« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2016年1月

2016年1月29日 (金)

「住宅は福祉、住まいは人権」 安心の県営住宅へ!

本日、県営住宅の住民や地方議員の皆さんと一緒に、愛知県住宅供給公社へ出向き、県営住宅に関する要望と懇談の申し入れを行いました。

「梁のコンクリートがはがれ落下した」「修繕しても繰り返し雨漏りが」「玄関ドアの塗装が剥げてひどい」「ベランダの錆がひどく布団が干せない」「通路の手すりが腐蝕し、粉末が目に入りそう」「階段に手すりをつけて」など次々と要望が出されました。

どれも今すぐ改善が求められる深刻なものばかり。ところが県からは、開口一番「予算が取れない、危険度が高いところから優先して修繕をしているので理解を」「玄関ドアの修繕は原則入居者負担となっている、しかし県と入居者負担の区分を説明するチラシもお金がなくて作れない」という答えです。

参加者一同唖然としながらも、「空き家修繕を早く行って、募集件数を増やして」「計画修繕(大規模修繕)を緊急に」と、県営住宅全体の問題についても真剣に要望を出し合いました。

県は、「公営住宅の家賃改正で家賃収入が減ったが、一般会計からの補てんがないので、修繕が思うように進まない」と言い訳に終始しました。

これには私も本当にビックリポンです。公営住宅法はその目的を「健康で文化的な生活を営むに足りる住宅を整備し、低所得者に対して低廉な家賃で賃貸し、国民生活の安定と社会福祉の増進に寄与する」と定めています。

この法の精神を踏まえ、県は一般会計繰入金と維持修繕費の増額がどうしても必要です。また、思い切った建て替え・大規模修繕こそ進めるべきです。

全国1の財政力を誇る愛知県です。私は2月予算議会の質問で皆さんの願いを届けます。「住宅は福祉、住まいは人権」ご一緒に力合わせましょう!

20160129_11_29_43

20160129_10_04_03

関西電力東海支社へ「高浜原発再稼働するな」と申し入れ

 関西電力は福井県にある高浜原発3号機について、29日夕方にも制御棒を抜いて再稼働することを表明しました。

 日本共産党愛知県委員会と、原発問題愛知県連絡センター(沢田昭二代表)は、28日午後4時半、関西電力東海支社に対し、「高浜原発は再稼働するな」と申し入れました。

 申し入れには、連絡センターの専門員、すやま初美(参院愛知選挙区予定候補)さん、私わしの・下奥の両県議などが参加しました。

 すやま初美さんが、申し入れ書を読み上げ手渡すと、社員は、「社長に伝えます」とそっけなく言い、建物の中に入っていきました。

 関西電力東海支社は、申し入れは、社屋の中ではなく、玄関外の敷地内で受け取ることを言い渡し、記者や写真撮影者、抗議参加者は、一歩でも敷地内に入ると警備員が来て、出るように注意するなど異様な雰囲気でした。

Dscf5732

Kanndennmousiire

Tizu

 東京電力福島第一原発の事故の収束の見通しが建たず、避難している被災者は10万人です。この事実に目を背け原発を再稼働することは断じて許せません!

私達は今後も原発再稼働許すなと、たたかいを続けていく決意です。

同日夜は名駅で抗議アクション

毎週金曜日に関電前で抗議行動を続けているメンバー中心に、28日夜、名駅で抗議行動を行い、西区の多数のみなさんといっしょに青木市議や私も参加しました。

「高浜原発再稼働するな!」「原発いらない!」「安倍政権は原発やめよ!」など、イルミネーションに彩られた名駅周辺にコールがとどろきました。

数人のメンバーがそれぞれスピーチ。

私は、本日午後関電東海支社へ抗議の申し入れに行ったが建物の中ではなく外で対応された」と訴えると、どよめきが!

