« ノーモアヒロシマ!ノーモアナガサキ!ノーモア被爆者! 愛知平和行進の名古屋集中行進 | トップページ | 愛知県立名古屋特別支援学校・県青い鳥医療療育センターを視察 »

2016年6月 7日 (火)

下水道築造工事現場で4日につづき6日も新たな陥没が

 西区天神山町の浄心雨水幹線下水道築造工事現場の横の道路で4日に市道が陥没したが、反対車線で6日新たな陥没が発生しました。

 市によると、4日に発生した陥没の復旧工事をしていた作業員が6日午後5時45分に反対車線が沈んでいるのを発見した模様です。

 この道路が全面通行止めになり、市バスの運行経路も変更されています。

 今日、青木市議と事務所員と一緒に、工事現場を見させていただきました。

 工事会社の担当者は、「通常のアスフアルトの厚さは10~12センチだが、このあたりは地盤がゆるいので40センチです。陥没の原因は調査中。工事は安全に配慮して行います」ということでした。

 陥没した場所に凝固材を注入する工事をしていました。

Dscf6508
Dscf6503

 後刻、下水道局の担当者は、「人的な被害が発生しなくて良かった。陥没の原因が雨水幹線下水道築造工事の影響によるものなのか、もともとの軟弱地盤によるものなのかその他の原因なのか現時点ではわからない」とし、「工事は安全に配慮して行なっています。工事期間は未定です」ということでした。

 西区は東海豪雨やH20年8月豪雨などで、甚大な被害を受けた地域です。東海豪雨の激甚災害特別事業、緊急雨水整備事業で、この間小田井貯留管の工事など雨水対策がすすんでいます。

 下水道築造工事は平成29年度まで続きます。

どの工事も安全にすすむよう願っています。

 

 

« ノーモアヒロシマ!ノーモアナガサキ!ノーモア被爆者! 愛知平和行進の名古屋集中行進 | トップページ | 愛知県立名古屋特別支援学校・県青い鳥医療療育センターを視察 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事