« 愛知県議団、9月定例会県政懇談会行いました。 | トップページ | 愛知県議会健康福祉委員会の県外調査 »

2015年10月26日 (月)

「リニア中央新幹線問題」を考えるつどい

24日(土)、中央委員会主催の「リニア中央新幹線問題」を考えるつどいが名古屋でおこなわれ、私も途中からですが参加しました。

リニア沿線の東京・神奈川・山梨・静岡・長野・岐阜・奈良・大阪・愛知など沿線住民や自治体関係者など390人が一堂に会し、会場は立ち見も含めてあふれました。

畑野君枝・もとむら伸子・藤野保史衆議院議員、辰己孝太郎参議院議員が出席し、JR東海が9兆円を超える巨費を投じ「国家プロジェクト」と安倍政権がいう巨大開発の大義のなさを告発し、たたかいを交流しました。

第一部のシンポジウムでは次の3人のパネリストが発言しました。

橋山禮次郎氏(千葉商科大学客員教授・アラバマ大学名誉教授)

「経済性や技術、環境保全性が欠如し、災害時の輸送代替もできないリニアは見直すべきだ」とのべました

辻村千尋氏(日本自然保護協会)

活断層が貫く危険性を指摘し、「自然環境を壊すことは文化、人間のつながりを壊すことだ」と強調しました。

永田好弘氏(日本科学者会議リニア研究連絡委員会)

トンネル工事や超伝導技術について「技術や信頼性、安全性が確保できていない。環境破壊も計り知れない。中止・撤退以外にない」と強調しました。

Dscf5264

第二部の運動の交流では

各地の住民や地方議員、専門家が報告し、大義のないリニアは中止すべき、認可撤退訴訟も起すと語りました。

25日(日)は県内の沿線調査

25日朝から、畑野・もとむら・辰己議員らは、地元の議員や運動団体の案内で、瀬戸市のグランドキャニオン、春日井市の西尾町の保守予定基地、春日井市の亜炭鉱陥没地域などを調査し、懇談しました。

その後、午後3時半から名古屋駅の東側と西側を調査し、私も参加しました。

江上市議の案内で、名駅の開削工事予定地の周辺などを調査しました。

 駅の東側では、飲食店やお寺を含む地域が丸ごとなくなる場所もあり、街がガラッと変わってしまうことなど、周辺をつぶさに見て回りました。

Dscf5269

駅の西側では、昨年の認可前にJRが買い取ったといわれている駐車場跡地や、立ち退きを迫られているお宅周辺なども見て回り、周辺住民から意見や要望もお聞きしました。

Dscf5275

Dscf5277

最後のまとめの集会では

それぞれ地域や市議団、国会議員からも発言がありました。

私からは県議会では振興環境委員会に下奥議員が所属しているので、委員会の一般質問などで明らかにしていくとともに、これから2人の県議で積極的に取り組んでいきたいと決意を述べました。

 沿線だけではなく、かって海上の森のオオタカを守れという運動を全県的に広げ、万博会場の変更を勝ち取ったたたかいを思い起こし、リニア問題を7都県全域の問題にしていくことが呼びかけられました。

Dscf5288

« 愛知県議団、9月定例会県政懇談会行いました。 | トップページ | 愛知県議会健康福祉委員会の県外調査 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事