« 12月愛知県議会「県民の声を県政に」請願書13本が提出 | トップページ | 愛知県議会12月定例会が閉会しました。共産党は議案と意見書案に反対討論。 »

2015年12月14日 (月)

「戦争法廃止の国民連合政府」提案 各界懇談会に参加

 日本共産党が提案した「戦争法廃止の国民連合政府実現のよびかけ」は愛知県内でも大きな反響を呼んでいます。日本共産党愛知県委員会は「提案」の内容と発表後の反響などについて、12月12日、各界懇談会を開催しました。井上さとし参院国対委員長から説明、報告が行われました。

 そのあと、真宗大谷派法恩寺住職の石川勇吉さん、愛知保険医協会副理事長の板津慶幸さん、アンティファ758のコロさんからのゲストスピーチが行われ、フロアから発言が続きました。

 宗教者や医療関係者、市民グループ、ママの会、地方議員などから「提案には大いに賛同します」と積極的な発言がありました。そして、その実現のために意見や注文などが相次ぎ、改めて皆さんが真剣にこの問題をとらえてくださっていることに感動しました。

 「ママの会」の皆さんはグループで参加、「国会での安保法制の審議を見ていて黙っていられない」と声を上げたことや、議会に働きかけて意見書を採択させてきたことなど力強い発言がありました。

 コロさんとよぶ青年の発言にも学ばされました。「共産党のみなさんは良く勉強されており学ばされる」「でも詳しく知らないけど反対という人たちを居づらくしてほしくない」と・・・。

 今私たちは、「戦争法廃止の2000万署名」の推進に力を注いでいるところですが、誰もがご一緒に、一刻も早く「戦争法廃止」で力を合わせることができるようがんばりたいと、強く思った各界懇談会でした。

Cwbhw8kusaawxbk

« 12月愛知県議会「県民の声を県政に」請願書13本が提出 | トップページ | 愛知県議会12月定例会が閉会しました。共産党は議案と意見書案に反対討論。 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事