« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年8月

2015年8月31日 (月)

怒りの渦 国会包囲 戦争法案廃案!行動をお知らせし朝の宣伝

 今朝の県下いっせい宣伝は、私は、浅間町駅の宣伝に参加しました。

 今朝届いたばかりの赤旗特別号外には、「怒りの渦 国会包囲 戦争法案廃案 国会10万全国100万人行動」の詳細が掲載されていました。

 その号外を駅利用者や通行人に配りながら、「安倍政権を追い詰めて戦争法案を必ず廃案にしよう。西区でも23日のパレードを行なったことや、昨日の全国行動に呼応した行動を行った。ぜひ力を合わせましょう」と、訴えました。

 私たちの訴えに耳を貸す人も、話しかけてくる方もありましたが、一方でこちらの様子をチラチラ見ていたサイクリング姿の青年に声をかけたら、「抑止力になるので必要だ、自民系ですので・・」と。驚いて、「いざ始まったらもう止めることができなくなるのが戦争だと思いますよ」と声をかけました。もっともっと大きな運動が必要だなーと感じた宣伝行動でした。

Dscf4856

2015年8月30日 (日)

国会10万人、全国100万人「戦争反対大行動」の西区行動

 今日は「国会10万人、全国100万人 8・30大行動」。

 全国で「戦争法案反対」の大きな行動が全国で怒涛のように繰り広げられました。国会前では、10万人目標で、2時半ごろにはすでに12万人という情報!

国会前に集まった人・人・人を報道する「赤旗特別号外」を配布しました。

夜に近づき若者が参加し出すともっともっと増えることでしょう!。

 西区では、4時から五条橋をはじめとして、ヨシヅヤ、ミユキモール、MOZO近くの貴生町交差点などで、「安倍ヤメロ」「憲法守れ」とプラスターをかかげてコールしました。

この声を更に大きくし、必ず廃案にするまで奮闘しよう!

Dscf4812
Dscf4822
Dscf4827

Dscf4851_2

20150830001

2015年8月29日 (土)

「9の日宣伝」戦争法案反対!の署名宣伝行動

今日は29日。毎月9のつく日の宣伝ということで、午後4時からキクイストア前で「戦争法案反対」の署名宣伝行動を行いました。

後援会員のみなさんあわせて12人で訴えました。

お買い物の近所のみなさんが次々署名に応じてくださいました。

若いお買い物客は「あんなもん(戦争法案)はイカンわ!」と怒りの署名。シルバーカーの高齢者も「戦争を体験したものにとっては今の時代が恐ろしい。安倍さんはおかしい」とキッパリ!

「西区から大きな運動を起していきましょう!

明日30日は全国各地で100万人目標で行動します」と訴え、「西区でもスーパー前などで行動を起します。ぜひご参加を」とお誘いの訴えも行いました。

150829_161946

あす30日は国会前10万人、全国100万人の大行動

西区は23日の大パレードに引き続いて次のようにアクションを行います。

16:00 五条橋

16:30 ヨシヅヤ西側

17:00 ミユキモール東側

17:30 貴生町交差点(mozoに行きかう人やR302号を通行する車にいっせいにスタンデイングアピールを行います。(大パレード第2弾の位置づけです)

ぜひおいでください!

30nitikoudou

2015年8月28日 (金)

労働組合の方々と懇談会行いました。

 少し前のことですが、8月20日に愛労連(愛知労働組合総連合)、全日本建設交通一般労働組合、全労連全国一般労働組合の方々にお出かけいただき、働く方たちの実態を知る懇談会を行いました。

 日本共産党が取り組んでいる「ブラック企業」問題での意見交換です。

 愛労連などに寄せられる具体的な相談としては、「高校生のバイトなのに、辞めたいと言ったら、店長から『代わりを連れてこい』と言われた。」 「夫が240時間も残業をしている、しかも残業代をほとんどもらっていない。過労死が心配」など賃金や労働条件の問題が多い。他にもパワハラの相談が増えてきている、ということでした。

