« 戦後70年・被ばく70年、愛知県への被爆者行脚に同行 | トップページ | 平和、若者支援、リニアなどで政府交渉 日本共産党愛知県委員会 »

2015年11月13日 (金)

「革新県政の会」の来年度予算要望に同席

 「革新県政の会」は11月9日、愛知県に対し「2016年度愛知県予算への重点要望書」を提出しました。

 「革新県政の会」の構成団体や日本共産党の地方議員などから提案されたものをベースに積み上げられたもので、「福祉優先で平和が一番! 子育て世代や中小企業応援で誰もが元気に輝く愛知」の実現を求めました。

 榑松代表幹事は、「構成団体が多く、盛りだくさんの要望となった。2月の知事選あり今年度の県営住宅の修繕予算が増額されるなど前進面もあるが、リニア、ジェット、FCVにひた走る大村県政への批判は大きい。要望内容を来年度予算に反映させていただきたい」と述べました。

 日本共産党県議団の下奥議員とわしのも同席し、要望書の内容について実現を求めました。

 「革新県政の会」は、12月8日(火)午後6時30分から愛知労働会館で「要求交流会」を、さらに、12月25日(金)には、県当局と「要求懇談会」を企画しています。

Dscf1319

« 戦後70年・被ばく70年、愛知県への被爆者行脚に同行 | トップページ | 平和、若者支援、リニアなどで政府交渉 日本共産党愛知県委員会 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事