« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月

2017年1月27日 (金)

ゼロメートル地帯、蟹江町の希望の丘広場を視察

昨日の1月26日(木)、日本共産党愛知県議団は、海抜ゼロメートル地帯の蟹江町にある、「蟹江町希望の丘広場」を、前議員の林さん、小原さんに案内をしていただき視察調査しました。(板倉議員は出張のため)

尾張西部にある蟹江町は、川に囲まれとても美しい町ですが、巨大地震が起これば海から津波が押し寄せる危険が大きいと指定された地域です。

希望の丘は、旧県立蟹江高校の跡地に整備された防災を兼ね備えた公園で、水害発生時には500人が一時避難が可能な高台(高さ4.5m)と、屋上に750人が避難することができる旧校舎を活用した緊急避難施設もあります。その他、芝生広場・バーベキュー広場、フットサルコートなどもあり、町民に親しまれている生涯学習施設となっています。

旧校舎を活用した緊急避難施設には、会議室や、マルチスペースがあり、日頃は一般に貸し出しています。災害時には3階、4階にある広いスペースで一定期間住民が滞在できるそうです。

緊急避難施設の屋上からは、御嶽山、南アルプス、伊吹山、鈴鹿連峰など美しい山々が一望できました。高い建物と言えば、1棟のマンションだけでした。

蟹江町のハザードマップを見ると、堤防が壊れたとき、15分で水深30センチに達する地域が川沿いに広がっています。水深が30センチになると歩いて避難するのが非常に困難になります。

蟹江町全体では、11か所の「緊急避難場所」と、22か所の「指定避難所」 6か所の「避難所」があります。また、民間の商業施設や高層マンションも12か所が「緊急避難所」として協力してくれています。

しかし、緊急避難所まででも、高齢者の足では時間がかかったり、十分な広さではなかったりなど、まだまだ十分とは言えない状況です。

巨大地震などの緊急の災害時に、住民の命を守ることを最優先に考えなくてはならないと考えます。

Img_1006

Img_0998

避難所を後にして、JR関西線の蟹江駅の近くの「東郊踏切」がとても危険ということで、見に行きました。

駅のすぐ近くの踏切で、渡った先にはショピングセンターもあり、人も車も非常に交通量が多いところです。

しばらく見ていましたが、車どおしがすれ違うだけもぎりぎりの幅しかなく、歩行者や学校帰りの自転車の生徒が渡るときは、車は動けず、ラッシュの時間帯でもないのに渋滞していました。事故も多いと聞きました。

長年に及び、蟹江町の方々が踏切の改善を求めているのに、JRは一向に改善をしようとしないそうです。

昨年4月に、踏切道改良促進法が改正され、鉄道事業者や道路管理者に改良対策が義務付けられたことを受け、改めて住民の声を、JRや国交省に届けることが求められると思います。

Img_1037_2

巨大地震対策、踏切の安全対策など、安全第一の町づくりに共に頑張りたいと思います。

2017年1月26日 (木)

愛知学童保育連絡協議会と県当局との懇談会に参加

昨日1月25日(木)午後6時半より、イーブル名古屋で行われた愛知学童保育連絡協議会と県子育て支援課との懇談に参加しました。

2015年4月1日より始まった「子ども・子育て支援法」が、主体を市町村としているもとで、愛知県内の学童保育所を利用している子どもと保護者、学童保育で働く学童保育指導員にとって、学童保育施策がより良くなるよう要望がなされました。

要望項目は

○学童保育指導員全員が放課後児童支援員の資格を取得できるよう放課後児童支援員資格研修を2019年度までに実施してほしい。

○学童保育指導員の現任研修は、グループワークで演習できる会場で、学童保育の実践が生かせる内容で実施してほしい。

○国に対し、「学童保育指導員の処遇が改善されるよう、1か所当たりの補助基準額を増額する」 「しょうがい児担当の学童保育指導員の人件費を増額して、受け入れ環境の整備費を予算化して」 「ひとり親家庭等医療費助成制度及び就学援助の対象となる家庭で学童保育が必要な子どもがすべて入れるよう、補助制度の創設を」など求めてほしい。