 驚くようなひどい実態を聞き、若者を安い賃金で使いつぶす社会を変えなければならない、と改めて強く思いました。愛知県議会9月定例会では、本会議にて一般質問ができる予定ですので、一般質問で取り上げていくことの大切さを共有しました。

20150820

2015年8月27日 (木)

画家たちと戦争:彼らはいかにして生きぬいたのか 

 昨日、名古屋市美術館で開催中の「画家たちと戦争展:彼らはいかにして生きぬいたのか」に行ってきました。

 戦争の時代を生きた画家14名のうち、横山大観と恩地孝四郎は展示されていなく、12名の画家によるものでした。

 私は、美術はほとんど詳しくないが、「画家たちと戦争展」のテーマに誘われて行きました。

 12名の画家ごとに展示が行われておりましたが、驚いたのは、8月30日号の赤旗日曜版の「戦争と向き合った美術」のページにもあるように、藤田嗣治という画家が、正視するのが苦しくなるような戦争を鼓舞する絵を描き続けていたことです。

 藤田嗣治画家といえば、エコール・ド・パリの一員として世界的に有名な画家であり、名古屋市にも素敵な絵画が関係者から贈られていますので、私はショックを覚えました。
戦争の真っただ中、画家たちてはどんな思いで絵を描いたのだろうか想像するのが苦しくなりました。

 対照的な作品は、戦没画学生の絵を集める無言館です。私も後援会旅行などで、2回訪れましたが、故郷や恋人や、妹、家族団らんを描いたものが多く、「どんなに生きて家族や恋人のもとに帰りたかったことだろう」と、涙しながら観た覚えです。

Senso


 一人ひとりの画家の絵を観ながら、どんな思いでこの絵を描いたのだろうと考えながら回りました。心に残ったのは、「画家たちと戦争展 彼らはいかにして生きぬいたのか」のチラシに掲載されていた、松本俊介氏の「立てる像」という自画像です。焼け跡にスックと力強く立った姿に思わず声をかけたくなるような気がしてきました。

 日本を再び戦争する国にさせてはならない、素晴らしい画家たちに2度と戦争を鼓舞するような絵を描かせてはならないと強く願いました。  戦争法案絶対ストップを!!

 

 

 

2015年8月24日 (月)

全県いっせい宣伝  栄生駅で訴えました。

今朝は全県いっせい駅頭宣伝。

この日は押切や枇杷島後援会の皆さんと一緒に、栄生駅で訴えました。

小池あきら参院議員が、8月11日の参院安保法制特別委員会で質問した、自衛隊の内部文書暴露問題などについて述べ、戦前の軍部独走と一緒と訴えました。

また、昨日の西区大パレードの様子も伝えながら、「ご一緒に戦争法案を廃案にしましょう」と訴えました。

Dscf4771

NO戦争法案!YES平和憲法!西区大パレード

 23日夕方5時から、「NO戦争法案!YES平和憲法 西区大パレード」を行いました。

 出発に先立つ集会では、呼びかけ人の平井宏和弁護士が挨拶し、保育士、助産師、若者、元自衛官などがスピーチしました。

 「集会宣言」を青木市議が読み上げて、参加者一同の拍手で確認しました。

 浅間町から庄内通り3丁目交差点まで西区のメインストリートをパレードしました。
 小さい子どもさんをつれた家族連れや若者、弁護士、宗教者、劇団関係者なども参加し「戦争反対!」「憲法守れ」と声をからし訴えました。

 沿道では、お店や高齢者施設、マンションからも声援の拍手、「戦争反対!」と一緒にコールする道行く人など「戦争反対」「戦争はイヤだ」の思いが一気にあふれたようなパレードでした。

