« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月

2015年3月29日 (日)

ラストサンデーは西区後援会のみなさんと元気いっぱいの宣伝繰り広げました

いよいよ告示まであと4日と迫りました。4月3日の出発式には佐々木憲昭前衆議院議員が応援に駆け付けてくださいます。

午前10時~10時半まで、わしの・青木事務所にて行います。どうかよろしくお願いします。

Syuppatusiki

昨日は、私の街頭での訴えを映像にしていただきましたのでご覧ください。

https://www.youtube.com/watch?v=9cy0i53h9Rw

ラストサンデーの今日は、西区後援会の統一行動を稲生学区にで行いました。40人余のも皆さんが、ハンドマイク8隊で、練り歩きながら、ところどころで政策の訴えを行いました。ハンドマイク隊にデビューした方も楽しく宣伝しました。

Dscf3249

  私と青木さんもそれぞれのハンドマイク隊に合流して、一緒に訴えました。どこでも、「戦争する国だけは許せない、もう共産党しかない。がんばって!」と熱い激励を受けました。

  最後に、ミユキモールに全員が集合して、宣伝を行いましたが、お買い物客や道行く人からもニコニコと、「がんばるねえ~」と声がかかりました。

Dscf3266

2015年3月28日 (土)

最後の土曜日。桜咲き始めの公園で、スーパー前で訴えました。

 今日は、最後の土曜日。

 午前中は、公園などで訴えました。新道の公園では、知り合いの女性3人連れとばったり!「今から事務所へ激励に行こうと思っていたんですよ」と、うれしい返事が!

 さくらの花が咲き始め、気候もよく風もなく、演説日和!公園で遊ぶパパや子どもなどに医療費無料化実現されたことや給食費無料化ついて訴えました。

 演説のビデオ撮りもありました。近日中にユーチューブでアップされる予定です。ぜひご覧ください。日本共産党愛知県委員会から視聴することができます。

 午後は青木さんといっしょに4ヶ所のスーパーなど訴えました。知り合いにも会えて、元気百倍!安倍首相の暴走に怖さを感じている人も多く「憲法守ってくださいね。戦争だけはイヤ」と有権者はキッパリ!

国政でも地方政治でも、日本共産党の値打ちが光っています。

4月3日まであと5日。全力でがんばります!

Dscf3237
    「日本共産党 街頭演説会」のお知らせです。ぜひお越しください。

  ●4月7日(火)午後5時~5時40分

  ●西区浄心交差点

  ●弁士

     小池 あきら(日本共産党中央委員会副委員長・参議院議員)
     わしの惠子
(日本共産党前市会議員)
     青木ともこ
(日本共産党西区くらし・環境対策委員長)

2015年3月25日 (水)

朝宣伝で、労働問題についての志位委員長の国会質問ビラ配布に反響!

今朝は浅間町駅での朝宣伝。

 わしの・青木の民報号外と一緒に、雇用問題で日本共産党志位委員長が、1時間39分にわたって国会追及したビラを配布しました。

通勤者の皆さんたちが関心を示して受け取ってくださいました。

Dscf3203

 初めてお会いする人との対話でも「応援しますよ」と、うれしい声が!訴えにも力が入りました。
 あと、10日で政治戦が始まります。有権者の応援を力にがんばります。

Dscf3200

2015年3月24日 (火)

訪問でも街宣でも日本共産党に大きな期待が!

 冬の寒さに逆戻りで、寒くなってしまいましたが、できる限り時間をとって街頭宣伝に、訪問活動にと精出しています。

 キャラバン宣伝では、「安倍政権の集団的自衛権の行使容認の閣議決定を具体化をめざし、自民・公明両党が正式合意した『戦争立法』は、戦闘地域にまで行って、武器使用するものです。日本を戦争しない国から、戦争する国にしてはいけない、4月のいっせい地方選では、安倍暴走政治ときっぱり対決し、平和な社会を子どもたちの未来へと頑張る日本共産党に、あなたの平和の思いを託してください」と、訴えていると「今は亡き夫は、大東亜戦争の前から共産党応援していたので、私も応援しているよ。戦争だけは絶対だめ」と年配の女性。

 昨日も「弟が共産党だったので、家族は肩身の狭い想いをしてきた。でも私は、兄が好きだったので応援していた。今は、あなたのように堂々とマイクで話すことが出来ていいですね。もっともっと皆に訴えて!」と涙ぐみながら話してくれた年配の女性。