○東海大地震が予想される中、すべての学童保育所の耐震診断を実施し、予算措置を講じるよう市町村に働きかけてほしい。

○学童保育所を増やすために、目標を立てた拡大を。

県当局からは、其々に対し回答が述べられ、「補助金が国で拡大された」 「しょうがい児の加配についてはしょうがい児5人以上でもう1人加配が、3人以上に緩和された」 「はぐみんプランでは2019年度までに1万人の受け皿を新たにつくる計画」などと、報告がありました。

学童の皆さん方が、毎年熱心に県子育て支援課に要望を続ける中で、一定の前進はあるものの、皆さんの要求が満たされるまでには至っていません。

私も、12月議会の健康福祉員会で学童保育の充実を求めて質問しましたが、とくに指導員の待遇は低く、「平成27年度の年収は、補助員を含み、常勤が252万円から295万円、非常勤が64万円から106万円で、全職種の推定年収489万円から考えると、他の職業と比べて決して高いとは言えない状況であると認識している」と答弁があったとおりです。

待機児童数については、12月議会での答弁は806人としていましたが、1月11日の確定では、811人という新たな人数が報告されました。

格差と貧困が広がり、働く親の仕事も厳しくなっている中、学童保育の役割はますます大きくなるばかりです。指導員の処遇改善、学童保育の増設は緊急課題だと思います。

日本共産党県議団は、ひきつづき皆さんとご一緒にがんばります。

Img_0995

2017年1月23日 (月)

西区後援会 初詣で伏見稲荷と二条城

昨日は、西区後援会の初詣バスツアーで、伏見稲荷と二条城へ。

区内各所の集合場所の最後では、大野ひろみつ衆院愛知1区予定候補が挨拶に。
「党大会で、野党が連帯と団結の決意を表明したこと」などを述べ、「来るべき総選挙で前進するため力を貸してください」と挨拶されました。

Dscf7803

車中では、県政報告や市政報告を

行きの車中で、私わしの恵子から県議会報告のビラを使って県政報告をしました。

 102名中たった2名であるけど共産党県議団が、この2年近く県民とともに県政を変えてきたことをビラで報告すると、請願署名の押印廃止や特別支援学校の改善などの箇所で「ほおー」と、どよめきも!
 また、過大で無駄遣いの県政の実態や愛知の軍事化には驚きがでました。

青木市議からは、市政アンケート結果や11月議会の質問内容などで報告がありました。

2年後は統一地方選挙です。折り返し点になりました。

西区の県会市会の議席を守るため、“ともにがんばろう!”と、呼びかけました。

バスは一路京都へ

 お天気に恵まれ、京都にしてはあたたかい一日、高速道路や京都市内の道路も思いのほかすいていて、一日を楽しんできました。

 伏見稲荷は、外国人観光客が「行ってみたいところ1位」というだけあって、さまざまな言語が飛び交っていましたが、千本鳥居は見事!初めてきたという参加者も「有名な伏見稲荷の鳥居が見られて良かった~」と、満足気!

Dscf7806
参道で、私の旗を見て、「あっ~わしのさんだ」と言われビックリ!一宮民商のツアーの皆さんでした。他の団体さんからも声がかかりました。愛知からの参拝者が結構いましたね。

昼食後は世界遺産で国宝の二条城へ

大政奉還の舞台となった場所で、荘厳な雰囲気!全部で800畳以上あるという各部屋、狩野探幽が一門の総力上げて制作した障壁画が3600面!

二の丸御殿は歴史の変遷や権力の象徴を表すなど、徳川時代にスリップしたような別世界でした。

庭園もすばらしく、特に松の木の見事さ!気分よく、歩数も気にせず歩きました。

世話役のみなさんお疲れ様でした!

2017年1月17日 (火)

名古屋北部民主商工会の新春のつどい 今年も商売繁盛!

