« 本日のいっせい宣伝は、庄内通駅で訴えました。 | トップページ | 戦争法案採決強行するな!と三夜連続宣伝第一日目 »

2015年9月16日 (水)

愛知県商工団体連合会の県交渉に参加しました。

 9月10日(木)愛知県商工団体連合会の県交渉に参加しました。

 愛知県は3年前「愛知県中小企業振興基本条例」を制定しました。そして3か月ごとに「中小企業景気状況調査」を行うなど改善の方向に進んでいます。

 しかし、中小企業の景気は依然として厳しく、特に小規模・零細企業では消費税が8%に上がり、一層大変です。4割が消費税の転嫁ができず負担が重くなっています。

 愛商連からは「リフォーム助成制度の創設」「市町村が強制的な税の徴収をしないよう県が責任をもつこと」「制度融資に対する金融機関の不当な強要を改めさせること」などの要望が出されました。

 会員の方からは「資金繰りが厳しくなり税金の滞納がかさんでしまった。徴収員は二言目には『差し押さえ』といわれる。生活の苦しさを訴えても『そんなことは関係ない』と強権的だった」と、当時を思い出し涙ぐみながら訴える場面もありました。

 今回の交渉は、12ねんぶりに県議会議事堂の大会議室で行うことができ、これも共産党の県議団が復活したからと、愛商連のみなさんからとても喜ばれました。

 同席した私からも、「県当局の皆さんは、是非皆さんの切実な願いをしっかり受け止め、業者の方が安心して商売ができるよう、生きていけるよう頑張ってほしい」と要望しました。

20150910_2jpg_4

« 本日のいっせい宣伝は、庄内通駅で訴えました。 | トップページ | 戦争法案採決強行するな!と三夜連続宣伝第一日目 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事