 また、今、全戸に配布中の民報号外に、わしの恵子の推薦人になってくださった元名古屋市医師会副会長の水谷昇一先生(88歳)を訪ねました。
 先生は厚生労働大臣の後援もしたことがあるそうですが、「医療、福祉で一番いいこといっているのが共産党」「自民党は医療費削減や患者負担を増やすことばかりに熱中している。表向き自民党の人でも、共産党がいいと言っている人は多いですよ、共産党がんばれ」と激励をいただきました。

Dscf3190_2

 私は、皆さんとの対話から、今の政治への不満、特に安倍政権の戦争する国づくりに本当に危機感を抱き、怒りと不安が広がっていることをヒシヒシと感じます。

 そんなみなさんの大きな期待と激励をしっかり受け止めて、なんとしても西区で県会の初議席目指して頑張る決意です。どうかよろしくお願いします。

Dscf3184

2015年3月20日 (金)

連日の朝夕の駅頭宣伝とキャラバン宣伝で、有権者から熱烈な応援相次いでいます。

 16日(月)以降、キャラバン宣伝で、区内を駆け回っています。

 2月議会のため、3月10日まではなかなか宣伝カーに乗ることができませんでしたので、今週から全力で訴えることができています。

Dscf3082

Dscf3105

 宣伝ポイントでは、高級車から窓を開けて、「がんばれよ~」と声がかかったり、駅では、客待ちのタクシー運転手さんが、「共産党はエエぞ!ゼニもらっとらんからな」と、共産党が政党助成金も企業団体献金も受け取らない清潔な党であることに共感を示して、がっちり握手しました。

Dscf3138

 また、○○通運の運転手さんが駆け寄って、「残業時間は80~100時間。休憩も取れない。カローシなくすため本当にがんばってください。総選挙では共産党に入れましたよ」と、熱い声援も寄せられました。

 わしのと青木のリーフレットを置いてくださっている読者の飲食店も何軒かあり、県会わしの、市会青木への応援の大きさをひしひしと感じています。

150318_123329
 告示まで2週間です。

 県民生活そっちのけ、リニア頼みの経済政策の大村県政を暮らし・福祉・雇用・平和第一の県政に変えるため全力つくします。

○3月15日の演説会の動画がユーチューブにアップされています。

  日本共産党愛知県委員会のHPから見ることができます。

2015年3月15日 (日)

日本共産党演説会開催 近年最高の240人が参加し、県会わしの恵子予定候補・市会青木ともこ予定候補必勝に熱気にあふれました。

今日は、日本共産党西区演説会が西区役所講堂で開催されました。

開場前から、続々と参加者が集まり、開会時には200人以上になり、その後もイスが足りなくなる状況でした。

 まず、主催者あいさつということで日本共産党北西地区委員長の大野ひろみつさんが、今度の西区の選挙で、党の県会と市会を獲得できる条件があることなどを訴えました。

 青木ともこ予定候補は、3・11以降に共産党に出会った経緯と、人生の中で回り道をしたけど、一直線の道にたどり着いたこと、必ずわしの市議の後を引き継ぐあふれる決意が語られました。

Dscf3031

 私は、6期24年間の市議活動へのお礼をのべ、県民の福祉・教育・医療が全国最低基準の愛知県を住民が主人公の県政にするため、県議空白12年間の愛知の共産党の議席を必ず西区から獲得したいと決意表明しました。

Dscf3036

 もとむら伸子衆議院議員は大きな拍手で迎えられました。
皆さんの力で得た議員バッジです。安倍政権の暴走を食い止める力にするため全力つくしますと述べ、政治とカネの問題やリニア中央新幹線問題で初質問した予算委員会の質疑の模様を力を込めて訴えました。

Dscf3052

最後は、応援に駆けつけていただいたドラムサークルのみなさんといっしょに

子育て応援 青木ともこ

福祉を守る わしの恵子

青木を市会に

わしのを県会に  など、参加者一体となってコールしました。

迫力あるドラムコールにビックリされた方もいらっしゃったのでは?
でもみなさん、元気に乗りに乗ってコールされていました。

Dscf3064

告示まで18日。投票日まで1ヶ月を切りました。

訴えに訴えて全力つくす決意を更に固めました。

福島の収束最優先。全国どこでも原発廃炉。さよなら原発inにしくパレード

 東日本大震災、東京電力福島第一原発事故から4年。今なお12万人が避難されています。

 3月11日の前後1週間を「さよなら原発1000万人アクション」として、全国でさまざまな取り組みがされています。

 西区では、毎月恒例の第2土曜日の昨日を全国に連帯した取り組みとし、浅間町から私の地元の押切地域を元気にパレードしました。

 この日に集められた寄せ書きでは、

*危険な原発いりません!!すべて廃炉に!!