1月15日(日)、名古屋北部民商の新春のつどいが、めいほく鳩岡ホールにて盛大に開催され、青木ともこ市議と一緒に来賓としてお招きいただきました。

安倍政権のアベノミクスのもとで、貧困と格差がますます広がる中ですが、会員のみなさんはとても元気で、今年も商売に民商活動に「ガンバルゾー!」と決意がみなぎる元気な新春のつどいでした。

各支部からの発言では、新入会員の紹介や、仕事の喜び、苦労なども語られ、みんなで支えあおうと温かい雰囲気がいっぱいでした。

青木ともこさんとともに、来賓としてお祝いのあいさつをさせていただいた私は、

「アベノミクス不況で、この3年間で労働者の実質賃金は17.5万円も減り、家計消費は15か月連続でマイナスとなっており、労働者も中小業者も大変な状況に追いやられている。そんななか昨年は、安倍政権の暴走ストップをと、初めて野党共闘で選挙をたたかい、11選挙区で勝利。総選挙ではさらに市民と野党の共闘を発展させ、平和と暮らし・福祉最優先の社会をつくりたい。安倍政権暴走やめさせるためご一緒に力を合わせましょう!」と呼びかけました。

Img_4415
Img_4467



 

2017年1月16日 (月)

雪の中、にぎやかに「新春もちつき大会」北医療生協西区ブロック

 今年最強の寒波で、積雪があった昨日、北医療生協西区ブロックが西区暮らしのセンターで実施した恒例の「新春もちつき大会」にお邪魔しました。

 役員らがなれた手つきで次々つきあげた餅を、女性陣が手際よくあんこやゴマ、きなこをまぶしていました。

 室内ではあつあつの豚汁が、体を温めてくれました。

 豚汁をいただいていたテーブルでは、ケアマネさんが居合わせて、介護保険の新総合事業などの話で懇談ができました。

Dscf7770
 また、ちょうど知り合いの家族とも久しぶりに会うことができ、「年子の孫の世話で大変!」と言いながら顔をほころばしていました。

Dscf7772
青木市議は、元気よく、杵を振り上げ、餅つき体験しました。

Dscf7777

2017年1月14日 (土)

危険な踏切改善を! 一宮市の今伊勢駅と石刀駅南踏切

昨日、共産党10区生活相談室長の板倉正文さん、一宮市会議員団の彦坂和子市議、後援会員らは、名鉄本社を訪れ、危険な今伊勢駅・石刀駅南踏切等の安全対策についての要望書を提出しました。私も県議として同席させていただきました。

一宮市議団では、駅の利用者の声を聴くため、アンケート活動などに取組んだところ、250名から返信があり、積年の思いや毎日危険を感じている状況が切々と綴られており、早急な安全対策の実施が求められるものです。

要望の内容は、両駅の踏切について、道幅を広げる、凸凹をなくす、カラー舗装にして歩道と車道を分離する、遮断機の下りている時間を短縮する、ホームの幅が狭くて危険・安全対策を、ホームの屋根を長くして、両駅にエレベーターを等々11項目を掲げています。それらの項目をもとに、広報部チーフらと懇談を行いました。

2016年4月から踏切道改良促進法が改正され、鉄道事業者や道路管理者に改良対策が義務付けられましたが、愛知県内では89か所が対象となり、一宮市の今伊勢駅・一刀駅南踏切も入っています。

要望書を受け取った名鉄の担当者らは、「改正踏切道改良促進法に基づき、『踏切安全通行カルテ』が公表されています。アンケートに寄せられた声を部長にも伝え、所管で話し合い、社長にも伝えます」と応えました。

私からも、愛知県内には鉄道事業者や道路管理者に改良対策を義務付けられた踏切が89か所もあるが、5か年で実現していくためには、道路管理者やJRなど他の鉄道事者とも一緒に計画性をもって実現してほしいと要望しました。

Img_0907_2

2017年1月13日 (金)

国保県単位化 愛知県国保運営協議会委員を公募!