終結地点の庄内通り3丁目交差点では、東側と西側に分かれていっせいに並び「スタンデイングアクション」を行いました。

Dscf4743
Dscf4758
Dscf4766

 西区大集会の実行委員8人は、24日(月)朝に「集会宣言」を、区内に事務所がある国会議員事務所に届け「戦争法案は廃案に」と要請しました。
 要請先は、熊田裕通衆院議員(自民党)、藤川政人参院議員(自民党)、荒木清寛参院議員(公明党)です。

2015年8月23日 (日)

厚生会館第35回夏まつりを皆さんと一緒に楽しみました

22日は、名古屋厚生会館(第一・第二保育園など)の「第35回夏祭り」に招かれ、参加しました。

Dscf4710

7時から始まった太鼓演奏で幕開けのあと、来賓として、「子どもたちの明るい未来のため、平和を守りましょう」と、参加された議員の代表として挨拶しました。

Dscf4711

その後、「炭坑節」「名古屋ばやし」など盆踊りを皆さんと一緒に楽しみました。お子さんがお父さんやお母さんと一緒に一生懸命踊る姿がとてもかわいかったですね。

Dscf4723

 みたらしやビールなどの模擬店も盛況で、この日ばかりは日ごろの疲れも吹き飛ばすような笑顔が会場のあちこちにあふれていました。

2015年8月21日 (金)

愛知県日本共産党夏季地方議員研修交流会に参加しました。

 8月18・19日の2日間、蒲郡市において、愛知県地方議員の研修交流会が開催されました。4月のいっせい地方選挙、その後の中間選挙を経て、愛知県の党の地方議員は、106名で内25名が新人議員(私も新人議員の一人)です。

 1日目は、安倍政権の社会保障解体路線との自治体でのたたかい、今秋の愛知自治体キャラバンの課題について、小松民子県社保協事務局長から講演をしていただきました。

 そして、日下紀生県保険医協会事務局次長からは、国保の制度と財政の基礎、都道府県単位化への対応、今日の国保改善運動のポイントについて75分におよぶ講演がありました。

 お2人の国保を中心とした社会保障の根幹についてのお話は、たっぷりの資料をもとにしたもので、とても分かりやすく大いに学ぶことができました。

 国保改善議員シンポジウムでは、6月定例会で国保の都道府県化について健康福祉委員会で一般質問をした私もパネリストの一人として発言しました。

 国保は私は、県内の市町村議員と力を合わせて、都道府県化によって保険料・税の値上げや保険料の徴収強化につながらないよう、今後の議会でも続いて質問で取り上げなければと改めて決意を強めました。

20150818_161127_resized

 2日目は、新人議員を中心に、30人もの議員から、議会活動や地元活動の報告交流が行われました。西区の青木ともこ市会議員も発言しました。

 自治体によっては、新人議員が一人議員のところもあり、大変な苦労をしながら議会活動に取り組んでいることが手に取るようにわかり、胸が熱くなったり、大笑いをするような場面もあり、いずれにしても日本共産党の議員というのは、どんな問題も地域の人たちの願いをしっかり受け止めて活動をしており、とても頼もしく思いました。

 私は、県会議員として、市町村議員のお名前と自治体名もしっかり覚えなければ、また、今後県議会で取り上げるべき課題については一緒にがんばりたいと思いながら聞き入りました。

Kc4f0002_2

 

 

あいち平和のための戦争展 

 20日から23日まで、名古屋市公会堂で「あいち平和のための戦争展」が開催されているということで、出向きました。

Dscn7616
実行委員会に加盟する、約44団体がそれぞれの反戦への思いのこもった展示に目と心が奪われました。

1、「戦争する国」とは

2、戦後70年の歴史認識問題

3、世界と日本の今日

4、戦後70年、平和を求めて

 以上4つのテーマのほか特別展示・企画があり、どの展示も戦争の悲惨さや、二度と戦争を起させないという決意のこもったもので、見ごたえがありました。

 戦争展ピースステージプログラムでは、ゾウ列車がやってきた合唱、知多の戦争遺跡と継承運動、戦争体験を語る、ベトナム侵略戦争終結、岸信介は満州国で何をしたのかなど4日間で16のプログラムです。

