« 9月議会 総務県民委員会を傍聴しました | トップページ | 戦争法は廃止を!原発ゼロに!定例のパレード »

2015年10月 9日 (金)

10月14日(水)は9月定例会本会議閉会日です。ぜひ傍聴を!

 来週水曜日の10月14日は、県議会9月定例会本会議閉会日です。

 私は、日本共産党県議団を代表して、反対討論を予定し原稿づくりに全力あげているところです。

 本日の議会運営委員会では、閉会日の議事運営について確認が行われましたが、驚いたのは、自民・民主・公明党から賛成討論の通告が出ていたことです。

 賛成討論をする議案は、私が反対討論を予定している議案の中の、「県営名古屋空港内に三菱重工業のための見学者の受入拠点施設整備費を計上している一般会計補正予算」、及び、「展示物の整備基金を設置する条例の制定」の2つの議案ということです。

 名古屋空港内の見学者受入拠点施設については、5月臨時議会の時から議題になっているもので、「ゼロ戦の展示があるのではないか」とか、三菱重工小牧南工場は米軍機を含むF35戦闘機の広域整備拠点施設(リージョナルデポ)になることが、防衛省や日本共産党の国会質問で明らかになっています。

 イラク戦争の時も、県営名古屋空港から武器・弾薬を輸送したC130Hが飛び立ちましたが、三菱重工小牧南工場が、アジア太平洋地域のF35の整備拠点にされるなら、まさに米軍への兵たん活動に直結するものです。愛知県を戦争に巻き込ませることは絶対にあってはなりません。

 ところが、これらの2つの議案に、自民・民主・公明がそろって賛成討論をするとは、どういうことなのか?とびっくりしています。 もちろん補正予算のなかには、私たち県議団も賛成しているものがたくさんあります。そういう内容について、賛成の立場から討論をされるのだと思います。

 議会事務局も、「こんなことは経験したことがない」と驚いています。日本共産党は戦争法案に反対した民主党など野党と最後までいっしょにがんばりました。そして、戦争法が強行成立させられた直後には、「戦争法廃止のための国民連合政府をつくろう」「そのためには参議院選挙や衆議院選挙でも選挙協力も」と呼びかけ、懇談を重ねているところです。

 そんななかで行われる10月14日の県議会本会議閉会にあたっての賛成・反対討論を
ぜひお聞きください。また、県民から出された請願6本はいずれも日本共産党の2人が紹介議員となりましたが、賛成少数で否決される予定です。そんな本会議の様子もぜひご覧いただきたいと思います。

  本会議の傍聴にお出かけください。  

     10月14日(水) 本会議場にて 午前10時から開会です。 

     諸般の報告の後、直ちに討論が予定されています。 

     また、請願の採決や意見書の採択も行われます

 

 

 

« 9月議会 総務県民委員会を傍聴しました | トップページ | 戦争法は廃止を!原発ゼロに!定例のパレード »

経済・政治・国際」カテゴリの記事