愛知県は10日、県国民健康保険運営協議会の運営委員1名を公募すると発表しました。

県国保運営協議会は、県と市町村が共同運営する2018年度以降の国保事業の運営に関する重要事項を審議する県の付属機関です。

審議する重要事項とは、国保運営方針や市町村の納付金、標準保険料を決めること。

さらには、医療費の見通しや赤字削減策、基金の運用、標準収納率、徴収率アップ、激変緩和策なども決定する役割を担います。その審議は、県全体の国民健康保険の在り方を決め、市町村の国保運営に大きく影響することとなります。

そこで私は12月議会で、「国保運営協議会の委員には、被保険者の代表として、国保の被保険者の視点から幅広く意見を聞くため、国保について関心が高い人を公募で選んでほしい」と県に質問をし、強く求めました。

私は全国の国保の運営協議会について調査をし、北海道、青森、岩手、群馬、長野、滋賀、兵庫、鳥取の8道県が公募。公募しないのは23県。特に群馬県は被保険者の代表者4名中2名を公募していることを紹介し、愛知でもぜひ公募委員をと、意見を述べました。

県当局は、「公募委員については検討する」と答弁していましたが、公募委員の実現となり嬉しく思います。

ブルーインパルスの展示(曲技)飛行中止を要請

愛知県内の平和、市民団体、労働組合などでつくる小牧平和県民集会実行委員会は10日、航空自衛隊小牧基地でのアクロバット飛行部隊「ブルーインパルス」の展示(曲技)飛行を認めないよう、大村秀章県知事に3431人分の署名を届けるとともに申し入れを行いました。

周辺住民の皆さんも含め17人が参加、私わしの恵子も原田祐治共産党春日井市議と一緒に同席しました。

昨年3月におこなわれた航空祭では、近隣市町の首長や住民の反対の声を無視して展示飛行を強行したことに対し、今年3月予定の航空祭も含め、今後いっさい実施しないよう申し入れました。

県平和委員会の矢野創事務局長から、「人口密集地の曲技飛行は航空法に抵触する。危険な飛行は県知事が代表してやめさせるべき」と要請しました。

県航空対策課担当者は「自衛隊は曲技飛行の事実はないと言っている。飛行は国土交通大臣の許可事項であり、愛知県に権限はない。航空法を順守するよう、防衛大臣や小牧基地には伝えます」と述べました。

参加者からは、「曲技飛行の事実はないと言われたが、曲技飛行の定義について認識を一致させるべきだ」 「住民の命を守る立場に立ってほしい」など訴えました。

Img_0901300x225

2017年1月10日 (火)

日本共産党の躍進をめざす 業者婦人のつどいに参加

1月9日、日本共産党愛知県業者婦人後援会主催の日本共産党の躍進をめざす業者婦人のつどいが開催され、私も参加しました。

安倍政権により、TPP、年金カット、カジノ、原発再稼働、南スーダンへの自衛隊派兵、沖縄・高江のオスプレイパット建設など、住民の声を無視した強引な政治が推し進められています。

いつ解散総選挙になってもがんばれるようにと“業者婦人後援会のつどい”が開かれました。

私が県議会報告を、きしの知子(元県会議員)が日本国憲法について報告し、22歳のベアテ・シロタ・ゴードンさんが、GHQの憲法草案制定会議のメンバーとして、日本国憲法24条を執筆し、日本の女性の権利を守る大きな力になったことなど、分かりやすいお話しをされ、参加者のみなさんと意見交換を行いました。

皆さんからは、「県議会に12年ぶりに共産党の県議が復活して、請願が出されるようになり、押印廃止も本当に良かった、これからもどんどん出していきたい」 「請願の審査の傍聴をしたが、共産党議員のいない委員会では、賛成者なしで不採択とされたが、もっと真剣に議論してほしい」 「これからも要求運動を広げ、県当局にも議会にも声をあげていきたい」など活発な意見が出されました。

また、今年は憲法施行され70年の節目の年であり、「きしの知子さんから日本の平和憲法がどのようにつくられたのか学習ができて良かった」と、感想が出されました。

この後援会の集いの前に、消費税増税ストップの署名活動をされてきた業者婦人の皆さんのパワーはいつも頼もしい限りです。皆さん今年もご一緒に頑張りましょう!!

Image1


2017年旗びらきに参加  今年もご一緒にがんばりましょう!

2017年の旗びらきが相次いで開かれました。

私も、1月6日開催の自治労連愛知県本部の旗びらき、1月7日開催の愛知県労働組合総連合の新春びらきに、日本共産党愛知県委員会を代表して、お祝いと連帯のあいさつをさせていただきました。

私は、12年ぶりに県議会に2議席送っていただき、請願署名の押印廃止や、軽度の聴覚障害児への補聴器助成や、特別支援学校の空調化実現に議会が大きく変化している様子を報告、さらに県民の切実な声を届けるために頑張る決意を表明しました。

また、TPP承認、年金カット、カジノ法など昨年末すべての悪法を強行するなど、安倍政権の暴走に国民の怒りは頂点に達している。さらに「アベノミクス」不況によって国民・労働者は苦しみ、貧困と格差は広がるばかり。労働者も長時間労働が当たり前、さらに「残業代ゼロ法」など労働法制改悪を進めようとしています。

憲法が施行され70年の今年は、総選挙も予想され、市長選挙もあり、政治を変える絶好のチャンスです。昨年の参院選で実現した市民と野党の共闘をさらに発展させ、平和と命・くらし最優先の社会をめざし全力で頑張る決意を述べ、旗びらきにあたりお祝いと連帯のあいさつをさせていただきました。

みなさん、今年もよろしくおねがいします。ご一緒にがんばりましょう!!

170106airourennhatabiraki

2017年1月 9日 (月)

新成人のみなさんおめでとう! 若者が大切にされる社会を!!

成人の日の本日、地元南押切小学校で開催された成人式に来賓として参加しお祝いのあいさつをさせていただきました。

今年の新成人は123万人。南押切小学校での参加者は34人と例年よりも多く賑やかな楽しい雰囲気の成人式でした。

そんな新成人の皆さんに、「おめでとう!」と声をかけながら “祝成人 よりよい社会をつくりたいあなたへ” の日本共産党のお祝いのビラを配りました。

成人式の会場では、今年も来賓のあいさつをさせていただきました。慣れ親しんだ小学校で、両親や先生、地域の役員など皆さんに祝福されての成人式は、和やかに温かく、晴れ着を着た若者たちの姿は眩いばかりで、ついうるうるとなりそうでした。

私は、「今年は憲法が施行されて70年の記念の年、総選挙、名古屋市長選挙もあります。
有権者として何よりも平和と命を守り、若者が大切にされる社会を目指していきましょう。」

私も、ブラック企業や長時間労働をなくし、高すぎる学費のもとで給付型奨学金の創設など、誰もが安心して学び、働けるよう一層がんばることをお約束して、成人の日のお祝いのご挨拶とさせていただきました。

Dscf7758
Dscf7760

2017年1月 5日 (木)

市民主催のアベ政治ノーの宣伝行動に4野党集結!

 4日午後、栄にて、市民と野党の共同をめざす市民グループ「市民と野党をつなぐ@愛知1区」主催の宣伝行動が行なわれました。

 市民のみなさんとともに、日本共産党大野ひろみつ1区予定候補をはじめ、民進党の愛知1区総支部長の吉田統彦氏、社民党県副代表の平山良平氏、自由党県連幹事長の角谷盛夫氏の4野党の代表がスピーチしました。

 また、安保法制に反対するママの会@愛知のメンバーや、北区在住のシンガーソングライター五島良子さんなど多彩な方々がスピーチし、それぞれの言葉で、「市民と野党の共同で安倍政権を倒そう」と呼びかけました。

 主催した市民グループの皆さんも、「こうした宣伝行動ができたことは画期的。このような共同を積み重ねて市民と野党の共同をさらに発展させたい」と、決意を語っていました。

