« 「アベ政治を許さない!」スタンデイング | トップページ | 室戸岬沖でM8の地震発生を想定した西区総合防災訓練開催 »

2016年9月 3日 (土)

庄内川の堤防道路の視察調査と公園の砂場・時計塔の調査を

 先の8月28日、民商のBBQ大会に参加したとき、会員さんから「庄内川の右岸の堤防道路が低くなっている気がする、一度見てほしい」と言う要望があり、本日その方と一緒に、青木市議と視察調査を行いました。

 庄内川右岸の堤防道路を西区の大野木から洗堰に向けて車で走りました。なるほど、体が斜めになるように感じるほど、庄内川沿いの方が低くなっていました。道路を見ると斜めになっています。

 その原因は、北区の新川中橋からダンプなど大型車が庄内橋に向かうときに、左岸堤防が通行できなくなり、庄内川右岸を走ることになり徐々に堤防道路が低くなっていったのではないかということでした。

 今日は土曜日で、日頃よりは車が少ないかもしれませんが、堤防道路を通る大型車は次々と走り去っていきました。そんななかを、時には自転車で通行する人や、歩行者も通るなどとても危険でした。安全対策が必要だと思いました。

 2000年の東海豪雨の時の庄内川の河川整備率は全国平均52%に比べ、24%と大きく遅れていましたが、その後、国や県の河川激甚災害対策特別緊急事業が進められてきたところですが、地元の方からの要請があったので、庄内川河川事務所に出向いてお話しを伺おうと考えています。

Dscf7049

Dscf7055_2

 “公園の時計塔が動いていない、砂場をきれいにして”の要望に

 また、「公園の砂場をきれいにしてほしい」 「時計が止まったままになっている」などの声が事務所に寄せられていたので、公園も見てきました。時計塔の針は動いていて、すでに直してくださっていました。砂場もきれいになっていました。

 ところが夏の暑さのためでもあると思いますが、草が生い茂っていて、これでは幼い子どもたちは安心して遊べないのではと思いました。

 以前は「高齢者事業団」の方たちが、公園の草刈りや道路の草刈りなどをしてくださっていてこんなことはなかったと思います。いずれにしても、子どもたちが公園で元気に遊べるように、高齢者にとっても散歩など憩の場としての公園は大切なものだと思いますので、安心して遊べる公園にしたいものです。

Dscf7067

 

 

« 「アベ政治を許さない!」スタンデイング | トップページ | 室戸岬沖でM8の地震発生を想定した西区総合防災訓練開催 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事