« ブルーインパルスの展示(曲技)飛行中止を要請 | トップページ | 危険な踏切改善を! 一宮市の今伊勢駅と石刀駅南踏切 »

2017年1月13日 (金)

国保県単位化 愛知県国保運営協議会委員を公募!

愛知県は10日、県国民健康保険運営協議会の運営委員1名を公募すると発表しました。

県国保運営協議会は、県と市町村が共同運営する2018年度以降の国保事業の運営に関する重要事項を審議する県の付属機関です。

審議する重要事項とは、国保運営方針や市町村の納付金、標準保険料を決めること。

さらには、医療費の見通しや赤字削減策、基金の運用、標準収納率、徴収率アップ、激変緩和策なども決定する役割を担います。その審議は、県全体の国民健康保険の在り方を決め、市町村の国保運営に大きく影響することとなります。

そこで私は12月議会で、「国保運営協議会の委員には、被保険者の代表として、国保の被保険者の視点から幅広く意見を聞くため、国保について関心が高い人を公募で選んでほしい」と県に質問をし、強く求めました。

私は全国の国保の運営協議会について調査をし、北海道、青森、岩手、群馬、長野、滋賀、兵庫、鳥取の8道県が公募。公募しないのは23県。特に群馬県は被保険者の代表者4名中2名を公募していることを紹介し、愛知でもぜひ公募委員をと、意見を述べました。

県当局は、「公募委員については検討する」と答弁していましたが、公募委員の実現となり嬉しく思います。

« ブルーインパルスの展示(曲技)飛行中止を要請 | トップページ | 危険な踏切改善を! 一宮市の今伊勢駅と石刀駅南踏切 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事