通勤帰りのサラリーマンが。足をとめてじっとスピーチを聞いていたり、青年3人連れが、コールに合わせて、こぶしを振り上げるなど、みなさん、同じ思いの人が「多かったように思っています。

アクションが始まった頃には、甘利大臣が辞任したという速報も寄せられ、「安倍政権は退陣を」の声もいっそう強まっていました。

Dscf5742

2016年1月27日 (水)

戦争法廃止2000万署名の担い手ひろげよう!

  あなたも、ぜひ、「2000万署名」の担い手になってください!!

昨日は西区の早朝宣伝でした。浄心駅には先客がおられたので、急きょ庄内通駅に移動しました。(いよいよ参議院選挙戦が激しくなりました)

ビラをまく手が凍えるような寒さのなか、青木市議と西区後援会のみなさんと一緒に「戦争法廃止の2000万署名にご協力を」 「5兆円を超える軍事費の計上は、戦争法の具体化といえます、軍事費より社会保障費にお金を回させましょう」と訴えました。

西区後援会では、早朝宣伝を初め、街頭宣伝では、必ず、返信用封筒つきの署名用紙をセットしたビラを配布して、「戦争法反対のあなたの声を署名に託してください。返信用封筒に入れてポストに投函してください」とお願いしています。

Dscf5722

また、地域訪問活動でも、次々と「戦争する国絶対反対」 「安倍内閣はやめさせよう」という有権者の声が寄せられます。私は、「ぜひ署名の担い手になってください」とお願いしています。

多くの方が署名用紙を受け取り、後日、わしの・青木事務所へ届けてくださったり、返信用封筒で送って下さいます。連日、署名が送られてきますが、西区で1万人の署名目標めざしてがんばっています。よろしくお願いします。

Dscf5501

2016年1月26日 (火)

西区PTA新年役員研修会に参加

1月22日、毎年恒例になっている西区PTA新年役員研修会が開催され、青木とも子さんと一緒に参加しました。

この研修会は、西区の19の小学校と7つの中学校でPTAの役員として頑張っているPTA会長、母親代表、そして校長が参加し、各中学校区のブロック毎に、テーブルを囲み、活動報告や交流を深めあう会合です。

私も、わが子が小学生、中学生の時、母親代表や副会長としてPTA活動に携わったことがありますが、同年代の子どもの親同士として、楽しく活動をしてきた思い出があります。

この日、私は。西区議員会の当番幹事として、来賓のあいさつをさせていただきました。

私は、昨年の西区の中学1年生の男子生徒の自殺問題について、「いじめで悩んでいる」ということを親にも友達にも先生にも誰にも言えなかった生徒に思いをはせ、「なぜ、子どもが誰にも言えなかったのか。SOSが届かなかったのか。どうしたら子どもたちに寄り添うことができるのか、みんなで考えあいたい」 「いじめはみんなで解決の道を探っていかなければならない社会全体の問題だと思います」と提起。

名古屋市は、カウンセラーをすべての学校に配置し、教員と子ども応援委員会をつなぐ「コーディネーター」を新たに導入する方向だが、子どもたちが先生に気軽に悩みや相談を打ち明けられるように、先生の多忙化を解消することも大切だと思います。

また、同級生らが「2度と悲しいことを起こさない」「いじめがなくなる願い」の2点を込めて「いじめをなくす」歌を作ったことを報道で知ったが、子どもたちは本当に素晴らしい力を持っているなあと、大きな感動を覚えたことをお話ししました。

最後に私たち議員も、子どもたちが希望をもって学校生活が送れるよう力を合わせることをお約束しました。

2016年1月22日 (金)

