« 西区城西学区のつどいにて県会・市会の活動報告 | トップページ | がんセンター尾張診療所跡地売却で現地視察と懇談 »

2016年6月14日 (火)

北名古屋市の方から「フットサル騒音条例」をつくってほしいと要望

 北名古屋市二子地域の環境を守る会の皆さんが、「フットサル騒音規制条例に関する要望書」を、大村知事に提出したので、ご協力お願いしますと、あいさつに来られました。

 平成18年頃より、スポーツ施設として「フットサル」が、深夜の午前2時まで営業されており、歓声・拍手・応援の声、車などの騒音が激しく、近隣の方々は安心して眠れない状況が続いています。

 これまで何度も事業主に要望をしても、個人のためか改善されなかったそうです。

 スポーツはとても良いことだと思いますが、人が眠る時間まで大きな声や音などで、真夏の暑い日も窓を開けて眠ることができません。

 愛知県には、騒音公害について、規制する条例がありますが、フットサルについての規定がありません。そこで、知事に対して、「フットサル騒音規制条例に関する要望書」を提出されたのです。

 深夜までご近所に、騒音など被害を与えてまで、フットサルの営業をすることは、許されないと思います。音がもれないようにするとか、道路に出たら静かにする。車のエンジン音などにも配慮をするのは当然ではないでしょうか。私たち議員団としても、皆さんが安心して眠れるように力を尽くしたいと思います。

20160613_9_45_21

« 西区城西学区のつどいにて県会・市会の活動報告 | トップページ | がんセンター尾張診療所跡地売却で現地視察と懇談 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事