*放射性廃棄物の処分場所は日本中にありません。もう原発はいりません!

*なぜ?なぜ?いつまでおろかなことを繰り返すの?

*原発は輸出するな!

*地球を汚染する原発はこれ以上いりません。再稼働反対です。

*ふるさとを追われた人の気持ちが安倍さんはわからないのですか?

など、多くの皆さんから「原発いらない」の声を寄せていただきました。

ツイッターなどで知ったという、多治見市からの参加者2人が一緒に歩き、また、浅間町近くの飲食店の方も参加していただけました。

原発をなくすため、力を合わせましょう!

Dscf3011

2015年3月13日 (金)

キャラバン宣伝。重税反対統一行動など

今日から、キャラバン。

西区は2台の宣伝カーで区内をくまなく走ります。

 私は午前、南押切や栄生地域などを回りました。
 久しぶりにあたたかい中、多くの方と対話ができ、新しい出会いもありました。居酒屋さんを営んでいる女性は、「頼りになるのは共産党だけ。私ら貧乏人ができることは投票して声をあげること」と言い、堅い握手を交わしました。

 また、スーパー前では、じっと聞いてくださる男性もいました。激励もいっぱいあり、スタートを切ることができました。

Dscf0668_2
 午後は、「3・13重税反対全国統一行動西区集会」に連帯のあいさつをさせていただきました。

 集会のあと、一緒に西税務署までデモ行進。「消費税増税反対」 「業者の営業・暮らし守れ」 「原発再稼働反対」と、参加者一同元気にシュプレヒコール!

Dscf0672

確定申告を終えた民商の皆さんに、青木ともこさんと2人で「ご一緒にがんばりましょう」と握手で迎えました。

Dscf0679

2015年3月11日 (水)

本会議最終日にあたり一般会計予算案に反対討論 (市会議員最後の登壇)

3月10日の2月定例会本会議最終日、私は、日本共産党市議団を代表して河村市長提案の一般会計予算案に反対討論をおこないました。市長や自民党席からは「共産党の演説だなー」とヤジが飛びましたが・・・あたりまえのことですよね。他党はすべて予算案に賛成、しかも賛成討論もおこないませんでした。

反対する第1の理由は、安倍政権の消費税増税や社会保障解体路線が、市民の暮らし直撃しているが、市は、社会保障改悪など悪政をそのまま市民に押し付け、悪政からの防波堤になっていないこと。

●介護保険料が年間5448円の値上げが提案され、市は65歳以上の方に新たな負担を総額42億2153万円強いました。一方国は、消費税を財源にするとはいえ公費を投入して負担軽減に踏み出した。本市も公費を投入し、介護保険料の値上げを撤回させるべき。

●1万2千人を超える高齢者の利用料負担を1割から2割に引き上げること。

●「社会保障と税・番号制度関連システムの開発及び改修」は、国民の社会保障と税の情報を国が一括管理し、徴税強化・給付抑制をねらうとともに、プライバシーの漏えいなどが危惧され、導入すべきでない。

●愛知県は私立高校生の授業料補助を増額したのに、名古屋市が増額しないことは、公私立学校間における格差を是正し、教育の機会均等の原則を確保するという本市の私学助成制度の趣旨に背くものであり、私立高校生に対する授業料補助を拡充すること。

反対する理由の第2は、リニア中央新幹線の開業を起爆剤として、「世界のナゴヤ」になるための空前のチャンスであると、名古屋駅周辺の大改造、アジア最大級の国際展示場、SL走行など新たな大型開発推進の予算となっていること。

●リニア中央新幹線は、過大な需要予測で採算不安、膨大な残土、電力消費量、電磁波、大災害時への対応等々環境都市とは相いれない。JR東海の説明会も参加者に真摯に対応せず、大深度地下では所有権が及ばないような間違った説明を行い、後日HPを更新した。そんなJR東海に協力して、リニアのための用地取得に市職員を数十人規模で派遣するのは問題。さらに高速道路の名古屋駅の乗り入れの整備など、名古屋駅周辺の大改造計画は、財界の要望に応えたもの。

