年3月におこなわれた航空祭では、近隣市町の首長や住民の反対の声を無視して展示飛行を強行したことに対し、今年3月予定の航空祭も含め、今後いっさい実施しないよう申し入れました。

県平和委員会の矢野創事務局長から、「人口密集地の曲技飛行は航空法に抵触する。危険な飛行は県知事が代表してやめさせるべき」と要請しました。

県航空対策課担当者は「自衛隊は曲技飛行の事実はないと言っている。飛行は国土交通大臣の許可事項であり、愛知県に権限はない。航空法を順守するよう、防衛大臣や小牧基地には伝えます」と述べました。

参加者からは、「曲技飛行の事実はないと言われたが、曲技飛行の定義について認識を一致させるべきだ」 「住民の命を守る立場に立ってほしい」など訴えました。

Img_0901300x225

« 日本共産党の躍進をめざす 業者婦人のつどいに参加 | トップページ | 国保県単位化 愛知県国保運営協議会委員を公募! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事