« リニア「名城非常口」で祈願式 リニアを問う愛知市民ネットと抗議宣伝 | トップページ | リニア名古屋駅新設の工事説明会 JR東海は通り一遍の回答 »

2016年11月10日 (木)

みんなの力で よりよい小学校給食を! 新婦人西支部

8日(火)、西区の山田小学校など5校で新たに民間委託されることが決められた問題で、新日本婦人の会西支部が学習会を開き、私も青木市議と一緒に参加しました。

なごやの学校給食をよりよくする会の笹原氏が講演し、参加者で懇談を行いました。

市教育委員会は、「調理をする人が変わるだけで、何も変わらない」と言っていますが、本当にそうでしょうか。

名古屋市の給食調理員は、子どもたちにおいしい給食を届けたい!と、栄養バランスの取れた安全な給食をと日々努力しています。季節や食材に応じて調理を工夫。汗をかく夏には塩分を増やし、濃い味の多くなる冬には塩分を控えます。野菜の切り方も子どもたちの食欲が増すよう、ニンジンなどを花や星の形にするなど楽しいものにしています。アレルギー対応にも細心の注意を払い、きめ細かい対応をしています。安全・安心にこだわったおいしい給食で、子どもたちに本物の味を届けたい、と学校給食はつくられています。

給食の民間委託は子どもたちの食育に係る重大な問題であり、拙速にすすめるべきではありません。すでに今年4月から民間委託された3校の小学校では、給食への異物混入、給食を焦がすなど調理不備、衛生検査での異常値の検出など問題が噴出です。

全国でも委託したところで、調理員が集められないので4月は給食が実施できず、寄せ集めて5月から実施されました。浜松では、委託期間が終わり、公務員の調理員が調理室に入ったら、掃除が全くなされていなくて、調理どころではなかったと伺いました。

にもかかわらず、このまま委託を拡大するなら安全安心で美味しい名古屋市の学校給食は大きく後退させられてしまいます。

そこで、「小学校給食調理業務の民間委託撤回を求める請願署名」を緊急に広げようと、そのためにも、山田小学校の保護者や関係者にも緊急ビラを届けようと確認しました。

私も中学校給食を実現させるとき、「小学校のように、自校方式で」をモットーに進めるよう皆さんんと共に力を尽くしてきましたが、その小学校の給食が民営化されることにとても危機感を覚えます。

学校給食は教育の一貫であり、どの子も安心して給食を受けることができます。それは憲法26条の教育の機会均等でも保障されています。ともにがんばりましょう!!

« リニア「名城非常口」で祈願式 リニアを問う愛知市民ネットと抗議宣伝 | トップページ | リニア名古屋駅新設の工事説明会 JR東海は通り一遍の回答 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事