日本共産党は、国民的な要求もないリニア計画の中止を求める。名古屋駅周辺は超高層ビルが林立する一方で、老朽化した市営住宅の改修もままならないというゆがんだまちづくりから転換を求める。

●市民合意もないままあおなみ線の全線をたった2日間走らせることにより、レールの改修費などに3億円、SLの借入費用や車両整備費などに4000万円の予算が必要となるが、大井川鉄道への需要喚起策など多くの費用がかかることなどの課題があること。

反対する理由の第3は、市民税5%減税をけいぞくし、財源のために「行革」の名で市民負担増と福祉の民営化を進めていること。

●市長の「減税」は、トップの個人では470万5千円、企業では1億1900万円と、富裕層や大企業に手厚く、庶民にはちょっぴりの恩恵しかない。市長は「所得の高い人は辛抱して」と、市職員の給与改定について、管理職は対象から外す、私学助成については、一定の所得以上の世帯を対象とする本誌の助成は引き上げない。それなのに、「減税」では真逆のことをやっている。河村市長の「減税」は、格差を拡大させるだけ、きっぱりやめるべきである。

●減税による税収減を口実に、「行革」と称して、公的福祉の解体、行政サービスの民間任せを推進するもの。来年度予算案でも、市立保育園のにじが丘、御田、南・氷室、振甫の各保育園を廃止、民間移管すること。

 以上の反対理由を述べるとともに、日本共産党が提案した予算組み替え案の方向こそ、本市が、国の悪政から市民の暮らしを守る防波堤となり、「住民福祉の増進」という地方自治体の本来の役割を発揮することができることを述べて討論を終わりました。

Img_1584

 私は、予算案に対する反対討論をおこない、6期24年の市会議員としての役目を終えました。控室に戻ったとたんに、市議団の皆さんから拍手で迎えられ、素敵な花束をいただき、皆さんとご一緒に写真に納まりました。

 また、西区のみなさんも傍聴に来られ、花束のプレゼントがありました。もう嬉しくて嬉しくて感謝感激です。
 必ず、みなさんの期待に応えて、県会の議席を取らなければと一層決意を強めた昨日でした。市議団のみなさん、西区のみなさん、本当にありがとう!!!

P1020035

Dscf0644

2015年3月10日 (火)

本会議で予算組み替え動議を提出   党名古屋市議団

本日の本会議では、予算組み替え動議を提案しました。それに先立ち、日本共産党名古屋市議団は、予算案の組み替え案を河村市長に提出しました。

予算組み替え案は、格差拡大させるばかりの河村市民税5%減税は中止し、116億円の財源を確保します。新たな税金の浪費につながる、リニアを見据えたまちづくり推進、SLの運行、アジア最大級とする大規模展示場の整備調査などをやめることで16億円の一般財源をつくります。

それらの財源を使うことで、「小学校給食の無料化」、「子ども医療費助成の18歳までの拡大」、「私立高等学校授業料補助単価の引き上げ」、「奨学金返還支援制度の創設」などで、教育・子育て支援を充実します。

「70歳から74歳までの医療費負担を2割から1割に引き下げ」、「国民健康保険料の特別軽減を対象世帯17万5800世帯に適用」、「肺炎球菌ワクチンの自己負担を半額」にして、医療・福祉を充実させます。

「マンションへの支援を含め住宅リフォーム助成を創設」で、中小企業の仕事おこしを進めます。被爆70年の今年、非核平和を発信する名古屋市として、「原爆ポスター展を全行政区で実施」します。残った6億円を震災対策事業基金に積み立てます。

また、市民に負担を強いる介護保険料の値上げをやめ、公立保育所の民間移管は中止します。

P1020033

2015年3月 9日 (月)

後期高齢者の保険料軽減特例の継続求める請願・愛知県議会誰も紹介議員ならず

2月9日開催の愛知県後期高齢者医療広域連合議会では、初めてとなる「意見書(後期高齢者の保険料軽減特例の継続を求める意見書)」が可決され、活気的でした。

これは、国において、「後期高齢者の保険料軽減特例(予算措置)の見直し」が盛り込まれたが、その中で、保険料軽減特例については「段階的に縮小」し、「平成29年度から原則的に本則に戻す」ことが示されました。

