« 「リニア中央新幹線問題」を考えるつどい | トップページ | 愛知県議会健康福祉委員会の県外調査2日目 »

2015年10月31日 (土)

愛知県議会健康福祉委員会の県外調査

 10月28日~30日、愛知県議会健康福祉委員会の県外調査に参加しました。

 初日の28日は、神奈川県藤沢市にある湘南ロボケアセンターを視察しました。平成26年12月にオープンした施設で、生活支援・介護ロボットの研究開発の拠点です。

 HAL(ハル)という名のロボットスーツを身に着けて、歩行訓練や手足を動かす訓練を行うというもので、実際、私たちもロボットスーツを着用して、腕を上げ下げする動作を試みました。驚いたのは、自分が腕を動かそうとすると、ハルが動かしたいという「意思」を感知して、その動作をアシストしてくれたことです。

 また、ロボットスーツHALを用いたトレーニングの専門トレーナーの援助をうけながら、懸命に訓練を受けている様子を見させていただきました。

 脳卒中で麻痺のある方、脊髄損傷で麻痺のある方など、思うように動けない方々が、このような訓練を受けられるならば、本当に素晴らしいなと感動しました。

 神奈川県では、独自の助成制度があるとのことですが、まだまだ一般的には普及されていません。

 この施設では、さまざまなロボットが開発されていて、一人暮らしのお年寄りに声をかけてくれる動物や人形の形をしたロボット。さらに介護施設などで、認知症の方を含めた高齢者の方と会話をすることによってコミニュケーションを図る、新しい人型会話ロボット等での高齢者向けコミニュケーションロボット等、目を見張るものがいっぱい並んでいました。

Dscf5309

P1030565

P1030569

« 「リニア中央新幹線問題」を考えるつどい | トップページ | 愛知県議会健康福祉委員会の県外調査2日目 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事