 会場内では、平和運動をしている何人かの知人に会うことができました。

 それぞれの展示の内容をお聞きしながら、お互いに戦争法案は廃案にという意思を通じ合いました。

 特に驚いたのは、戦争中小学生が動員されて、作業室とよばれる教室で作業させられていた展示です。

Dscn7609

 また、小林多喜二の虐殺にかかわった拷問係の1人が戦後東京都北区の教育長となった記述など、ひろく社会に知らせるべきと感じました。

Dscn7612

Dscn7614_2

2015年8月15日 (土)

戦後70年の終戦記念日の街頭宣伝おこないました。

 今日は8月15日、終戦から70年迎えました。「2度と戦争を起こしてはならない」の決意新たに、浄心とスーパーミユキモール前にて、青木ともこさん、西区後援会のみなさんとご一緒に宣伝行動行いました。

 駆け寄ってくれた方が、「戦争は絶対やめてほしい。苦しめられるのは国民です。何としても戦争法案ストップを!」 「暑いのにご苦労様です、体壊さないようにね」と温かい言葉をかけてくださる方もありました。宣伝カーにも多くの方が手を振って下さるなど、激励が多く、宣伝行動の参加者は大いに元気を頂きました。

 

 昨日、閣議決定された「安倍談話」は、注目されていた「侵略」「植民地支配」「反省」「お詫び」などの文言がちりばめられていますが、日本が侵略や植民地支配を行ったことを認めようとせず、反省もお詫びも自分の言葉としてではなく、「歴代内閣が繰り返し、表明してきた」と紹介したのみです。

 私が、一番許せないと思ったのは、暴力と強圧で韓国の植民地化をすすめた日露戦争を「植民地支配のもとにあった多くのアジアやアフリカの人々を勇気づけた」と述べたことです。乱暴きわまりない歴史の歪曲にほかなりません。

 戦後50年の「村山談話」を表明した立場を事実上投げ捨てるにひとしい、村山元総理も「引き継がれた印象はない」と述べています。

 今、戦争法案絶対許せない、廃案を求める声は怒涛のように広がっています。さらに声を広げ、戦争法案絶対通さないと世論を広げましょう!!

2015_2


2015_3

 

 

2015年8月12日 (水)

川内原発再稼働に緊急の抗議行動

九州電力川内原発1号機は8月11日午前10時半、制御棒を引き抜き再稼働をしました。原子炉は午後11時には核分裂が連鎖的に起きる「臨界」状態になり、14日には電力の発電と送電をはじめる予定です。

原発問題愛知連絡センターは、緊急の抗議行動を行い、私も参加しました。原発センターの三枝豊明代表は、リレートークで、「福島の原発事故の原因究明は途上であり、収束していない。安全性が確認されたとしての再稼働は許せない。この猛暑の夏でも2年間も原発なしで生活できている。国民を危険にさらしてはいけない」と述べました。

Dscf4686

 リレートーク後、参加者は自民党愛知県連前までアピールウオーク。県連前で「原発再稼働反対!「原発なくせ」の声を上げました。

Dscf4694

Dscf4700

 その後、中部経済産業局では、経済産業大臣の宮沢洋一大臣宛に抗議文を手渡しました。

Img_3433
Keisannsyomousiire

すやま初美参院選挙区予定候補が西区で戦争法案廃案に!若者の雇用など熱く訴えました。

 9日は、すやま初美キャラバンのまちかど演説会。西区ではじめての街頭演説会となりました。

猛暑の中、街頭演説会の場所には40人ほどが集まり、熱心に巣山さんの訴えに耳を傾けました。

 すやまさんは、「国民の過半数が反対し、憲法違反の戦争法案を必ず廃案にと、みなさんと力を合わせ全力つくしたい。また、私は、終電に間に合わないような働き方をしてきたが、福島の原発事故で生き方を見つめなおし、共産党で働くようになった。若者の雇用を守り、将来に展望が持てる社会を目指す取り組みをしたい。来年の参議院選挙で必ず躍進するため全力をつくします」と、キッパリと決意表明しました。

