« シルバーウイーク後の宣伝には大きな期待の声が! | トップページ | 愛知県日本共産党後援会の「前進座」観劇 »

2015年9月28日 (月)

9月定例会本会議2日目一般質問が開催されています。

 今日は本会議2日目で、お昼休み中に議員全員(102名)と理事者のみなさんと一緒に記念撮影がありました。
 期の長い方から前に並び、私たち1期目は最後から2列目、高い段が作られており、そこに上がってパチリ。6月定例会に撮影する計画が、雨のために順延でようやく本日になりました。

 さて、日本共産党はやっと本会議一般質問に30日の午後、下奥議員が登壇します。

 私は、10月2日の健康福祉委員会での議案質問、請願審査、一般質問の準備に大わらわです。

 議案質問は、愛知県社会福祉施設条例の一部改正について、 南知多老人休養ホームの廃止、民間譲渡についてです。

南知多の老人休養ホーム「ビラマリーン南知多」へ視察調査

 委員会の審議に臨むため、シルバーウイークの9月22日(火)、県議団の皆さんと「ビラマリーン南知多」の視察に行きました。

 9月議会にこの施設の廃止が議案として出てきました。現在は指定管理者制度で「平安閣」が運営しています。指定管理の期限が来年3月末で切れることから、民間に売却し、公の施設としての廃止をするというものです。

 当日はお天気もよく、海風が気持ちのいい日でした。建物は、H8年に30億円かけて全面改装したもので、明るくきれいで、掃除も行き届いていて気持ちのいい空間。客室も全室から海が見え、展望デッキからは180度ぐるりと見渡せ絶景!です。
 50人ほどのスタッフさんは、9割が地元の方で貴重な就労の場にもなっています。また、海辺の近くでありながら高台にあり、津波等の避難場所にもなっています。

 老人休養ホームという位置づけであるため、60歳以上は格安の料金設定になっていることもあり、利用者の8割が高齢者。リピーターが6割ほどいるということでした。26年度は少し利用者が減っているようですが、消費税が8%になったことも原因かな?と思いましたが、休日や連休は満員の状況です。新聞報道を見て、利用者からも「なくなってしまうの?」「続けてほしい」という声もあるそうです。支配人も「ぜひ続けていきたい」と言っておられました。

 高齢者が安心して利用できる施設です。公的に援助をして継続させていきたいと強く思うものです。その立場で委員会の質疑の臨みます。

20150922_10_46_40

20150922_11_10_09
20150922_10_12_47_2

« シルバーウイーク後の宣伝には大きな期待の声が! | トップページ | 愛知県日本共産党後援会の「前進座」観劇 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事