2016年度政府予算案 「リニア・ジェット・FCV」支援のバラマキ

2016年度政府予算案

  暮らし切り捨て 軍拡・大企業減税  「リニア・ジェット・FCV」支援のバラマキ

政府予算案の最大の特徴は、米国と一体に集団的自衛権を行使し、戦争法を具体化するための大軍拡です。

内、愛知県に係るもの、国民生活に及ぶものは

  米軍と一体で海外へ

県名古屋空港に隣接する三菱重工小牧南工場で生産される航空自衛隊の最新鋭戦闘機F35の購入費6機1084億円のほか、同工場にアジア・太平洋地域の整備拠点を設置する事業費が21億円計上されます。

F35の生産・整備拠点推進は、大村秀章愛知県知事の「ジェット」応援と重なります。

  大型開発推進へ

国民のくらしにしわよせをしながら、大型公共事業を4年連続して拡大、愛知県に関わるリニア関連予算として鉄道技術開発補助金1億8800万円、東京、名古屋、大阪を一つの巨大都市エリアにするスーパー・メガリージョン構想の検討に2700万円を計上。

名古屋駅周辺の再開発の予算も計上。社会資本整備総合交付金8983億3200万円、官民連携基盤整備推進調査費3億5700万円、この中から愛知県に関わる予算が計上されます。

中部国際空港の第2滑走路建設の調査費・整備費は、今年度の4倍にあたる12億円です。

設楽ダム建設事業は増額され52億円に。ダム本体工事に着手するために川の流れを変えるトンネル工事が予定されています。

  一方で社会保障の大幅切り捨てが

来年度の社会保障予算案は、毎年の自然増1兆円規模を約半分に抑え込みました。

入院給食費は1食あたり200円の負担増、後期高齢者医療保険料の引き上げ、年金は物価上昇にも関わらず改定率ゼロです。
消費税8%増税に伴い実施した「低所得対策」の子育て世代臨時特例給付金は打ち切りに、福祉給付金は半減されます。

中小企業振興費は12年度以来の削減。教育費は教職員削減などで減額されます。

地方自治体への交付金を減らす地方切り捨てなど、暮らし関係の予算は、軒並みマイナスです。

今紹介した、2016年度政府予算案は、2017年4月からの消費税10%大増税実施を前提にしています。国民には社会保障削減などの負担を押し付けながら、大軍拡、大企業減税、大型公共事業のムダ遣いをすすめるという国民の願いからかけ離れた予算案となっています。

日本共産党は、くらし切り捨て、軍拡・大企業応援の政府予算案について国会の中でたたかいます。

さらに、「リニア・ジェット・FCV」支援のバラマキのように、愛知県政に関わるものについては、県議会の中でも質していく決意です。

 

 

2016年1月18日 (月)

あいち小児保健医療総合センター救急棟開棟式に参加

愛知県では、あいち小児保健医療総合センターに、愛知県内初の小児救命救急センターの設置を目指してきましたが、来る2月1日(月)に小児集中治療室や手術室を備えた救急棟がオープンします。

県内全域から重篤な小児救急患者を受け入れ、ここを中核として新たな小児救急医療体制を構築するというものです。

本日は、あいち小児保健医療総合センター「救急棟」の開棟式が行われ、私は、健康福祉委員会の委員として参加してまいりました。

救急棟の主な施設について

中部地方 ‘’最大‘’の「小児ICU16床」の開設

東海3県 ‘’初‘’の「小児救命救急センター」開設予定

小児 ‘’専用‘’の「手術室 7室」が備えられています

救急棟全体を内覧させていただきましたが、小児の救命救急センターという名のとおり、救急入り口から診察室を始め、レントゲン室、CT室、手術室、小児ICU(集中治療室)など全てが、子どもが少しでも緊張がほぐれるように、壁や廊下、そしてCTやレントゲンなどの検査機器にも楽しい絵が描かれており、それが物語のようになっていてとてもあったかい気持ちになれるように工夫が行われていたことに感心しました。