Dscf4658


Dscf4646

2015年8月 8日 (土)

武器を取るより、手を取り合おう! NO戦争立法!YES平和憲法!西区大パレードを行います。

 次のように、超党派のみなさんに呼びかけ人や賛同者を募り、戦争法案反対の西区大パレードを行います。

 戦争法案の参議院審議が大詰めです。国会の内外、全国津々浦々で、反対運動を大きくしていきましょう!

 西区では、いても立ってもいられないと、呼びかけ人(第一次)には、区内の医師や、看護師、放射線技師、弁護士、保育士、演出家、ジャーナリストなども名前を連ねています。
 引き続いて募集していますのでぜひお願いします。

西区大パレード

8月23日(日)午後5時

浅間町交差点の南東角集合(地下鉄浅間町)

パレードコースは、浅間町~浄心~庄内通3丁目(地下鉄駅で2駅分)です。

 

0823birasaisinn

飲食店などへビラを置かせて頂く活動もしています。

川内原発再稼働するな!戦争法案は廃案に!定例のパレード

今日、8月8日は。毎月第二土曜日の定例アクションの日。

 「川内原発の再稼働は中止!」、「戦争法案は廃案に!」と猛暑が幾分和らいだ夕方の時間、西区内にコールがひびきました。

今月は、自民党参議院議員の地元(西区那古野)方面に、「戦争法案反対」と声を大きくコールしました。

漫画喫茶の若い2人のスタッフが、店から出てきて、「頑張ってください」「戦争に生かされるのはイヤです!」とキッパリ!

川内原発再稼働は中止

九州電力は、8月11日にも、川内原発の再稼動に踏み切ろうとしています。

 地元鹿児島県でも反対が6割にのぼり、周辺住民の多くが再稼働に不安を抱き住民説明会の開催を求めても九州電力は応じていないことが、昨日の衆院予算委員会で日本共産党笠井あきら議員の質問で明らかになっています。

 安全確保や避難体制がない実態の中の再稼働は中止すべきです。電力会社は福島の原発事故から学ぶべきです。

 戦争法案は、参議院での審議で、ますますその違憲性が明らかになってきています。

参議院で、日本共産党の小池あきら議員追及。兵たんは戦争そのものということも明らかに。
小池議員は、海上自衛隊の文書を暴露し、「米軍の武力行使と一体」ということも判明しました。

「若者を戦争に送るな」
この声を更に大きくし、必ず廃案にするまでたたかいましょう!

Dscf4635

2015年8月 6日 (木)

地域の願いを西土木事務所に届けました

 昨日は青木とも子市議と一緒に、私の地元の南押切中央公園の北側にフェンスを取り付けて!、庄内用水路遊歩道を修繕して!という住民の皆さんの願いを名古屋市長と西土木事務所長に申し入れました。

Dscf4616_2

   南押切中央公園にフェンスを 

 南押切中央公園は、私のすぐ近所ですが、子どもから中高校生も元気よく遊んだり、ソフトボールなど楽しんだりしています。ところが、公園の南側にはフェンスが設置してあるものの、北側は高い樹木もあるからとフェンスがありません。

 地域の方から、「北側にもフェンスを設置してほしい」と要望を受け、子ども達の遊んでいる現場を見て、ボール遊びに熱中する子どもたちが、ボールを追いかけて飛び出したら危ないなと感じました。

