« 知的障害児への特別支援学校全教室の冷房化を緊急申し入れ | トップページ | 西区後援会の500回宣伝で,熊本募金と2000万署名 »

2016年4月20日 (水)

きょうされん愛知支部の頑張るデイに参加、連帯のあいさつ

 4月18日(月)、名古屋駅西口きょうされん愛知支部主催の「頑張るデイ」が行われ、国会請願署名・募金活動が行われました。私たち共産党県議団も参加し、私から連帯のあいさつをしました。

 障害を抱えた方や、作業所のスタッフのリレートークが次々と行われました。「誰もが笑顔で安心して暮らせる社会にしてほしい」 「作業所の利用料は1万円もするが、1か月働いてもらう給料より高い。何とかしてほしい」と切々と訴えが。

 スタッフからは、「作業所は、介護施設と同じようにスタッフの人手不足が深刻、給料も低く大変で、何とか改善してほしい」と切実な発言がありました。

 雨がポツポツしてきたが、いくつもの作業所の人たちが、一生懸命訴えながら取り組んでいた署名に、私は、しもおく奈歩県議と署名をし、そして行き交う人たちに「署名に協力お願いしま~す」と一緒に声をあげました。

 愛知県では、昨年12月議会に障害者差別解消条例が制定されましたが、障害がある人もない人も安心して暮らせる温かい社会を実現するよう引き続きがんばります。

Dscf6220
Dscf6224

« 知的障害児への特別支援学校全教室の冷房化を緊急申し入れ | トップページ | 西区後援会の500回宣伝で,熊本募金と2000万署名 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事