« 「戦争法なくそう西区の会」発足 | トップページ | 高浜原発再稼働反対!と関電前の今年最後の抗議コールに参加 »

2015年12月26日 (土)

県立名古屋西高校へ視察調査に行きました

 24日、県議団は県立名古屋西高校へ視察に行ってきました。

 100周年を迎えた伝統校であるだけに、やはり建物は古く、一番古い南館は昭和26年度建設で築60周年以上たち、老朽化は進んでいます。30年たったところで大規模改修がされ、その後は行われておらず古いままです。

 耐震工事は、H27年度に完了予定で当日も工事中でした。

 体育館の吊天井は来年取り外す予定です。トンネルの崩落事故や地震で崩れ落ちた事故などを教訓に取り外すものです。

 工事期間の約半年間は、生徒たちの部活動や授業にも支障が出ます。代わりの体育施設を地域のスポーツセンターなどを借りることになるのですが、その費用は県からは出ないので、学校で工面しなければなりません。私はそのお話しを聞いて驚きました。子どもたちの安全のための工事なのに、なぜ県の教育予算から出ないのでしょうか。

 「県立高校のトイレを何とかしてほしい」と、この間あちこちから要望がありますが、やはり深刻でした。一部のトイレは、洋式になっているもののタイルははがれ、ドアや壁などもギザギザになっているままで補修が行われていません。なぜ、洋式に変えた時に一緒に直さなかったのでしょうか。

 教室は雨漏りもひどく(現在は屋根の防水をしたため止まっているそうですが)、最上級の3階の教室では、雨が降ると傘をさして授業を受けたり、別の教室に移動して授業を受けるという笑い話のような状態でした。

 運動場も狭くて、硬式野球ができず軟式で行っているそうです。広い運動場をもっている学校の半分ぐらいしかないそうです。

 生徒たちはとても明るく、部活動にも熱心に参加しています。私たちが会った時も、明るく挨拶をしてくれました。

 生徒たちが安心して楽しい学校生活が送れるよう、「学校ボロボロ」は、改善しなければならないと思いました。県の教育予算を増やすことは喫緊の課題です。

Dscf5569

Dscf5564

Dscf5581

Dscf5594

Dscf5584

« 「戦争法なくそう西区の会」発足 | トップページ | 高浜原発再稼働反対!と関電前の今年最後の抗議コールに参加 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事