P1040216
P1040221

P1040223

説明資料を見ると、日本の年齢別死亡率と先進14か国平均値との比較では、1歳から4歳の子どもの死亡率は、先進14か国を100とすると、日本は120ということで、高いということでした。その原因は、異物を飲み込んだりなど不慮の事故が幼児死亡率の死因の第一位を占めているという説明がありました。私はその資料を目にして驚きましたが、今後は不慮の事故から幼児の命を守ることができるようになるということで、小児の命が守られるよう期待したいと思います。

Dscf5699

救急棟は、小児集中治療室(PICU)が16床に、手術室の増設で7室になります。

また、2016年度末には、本館の改修も計画されており、周産期部門が開設されるそうです。

2016年1月17日 (日)

北医療生活協同組合西区ブロックの新春もちつき大会に参加

北医療生活協同組合 西ブロック主催の新春もちつき大会に参加しました。

にじっこひろばに参加している親子や、医療生協の組合員など多くの方々が参加されていました。おもちつきに目をキラキラ輝かせながら、幼児用につくられた杵でおもちをつく姿はとてもほほえましくホットな気分になれました。

つきたてのあんこやきなこのおもち、おいしいとん汁をいただきながら、にじっこひろばの若いご夫婦に2000万人署名をお願いしました。「本当に子どもの未来が心配です。なんだかおかしい世の中になっている気がします」と、皆さん快く署名をしてくれました。

Dscf5684

Dscf5688

平和でこそ商売繁盛! 名古屋北部民商の新春のつどい

昨日、名古屋北部民商の新春のつどいが行われました。

平和でこそ商売繁盛!!と、戦争法廃止を求める2000万署名を成功させよう!

仲間を増やそう!と元気の出る新春のつどいでした。

来賓として、参議院愛知選挙区のすやま初美さん、岡田幸子市議、青木とも子市議、私が挨拶をしました。

「365歩のマーチ」、「明日があるさ」の替え歌で、消費税増税やめさせよう!・

安倍はぁ もう退陣だぁーと、みんなで声張り上げました。

2016年1月16日 (土)

60年間電気工事業を営んできた88歳のIさんが笑顔で廃業!

60年間、電気工事業を営んできた88歳のIさん、昨日事務所にニコニコの笑顔でいらっしぃました。

「電気工事屋を廃業したよ、60年間もよくがんばってこれた」と、電気工事業協同組合で頂いた大きな花束を抱えて!満面な笑顔で語りながら、、、

そこで、Iさんと、青木ともこ市議と私の3人で、「おめでとう!!」の記念撮影をしました。

一口に60年と言うが、奥さんの介護を経験したり、色々大変なこともあったでしょうが、仕事をやりつくしてきたという達成感が言葉や体の隅々から伝わってきました。

私たちも、西区の平和夏祭りの電気をお願いしたり、また、事務所の電気を直していただいたりと大変お世話になりました。仕事をしているIさんは、腰に電気工事の道具をつけてかっこよかったですよ。

本当におめでとうございました。これからも自分を大切にしながらご一緒に頑張りましょう!

Dscf5680_2

愛知地域人権連合会の新春旗開きに参加

1月14日、愛知地域人権連合会の新春旗開きに参加しました。

初めて伺った「たんばビル」は、中村区の年金事務所の東側にある4階建てのビルでした。

人権連の皆さんと共に、弁護士や市職員、県職員、愛労連など労働組合、団体のみなさん、政党からは日本共産党の私と江上博之市議が参加しました。

私は、来賓挨拶のなかで、昨年のいっせい地方選挙で、12年ぶりに愛知県議団が復活し、名古屋市議団は5議席から12議席に躍進したこと。県議団は早速、高すぎる国保料の引き下げや、特別養護老人ホームの増設など県民の声を届けたことを報告し、躍進した力で、差別のない、人権がしっかり守られ、安心と希望の地域をつくるために頑張ることをお約束しました。

そして安倍政権の戦争法を廃止する国民連合政府をつくろう、そのために、野党は大同団結しようと呼びかけました。

安倍首相は、参議院選挙は改憲が争点だと言い、「緊急事態条項」の設置、戒厳令を憲法に持ち込もうとしていますが、国民の基本的人権を奪うものだと思います。

7月の参議院選挙では、比例代表にたけだ良介、愛知選挙区にすやま初美を先頭に、全力尽くしています。

憲法公布から70年の今年、憲法を大切にする立憲主義、基本的人権、個人の尊厳を守り生かす政治をつくる年にしようではありませんか。ともにがんばりましょう!