 私や青木市議、西区の皆さんも大勢が参加し、各党のスピーチに耳を傾け、「安部政権を早く終わらせるために野党が共闘しよう」と決意を新たにしました。

Dscf7757
           写真右から自由党角谷氏、共産党大野氏、社民党平山氏、民進党吉田氏。

Dscf7720

Dscf7731

2017年1月 4日 (水)

2017年新春党旗びらき

本日は2017年新春党旗びらき、インターネット生中継の視聴会が北西地区委員会主催で行われました。

志位委員長は次の7つの柱(骨子)であいさつをしました。全文はしんぶん赤旗日刊紙に掲載されます。

1、1月15日から開かれる第27回党大会は、党の歴史のなかでも格別の意義をもつ大会に

2、党大会の成功へーー「党勢拡大運動」の目標総達成に挑戦しよう

3、野党と市民の共闘が本格的に開始され、第一歩の大きな成果をあげた
  ・この1年間の大きな変化ー“勝利の方程式”をつかんだ
  ・新しい信頼と連帯の絆がつくられた

4、安倍政権の暴走政治と対決し、政治の転換を求めるたたかいを発展させよう
  ・「ポスト真実」の政治=嘘・偽りの政治と、安倍政権の正体
  ・国民のたたかいの力で、嘘と偽りにまみれた「虚構の政権」を退場させよう

5、総選挙での勝利、躍進をーー安倍政権打倒、野党連合政権への大きな一歩に
  ・共通政策、選挙協力の両面で、速やかに野党共闘の具体化を
  ・日本共産党の躍進へーー新春からスタートダッシュを

6、東京都議選、中間地方選挙で、日本共産党勝利・躍進の流れをつくろう

7、党創立95周年の年ーー野党連合政権に向けた新たな一歩を記録する年に

視聴していた参加者は、志位委員長の熱い訴えに、拍手で応えていました。

私は、来たるべき総選挙では何としても、市民と野党の共闘をさらに発展させ、安倍政権打倒を!、そのためにも日本共産党強く大きくしなければ!と強く思いました。

視聴会のあと、北西地区委員会の市議・県議4人と、総選挙の候補者、大野ひろみつ地区委員長が決意表明をしました。

Dscf7715

仕事始めにあたり市役所・県庁前で新年のごあいさつ行いました

2017年の仕事始めの本日、市役所・県庁前で新年のご挨拶を行いました。

本村伸子衆議院議員、須山初美さん、12人の名古屋市議団と県議団からは私,わしの恵子もあいさつしました。総勢15人の宣伝行動はとても賑やかな雰囲気でした。

私は、今年も県民の声を議会に届けて頑張る決意と、来たるべき総選挙では、昨年の夏の参議院選での市民と野党の共闘をさらに発展させ、安倍政権を一日も早く終わりにさせましょう。そのためにも安倍政権を打倒して、野党連合政権への大きな一歩を踏み出す年にしましょうと訴えました。

初出勤の職員からは、「今年もよろしく!」の声も寄せられました。みなさん今年もどうかよろしくお願いします。

Dsc_0050_3


2017年1月 1日 (日)

2017年 あけましておめでとうございます 

2017年の幕開けです。

大晦日は、恒例の地元の神社2か所で後援会のみなさんと初詣のお客さんにご挨拶。

元旦の本日は、西区の伊奴(いぬ)神社で、新年のご挨拶をおこないました。素晴らしいお天気に恵まれ、初詣客が次々と訪れ、あっという間になが~い行列ができていました。

「今年は総選挙が予想されます。戦争のない平和な社会をめざす日本共産党をよろしくお願いします!」と市民と野党の共同が政治を変えると、がんばっている愛知一区の大野ひろみつ予定候補の活動を掲載した愛知民法を配布しました。

2人のお子さんを連れた若いママから「あ!わしのさん、私たちも憲法守れとがんばっているのよ、ご一緒にがんばりましょう!」と握手を求められました。幼い子どもさんも嬉しそうにしていました。また「本当にいつもようがんばるな~」、「応援してるよ、安倍政権もうダメ!」と、多くの人から声が寄せられました。

Dscf7693

Dscf7680



« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »