« 「革新県政の会」の来年度予算要望に同席 | トップページ | 「野党は共闘!」「野党は頑張れ」シールズ東海の街頭宣伝に3500人。 »

2015年11月15日 (日)

平和、若者支援、リニアなどで政府交渉 日本共産党愛知県委員会

 11月12日、日本共産党愛知県委員会の政府交渉に参加しました。もとむら伸子、しまづ幸弘衆院議員、井上さとし参院議員、たけだ良介参院比例候補、すやま初美参院愛知選挙区候補、愛知県議団、名古屋市議団、春日井・小牧・豊山・蒲郡市議団のみなさんと、県民・市民要求の実現を求めました。

 交渉項目は47項目、10省庁に及ぶ盛りだくさんでした。1つの項目に30分、最大で1時間、昼食休憩は50分ありましたが、午前・午後ぶっ続けの交渉で朝9時30分にスタートし、午後4時30分と長丁場でした。

 私は県議になって初めての政府交渉でした。交渉項目のなかで、介護や子育て支援、くい打ち工事の工事データ改ざん問題など、役割分担をした分をきちんと政府側に伝え、要求を勝ち取りたいという思いで臨みました。

 交渉項目と交渉相手について・・・

TPP関連(内閣府経済再生・農水省・厚労省・経産省)

くい工事データ改ざん(国交省)

シングルマザー(内閣府女性活躍・厚労省・財務省・法務省)

子育て支援(文科省・厚労省)

  昼休み

基地機能強化見直し(防衛省)

リニア関連(国交省)

若者支援(文科省・厚労省・国交省)

介護・国保(厚労省)

 これらの交渉項目のなかで、県議団の下奥奈歩議員、わしのが担当したものは、TPPからの撤退、くい打ち工事改ざん問題の真相・原因究明と対策について、シングルマザーの支援について、子育て支援の充実18歳までの医療費助成を、小牧基地をF35整備拠点にするな、リニア中央新幹線計画の中止を含めた抜本的な見直し、若者が人間らしく働き、暮らし、学べるように支援を、介護・国民健康保険料の引き下げなど拡充策をなど、どれも切実なものばかりです。これらの項目について県議団の下奥奈歩さんと、私、そして県議団事務局の満仲みゆきさんと発言し、県民要求の実現を求めました。

 これに対し、厚労省は、大学生等へのアルバイト調査の結果を公表したことを指摘、「事業主団体に労働条件の是正を図ることを要請、チラシ・冊子の作成やアンケートなど高校生や大学生への法律知識の周知や実態の把握、相談体制の確立、充実をはかる」と答え、来年度予算確保に全力あげると述べました。

 リージョナルデポについては、防衛相の職員は、県営名古屋空港への海外からの軍用機の飛来の可能性について否定できず、要望については「真摯に受け止めます」を繰り返すのみでした。

 リニア中央新幹線の問題では、国交省の担当者は、JR東海の言い分を繰り返し、「工場認可の時に安全対策の計画が必要だと思わない」とまで言いました。

 私は、政府交渉を契機に、国会、県議会、市町村議会と連携し、要求実現に頑張る決意をいっそう強めました。

 また、この日、愛知県内で集められた戦争法廃止の請願署名を、もとむら、しまづ、井上議員に提出しました。

11205576_693670594102660_6509477874

12235019_693671424102577_4301329126

« 「革新県政の会」の来年度予算要望に同席 | トップページ | 「野党は共闘!」「野党は頑張れ」シールズ東海の街頭宣伝に3500人。 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事