« 愛知県第2回子どもの貧困対策検討会議を傍聴 | トップページ | 円頓寺たなばたまつりで「核兵器廃絶」の署名 »

2016年7月27日 (水)

子どもの通学路の安全対策などを西土木事務所へ申し入れ

本日、西土木事務所へ伺い、住民要望について申し入れと懇談を行いました。

①児童の交通安全のためポールを立ててほしい。

 押切2丁目のHさん宅前は児童の分団登校の集合場所になっていますが、「角地であるため、左折する車が歩道に少し乗り上げてしまう場合があり、その場所には子どもたちが集合していてとても危険。近所の大人が見守りをしているが、ポールを立ててほしい」という要望が事務所に届けられました。

早速、現地調査をして、本日申し入れをしました。

現地を調査して、対応してくださるということでした。

2016072317290000
②西円頓寺商店街の街路灯について

 西円頓寺商店街が解散したことに伴って、商店街が運営管理していた「街路灯」を中止しました。そのため、以前に比べて通りが暗くなり、引ったくりが増えたということです。
 もちろん西土木事務所が管理している交差点ごとの「街路灯」は点灯していますが、住民は暗くなったと感じています。

 どうしたら良いのかと相談したところ、土木事務所が管理しているのは100m以上の間隔が必要とのこと。現地を調査しますということでした。

③南押切中央公園のフエンスについて

 以前要望して設置が決まっていましたが、周辺住民の事情もありのびのびになっていました。設置するときに樹木を切らないようにフエンスを公園の中につけることも検討しているということでした。

Dscf6890

« 愛知県第2回子どもの貧困対策検討会議を傍聴 | トップページ | 円頓寺たなばたまつりで「核兵器廃絶」の署名 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事