« 2016年度政府予算案 「リニア・ジェット・FCV」支援のバラマキ | トップページ | 戦争法廃止2000万署名の担い手ひろげよう! »

2016年1月26日 (火)

西区PTA新年役員研修会に参加

1月22日、毎年恒例になっている西区PTA新年役員研修会が開催され、青木とも子さんと一緒に参加しました。

この研修会は、西区の19の小学校と7つの中学校でPTAの役員として頑張っているPTA会長、母親代表、そして校長が参加し、各中学校区のブロック毎に、テーブルを囲み、活動報告や交流を深めあう会合です。

私も、わが子が小学生、中学生の時、母親代表や副会長としてPTA活動に携わったことがありますが、同年代の子どもの親同士として、楽しく活動をしてきた思い出があります。

この日、私は。西区議員会の当番幹事として、来賓のあいさつをさせていただきました。

私は、昨年の西区の中学1年生の男子生徒の自殺問題について、「いじめで悩んでいる」ということを親にも友達にも先生にも誰にも言えなかった生徒に思いをはせ、「なぜ、子どもが誰にも言えなかったのか。SOSが届かなかったのか。どうしたら子どもたちに寄り添うことができるのか、みんなで考えあいたい」 「いじめはみんなで解決の道を探っていかなければならない社会全体の問題だと思います」と提起。

名古屋市は、カウンセラーをすべての学校に配置し、教員と子ども応援委員会をつなぐ「コーディネーター」を新たに導入する方向だが、子どもたちが先生に気軽に悩みや相談を打ち明けられるように、先生の多忙化を解消することも大切だと思います。

また、同級生らが「2度と悲しいことを起こさない」「いじめがなくなる願い」の2点を込めて「いじめをなくす」歌を作ったことを報道で知ったが、子どもたちは本当に素晴らしい力を持っているなあと、大きな感動を覚えたことをお話ししました。

最後に私たち議員も、子どもたちが希望をもって学校生活が送れるよう力を合わせることをお約束しました。

« 2016年度政府予算案 「リニア・ジェット・FCV」支援のバラマキ | トップページ | 戦争法廃止2000万署名の担い手ひろげよう! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事