とご挨拶させていただきました。

12507194_1635007356760535_8668892_2

2016年1月11日 (月)

新成人のみなさんおめでとう! 一人一人を大切にする社会へ 

今日は成人の日、私は、地元南押切小学校で開催された成人式に来賓として参加しお祝いのあいさつをさせていただきました。

今年の新成人は121万人、名古屋市では21177人です。私の地元の、南押切小学校で開催された成人式の参加者は22人でした。

晴れ着を身に着けた新成人は、お友達や先生たちと久しぶりの再会を喜び、交流を深めあいとても楽しそうでした。

そんな新成人の皆さんたちに、校門の前で「おめでとう!、ブラック企業問題などのアンケート書いてね」と声をかけながら、日本共産党からのお祝いのビラを配りました。

自分たちが慣れ親しんだ小学校で、両親や先生、地域の役員など来賓の皆さんに祝福されての成人式は、ほのぼのと温かく、新成人の晴れ晴れした姿に嬉しく思いました。やはり小規模校の良さが出ているな~と思いました。

私の挨拶は、新成人の方は働いている人も大学等で学んでいる人もあるが、高すぎる学費のため2人に一人が奨学金を利用、何百万円もの返済抱えていることや、働いていても長時間労働や正社員の道が厳しいことなど、若者が大切にされていない社会の現状を訴え、今日の成人式を一つの区切りとして、「世の中を変えていくのは自分たち」「一人一人を大切にする社会へかえよう」と言う気持ちで、政治にも大いに関心をもってほしい。

憲法公布から70年の今年は参議院選挙が行われます。有権者として平和と命を守り、働く人たちが大切にされる社会を目指していきましょう。私も、誰もが安心して生きていけるよう、平和で暮らしやすい社会にするため一層がんばることをお約束して、成人の日のお祝いのご挨拶をさせていただきました。

Dscf5663

2016年1月10日 (日)

北朝鮮の核実験に強く抗議する!

新年のごあいさつに地域を回っています。ほとんどの方が、「安倍さんのやることは危険、戦争の匂いがする」「戦争法廃止は当然、署名に協力します」「私のところも男の子ばかりで、もし戦争と言うことになればとても心配」等々、皆さん口々に思いをぶつけられます。

しかしなかには、北朝鮮の核実験をとりあげて、「戦争法に反対するだけでいいのか『抑止力』になるのではないか」、「日本共産党は今回の北朝鮮の核実験についてどのように考えているのか」とおっしゃる方もありました。

私は、志位委員長がただちに北朝鮮の核実験については、「厳しく糾弾する」という声明を出したことをお話ししました。

そこであらためて声明を掲載します。

北朝鮮の核実験を糾弾する                                     
                                             2016年1月6日

                               日本共産党幹部会委員長  志位和夫

一、北朝鮮は、本日、「水爆実験を実施した」と発表した。北朝鮮による核実験の強行は、地域と世界の平和と安定に対するきわめて重大な逆行であり、北朝鮮の核開発の放棄を求めた異次の国連安保理決議、6カ国協議の共同声明、日朝平壌宣言に違反する暴挙であり、日本共産党は、きびしく糾弾する。