 土木事務所では、「PTAさんからも要望を頂いたところ、できれば来年か再来年の予算で」と回答があり、できる限り早くと要望をしました。

Dscf4538

              公園南側にはフエンスがあります
Dscf4539

           公園北側には高木があり、フエンスがありません。

 庄内用水路の遊歩道の整備を

 庄内用水路に遊歩道が整備されたのは何年も前で、用水路沿いの桜の根っこが、舗装を持ち上げており、歩道がデコボコになっています。

 せっかくの遊歩道ですが、散歩がしにくい、もっと歩きやすくしてほしいと地域の方から声が寄せられました。

 土木事務所は、「庄内用水路の遊歩道ができた当時は、緑化推進や歩道の整備など予算があったが、今は十分な予算がないのが現実です。整備した当時は、樹木が大きくなる将来まで見通しもなかったのが実態。しかし、危険な箇所は直さなければならないので、優先的に修繕したい」との回答でした。

Dscf4347

          せっかくの遊歩道がさくらの木の根上がりで、このような状態に。

 私は、名古屋市がインフラ整備を行ってきたものの、その維持管理にお金がかかるということで、後継に追いやられているものが他にもあるのではないかと思いました。

 特に河村市長の「減税」の財源づくりのために、土木関連の予算が削られているといわれています。しかし、まちづくりの基本は、住民が安心して生活できるようにすることが一番大切なことではないでしょうか。

 引き続き、皆さんの要望を届けていきたいと考えます。

 

2015年8月 5日 (水)

初めての県政懇談会へご参加ありがとうございました。

 8月3日第一回県政懇談会を労働会館で行いました。

 参加者の熱気に包まれ、活発な会場発言など意義深い懇談会になりました。

 最初に、私から「12年ぶりの共産党県議団復活」の挨拶、下奥議員と私から議会報告、質疑応答、まとめの挨拶と進めました。

 下奥議員からは、5月の臨時議会では名古屋空港内に県が30億円もの県税を使い、三菱重工の航空機の展示施設を建てるが、ゼロ戦が展示されることが示され「戦争美化につながる」と質問。

 県からは、「航空宇宙産業ものづくり愛知を発信していくため」としか回答がなかったこと。6月議会では「安全保障関連法案の廃案を求める意見書案」を提出したが、他の会派の賛同が得られず取り下げさせられたこと。委員会では地元での仕事を増やし若者の雇用を安定させてこそ「地方創生」、と訴えたことなどを報告しました。

 私からは、5月臨時会、6月議会でも共産党が反対討論を行い、自民党が賛成討論を行うという自共対決の議会になったことで、マスコミも「やっと県議会のことが書ける」と喜んだことなど、 共産党の県議団ができたことで議会が活気づいてきたことを話しました。

 また、県民からの請願6本に紹介議員になることができ、議会に上げられ、委員会では請願代表者による口頭陳述が行われるなど、「本当にうれしい」と声が届いていること。

 しかし、共産党のいない委員会ではなんの意見もなく不採択にされ、 本会議では、「賛成」と起立したのは私たち2人だけで、否決されてしまった残念さと、共産党の議員を増やしたいと思いも述べました。

11700997_392523730950106_1272554850

11794631_392523684283444_525868306411794631_392523684283444_52586830_2

11822912_392524017616744_4239766719

    教育・文化の充実など切々と

 参加者のみなさんからは、「愛知の農業の大切さを考えて」 「設楽ダムはどうすれば止められるの?」 「児童養護施設の子どもたちも大学で学べるように補助を」 「最低賃金1000円を早急に!」 「小さな劇団への補助制度を、稽古場や劇場を増やして!」 「セクハラを助けるところが必要」 「特別支援学校のマンモス化の解消を!」 「県立高校の老朽化がヒドイ、グランドも含め整備を」 「天白川は土砂が積もってきている。対策を」などなど、実に多岐におよんで切実な質問・要望が出されました。

 本当に県政に反映させなければならないことが多く、県議団はさらにみなさんとご一緒に県政を県民の手に取り戻すために力を合わせて頑張っていく決意です。ありがとうございました。

 

2015年8月 3日 (月)

戦争法案廃案に!原発再稼働するな!8月の定例パレードのご案内

 戦争法案の参議院審議で、日本共産党の市田忠義議員、小池あきら議員、井上さとし議員の追及で違憲性がますます明らかになっています。

 また、九州電力は、周辺自治体の猛反対にもかかわらず、そして、火山噴火の危険性が在るにもかかわらず、8月10日にも川内原発を再稼働させる予定です。

 

 毎月定例の西区アクションを行います。ぜひ多数ご参加ください。

 8月8日(土)午後5時

 浅間町交差点北西角集合です。150808_2

2015年8月 2日 (日)

盛大に平和夏まつり開催 戦争法案廃案に!原発・原爆ゼロに!

 30数年続いている「西区平和夏まつり盆おどり大会」,今年一番の38・4度以上の猛暑の中、昨日開催されました。

 会場の花の木公園には、みたらしや、おでん、焼き鳥、フランクフルト、ポップコーン、ドリンク、焼そばなどの模擬店や、ストラックアウトボール、輪投げ、金魚すくい、スマートボール、さめつりなど、子どもさんが楽しく遊べる企画も満載で、コーナーには長蛇の列が!

 アトラクションでは、中小田井火消し太鼓有志の会の演舞、新婦人のコーラスやフラダンス、、庄内学童保育のこどもさんによるトーチ演舞などがあり、それぞれ熱心な取り組みに拍手喝采!

私や青木市議、すやま初美議院選挙区候補もいっしょにやぐらに上がり、盆踊りを必死に踊りました!

 最後は恒例の平和を願っての風船を大空にとばし、戦争反対!憲法守れ!と、ドラムの演奏で閉会しました。

Dscn7547

Dscf4546

中小田井火消し太鼓有志の会によるすばらしい演奏にしびれました

Dscn7557弥富まで買い付けに行く金魚すくい。「西区の祭りの金魚はじょうぶくていい」と評判
Dscn7562さめ吊りに興じる子どもたち。真剣な顔。

Dscn7567毎年長蛇の列を作り、子どもたちに一番人気のストラックアウトボール
Dscf4560「リニアは夢の超特急?」「青い空は」を3つの合同合唱団で披露。私も加わり、リニアはいらないとの歌詞に共感しました

Dscf4562
Dscf4583

 実行委員長として、「平和でこそ祭りも楽しめる。戦争のない平和な世界をつくりましょう!」と、挨拶しました。






環境守れ!リニアなど知事に見直し訴え 「愛知いっせい行動」

 愛知県内の約50の環境団体などでつくる「健康と環境を守れ!愛知の住民いっせい行動実行委員会」は7月30日、大村秀章知事と話し合い、環境破壊のリニアなどの大型開発見直しを求めました。日本共産党から私と下奥奈歩議員が同席しました。

 今回のテーマはリニア中央新幹線、設楽ダム、西尾市一色町の産業廃棄物処分場計画など環境を破壊する大型開発の見直し、公害の教訓を行政に生かすため公害記念館(仮称)建設などです。

 野呂会長(弁護士)が「リニア新幹線など県民は環境悪化と健康不安を抱いている。県民の安全や健康を守るように努力を」と大村知事に要請。

 大村知事は、リニア新幹線について「県として地盤沈下や地下水の影響など住民の不安に対しJRに住民説明会など適切な対応をするよう求めた」と答えました。

 参加者は「住民説明会は一方的にJRの見解を述べるだけ。だから県・住民・JR三者の話し合いの場を設けてほしい」と訴え、知事は「JRに伝える」と述べました。

 産廃処分場計画については、知事が「業者から正式に建設申請が提出されていない。まずは地元の意思が大切」と回答。

 一色町の住民は「業者は何年も前から用地賠償をしているのに、地元には説明もない。『地元の動向を見守る』の姿勢でいいのか」と迫り、処分場を許可しないよう要求。

 知事は「地元漁協の反対は承知している。地元の意向を尊重するのは当然」と述べました。

 知事との話し合いの後、各団体が部局に15項目の要請を行いました。

Img_1148
Img_1158

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »