« 暮らしと福祉を重点に予算編成を! 県知事に来年度予算要望書を提出 | トップページ | 愛知の学生 県独自の給付型奨学金制度を県議会に要請 »

2016年12月 3日 (土)

12月県議会「アベノミクス愛知版」予算編成

愛知県12月定例議会が1日、開会しました。
国の2次補正を受けた公共事業の増額補正予算、愛知県国際展示場の工事契約締結と設置条例、市町村を事業単位としている国民健康保険を県単位化するための県国保運営協議会の設置条例など、合計38本の議案が提案されました。

12月5日正午が受け付け締め切りとなっている議会請願・陳情は、自衛隊の南スーダンからの撤退、医療・介護・保育所などの改善、消費税増税中止、設楽ダム建設問題、私学助成や少人数学級の充実を求める請願が提出されます。

皆さんと党県議団の運動が実り署名の押印義務がなくなった最初の県議会となり、紹介議員の要請に来られる方々から喜ばれています。

12月議会は、本会議での一般質問が2日間、わずか14人と不当に制限されているため、日本共産党県議団には質問の機会がありません。その分、常任委員会や最終日の討論では、積極的に発言します。

ぜひ傍聴にお出かけください。

          常任委員会 (議案、請願・陳情、一般質問)

            下奥議員  9日(金)13時から  (環境委員会)

                     12日(月)13時から (振興委員会)

            わしの     13日(火)13時から (健康福祉委員会)

          本会議(最終日) 20日(火)10時から 

            下奥議員   討論で登壇する予定です 

« 暮らしと福祉を重点に予算編成を! 県知事に来年度予算要望書を提出 | トップページ | 愛知の学生 県独自の給付型奨学金制度を県議会に要請 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事