一、国際社会が一致して、政治的外交的努力を強め、北朝鮮に核兵器を放棄させるための実効ある措置をとることを、強く求める。

BSフジ番組「プライムニュース」に出演

その後、志位委員長は、8日夜放送のBSフジ番組「プライムニュース」に出演し、北朝鮮の核実験を厳しく糾弾した上で、今後の国際社会の対応について「北朝鮮を核兵器放棄のための話し合いのテーブルに着かせる必要がある。一番適切な対話のテーブルは6カ国協議だ」と述べました。

志位委員長は、北朝鮮に対する制裁措置については、「この制裁の目的は、あくまで北朝鮮を対話のテーブルに着かせることに置かれる必要がある」と強調。

また、北朝鮮への「抑止力」として戦争法を強調する見方に対し、「戦争法は、問題の解決にとって何の役にもたたないばかりか、軍事対軍事の悪循環に陥る。これは一番危険な道だ」と批判しました。

 

2016年1月 9日 (土)

戦争法廃止、原発ゼロに  今年初の定例パレード 

 今日は、さよなら原発にしくアクションと戦争法廃止の定例パレードの日。

 パレードの始発地点の浄心と、終結地点のミユキモールで戦争法廃止2000万人署名行動を行いました。行動参加者は通行人に積極的に近づき署名を呼びかけるなど、中学生の一団がみんな署名に応じたり、知り合いが「戦争はいかんね」と署名したりと、全部で61筆集めることができました。

パレードでは、「戦争法は廃止に」「安倍政権は退陣を」「野党は共闘」「野党は頑張れ」「危険な原発輸出するな」「高浜原発再稼働するな」「子どもを守ろう」など、コールをひびかせました。

 総がかり行動実行委員会が作成したグッズを購入したので、そののぼりやポスター、横断幕はじめ思い思いのプラカードを示し、通行人などにアピールしました。

西区では、必ず2000万署名行動を成功させようと、新年にあたり決意を新たにしています。

Dscf5645

Dscf5653

2016年1月 5日 (火)

今年初の早朝宣伝は11人の参加で浄心にて元気よく!

今年最初の早朝宣伝を浄心駅にて、青木市議と私を含め11人の参加で元気いっぱい、「戦争法廃止の2000万人署名」にご協力を! 参院選はすやま初美さんを!と訴えました。

また、昨日通常国会が開会しましたが、安倍首相は、改憲のテーマとして「緊急事態条項」を狙っており、まさに独裁政治そのものです。昨年は戦後70年でしたが、今年は憲法公布70年の記念の年です。日本共産党は憲法を守り、平和を守るために全力で頑張ることをお約束しました。

仕事初めの方もあるかと思いましたが、ビラの受け取りもよく、「戦争法廃止の署名用紙が入っています。返信用の封筒もセットしていますので是非よろしくお願いします」と、声をかけることができました。

Dscf5638

  宣伝の後、上名古屋地域へあいさつ回りに行きました。「署名できてるよ」と渡してくれる人、「まだやっていないが、家族分を書いて郵送します」という方も。また多くの方は、「安倍さんは本当に怖い、憲法は必ず守りたい」と口々に言われました。午前中にお留守も含めて40件訪問することができました。皆さんからお聞きした願いを実現するためにがんばります。

2016年1月 4日 (月)

日本共産党 2016年党旗開き

本日は党旗開き。

インターネット生中継の視聴会が北西地区委員会主催で行なわれ参加しました。(各地区で視聴会が開催されました)

志位委員長は次の5つの柱(骨子)であいさつをしました。全文はしんぶん赤旗日刊紙に掲載される予定です。

1、開始された日本国民の新たな歩みーこれを政治の変革につなげる年に

2、「戦争法(安保法制)」廃止の国民連合政府の実現の扉を開く年に

3、安倍政権の暴走を止め、政治の転換をはかる年に

4、参議院選挙勝利・躍進、強く大きな日本共産党を

5、すべての国民の「個人の尊厳」を守り、大切にする社会をめざして

 視聴している参加者は、志位委員長の話に「そうだ!」の掛け声や拍手などで応えていました。

 夏の参議院選挙で、何としても比例で8議席以上を、そして愛知ではすやま初美さんの議席取るため全力をつくしましょう!

視聴のあと、北西地区委員会の市議・県議4人が決意表明をしました。

 私は、12年ぶりに2人の県議が誕生し、県民の熱い期待に応えて約9ヶ月間活動してきたことを紹介しました。

 そして、「広報あいち」に掲載されている知事と議長の年頭所感の内容がほとんど一緒で、リニア、燃料電池自動車FCV、国産初のジェット旅客機MRJなど「日本一元気な愛知へ」というだけの県民生活おきざりの県政を、県民本意の県政にするためいっそう奮闘する決意ですと述べました。

 また、地元の年越し宣伝で、若者10人ほどのグループから、「あ!わしの恵子さんだ」と声がかけられたので、そこへ行ったところ、ある青年を指さしながら 「わしのさん、彼はわしのさんの敵だよ」というので、よく聞くと自衛隊員だということです。

 私は、「私達は、危険な戦争法のもと、自衛隊員の命を守ること、また、自衛隊員がどの国の人も殺さないため、戦争法を廃止するため頑張っているのですよ。これ読んでね」と、署名用紙とビラを手渡しました。下を向いていた青年は顔を上げ、「ありがとうございます。握手させてください!」と応じてくれたことなどを報告し、戦争法を廃止するため、そして2000万署名をやりきり、すやま初美さんを何としても愛知から送り出すために頑張る決意を述べました。

Dscf5633

Dscf5631

仕事始めにあたり県議団・市議団・市職労後援会と新年のご挨拶を

お正月はあっというまに過ぎました。みなさんはいかがでしたか?

仕事始めにあたり、参議院愛知選挙区予定候補のすやま初美さん、12名に躍進した市議団・そして市職労後援会の皆さんとご一緒に市役所・県庁などで働くみなさんに新年のご挨拶を行いました。

今年は参議院選挙の年です。戦争法を強行した安倍政権に審判を下すため、戦争法廃止でがんばるすやま初美さんを何としても勝たせてください。そして、戦争法廃止の国民連合政府をつくるため、2000万人署名にご協力くださいと、みなさんが順番に訴えました。

私は、昨日の新聞に広報愛知が折り込まれたが、県知事も議長もお二人とも昨年は「リニア、ジェット、FCV」の大きなプロジェクトが動き出したことを高く評価。さらにそれだけでなく、今年は、リニア開業を前に、名古屋駅のスーパーターミナル化や自動車、航空宇宙産業など「モノづくりの産業の強化」で、日本一をめざすもの」と報告。

こんな愛知県政のもとで改めて、県民の切実な声を届けることができる日本共産党の議席獲得したことに、大きな喜びと責任の重大さをヒシヒシと感じたことを訴えました。

そして、県民一人ひとりが安心して暮らせるよう、また中小業者が、元気に営業ができる温かい県政を実現するために全力でがんばる決意を表明しました。

Cx1fiquoaa2su5

2016年1月 1日 (金)

2016年 あけましておめでとうございます。

2016年の幕開けです。

大晦日は、地元の神社2か所で初詣のお客さんにご挨拶しました。

元旦の本日は、西区の伊奴神社で西区後援会の皆さんとご一緒に新年のご挨拶をおこないました。「いつもようがんばるな~」、 「あけましておめでとう」と笑顔で答えてくれる方、「共産党応援してるよ」 「私も安倍は嫌い、とにかくなんとかしなくちゃ」と戦争法廃止を求める2000万署名にサインをしてくれる方もありました。

今年は暖かな日差しが降り注ぐお正月のためか、初詣の人出が多くたくさんの方々に、署名用紙をセットしたすやま初美さん押し出しの愛知民報号外を配布することができました。

署名が返ってくるのを楽しみにしています。

Dscf5607

Dscf5616

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »