« 5月臨時議会 委員会では下奥奈歩議員、わしのが本会議討論 | トップページ | 経営者協会と意見交換 共産党 正社員化の夢奪わないで 協会側 最低限の生活保障は必要と »

2015年5月30日 (土)

新婦人愛知県本部との交流会、愛商連理事会で挨拶しました

28日、新婦人愛知県本部と日本共産党県会議員団との交流会を開いていただきました。

下奥議員の地元の豊橋市や私の地元の西区をはじめ、県本部、豊田市、尾張旭市、犬山市、春日井市、小牧市、日進市、愛西市、そして名古屋市内からは緑区、天白区、熱田区、千種区、中区、名東区の新婦人の皆さんが参加されました。

最初に、私たちから12年ぶりに県議会に議席をもつことができ、早速5月25日の臨時議会では、名古屋空港に三菱重工業のMRJやYS11、ゼロ戦展示に反対の立場で、振興環境委員会で下奥議員が質疑、わしのが本会議で反対討論を行ったことを報告しました。

参加者全員(27名)から、私たち県会議員団に対してそれぞれの要望を語って頂きました。「傍聴小組をつくりたい」 「県立高校がボロボロ、夏の補習事業ができるよう親負担でクーラー設置した」 「障害者医療・福祉医療を守って」 「学校統廃合の動きがあり心配」 「年金で入れる介護施設を」 「就学援助金を受ける子どもが増えている子育て支援を」 「産業廃棄物の許認可は県の問題だから期待している」 「県政ニュースを見て、県議団が新しい風を起こしてくれ期待しています」 などなど一杯要望や意見を頂きました。

また、慰安婦問題や女性の権利問題、教科書選定問題などにも取り組んでいこうと確認しました。

150528sinnhujinnkonndann

また、この日は愛商連の常任理事会も開かれ、下奥奈歩議員と事務局の西田さん、満仲みゆきさんも一緒に参加、挨拶をさせていただきました。

民商のみなさんも、12年ぶりに日本共産党の県議団ができて、「これで請願の紹介議員ができる」 「県との交渉も大会議室でできる」と大変喜んでいました。

150528aisyourenn

« 5月臨時議会 委員会では下奥奈歩議員、わしのが本会議討論 | トップページ | 経営者協会と意見交換 共産党 正社員化の夢奪わないで 協会側 最低限の生活保障は必要と »