今回の保険料軽減特例の見直しは、低所得者における保険料負担の大幅な増加につながるものであり、年金の段階的引き下げや消費税増税などによる生活必需品の値上がりなどにより、後期高齢者を取り巻く環境が極めて厳しい状況であることを考えると、安心して医療を受けてもらうためには、保険料軽減特例を継続することが必要であると、負担増を押し付ける国の制度改悪を前にして、「国においては、後期高齢者の保険料軽減特例の見直しを行わず、国による財源確保のうえ、恒久的な制度となるよう求める」ものです。

広域連合議会では、初めての意見書の内容は、愛知県社会保障推進協議会・全日本年金者組合愛知県本部から出された、「保険料軽減特例を継続することを求める意見書を国に提出することを求める請願書」と同じ内容であり、私たち日本共産党選出の議員も評価にあたいするものと賛成しました。

意見書の採択を受けて、請願は「みなし採択」となったところです。

ところが、本日、年金者組合のみなさんから伺ったことは、「愛知県議会としても、国に意見書を提出してください」と後期高齢者医療広域連合議会の意見書と同じ内容の請願を提出したが、誰一人も紹介議員になってくださる議員がいなくて陳情あつかいになったそうです。

年金者の方々からは、「折角素晴らしい意見書を可決してもらったので、当然、愛知県議会としても意見書を出してもらいたいと思ったがやはりだめでした。残念です。これでは絶対日本共産党の議員を県会に送り出さなければ」と期待と激励をいただきました。

本当に県議会はどうなっているのでしょうか?。後期高齢者連合議会には愛知県議が入っていないことから、愛知県に対しても意見書の提出を求めたものですが、これでは県民の声が届きません。私は、みなさんのお話しをうかがって、一層、県議会に日本共産党の議員が絶対必要だと改めて痛感しました。がんばるのみです!!

党の風ふかせと元気いっぱいに宣伝

 2月22日のいっせい宣伝に引き続き、昨日、7隊のハンドマイク隊で70ヶ所の宣伝を行いました。

 前回は私の地元中学校区でしたが、今回は青木ともこさんの中学校区。

30人参加、7隊で70箇所で訴えました。

道行く人や車からも「がんばれよ~」と声援が!

 また、商店のご主人は「消費税が上がって、年金は下げられ、本当に大変ですよ。共産党にはがんばってほしい。県会は必ずとってね」と激励されました。

この日は国際女性デーということもあって、「日本のジェンダー指数は世界でも遅れています。県会市会とも女性でがんばります」と訴えました。

Dscf0614
 わしの=ピンク、青木=ブルーのヤッケも新調して出発前勢ぞろいの参加者(一部)

次回は告示前ラストサンデーの3月29日午前に、このようないっせい宣伝を行い、県会はわしの、市会は青木と有権者に訴えます。


2015年3月 2日 (月)

県議の海外視察旅行 税金を使った観光旅行となっている海外視察は廃止すべき!

今全国の自治体で政務活動費の不透明な使途が問題になっています。

また、任期中1回の海外視察(実際は海外旅行となっている)に多くの県議が参加しています。

日本共産党は、税金を使った観光旅行となっている海外視察は廃止します。

添付資料は08年~10年の愛知県議会の海外視察旅行の参加県議の一覧表です。

Kaigaisisatukenngi

県営住宅の維持修繕費 前年度から6億円増 県議候補の活動実る!

愛知県の新年度予算案が発表されました。

 日本共産党愛知県議候補6人が昨年11月12日に愛知県に対して、「県営住宅の修繕促進や入居募集枠の拡大」を求めていましたが、維持修繕費が前年比6億円増になりました。

Kennei_2
県営住宅の半数は老朽化でボロボロ。
 「手すりがさびて布団が干せない」「トイレの壁のはがれやカビがひどい」など、37団地491件の声をまとめて申し入れを行なったものです。

 早速住民から喜びの声が届けられました。西区には県営住宅はありませんが、県下全域の要望を更に実現できるようがんばる決意です。

誰もが気軽にスポーツを楽しむことのできる社会に 西区ジョギング・ウオーキング大会会場前で訴え

 昨日、大変な雨の中、第29回西区ジョギング・ウオーキング大会が庄内緑地公園で開かれました。

 私は青木ともこさん(市会予定候補)、西区後援会の皆さんたち10人と、会場入り口付近で宣伝を行いました。

 雨にも負けず、小さい子ども連れの家族や、高齢の家族などスポーツを愛する多くの区民の参加者で成功しました。

 私は、平和でこそ、こうしてスポーツを楽しむことができることなど共産党の政策を訴えました。

Dscf0554

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »