« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年12月

2014年12月30日 (火)

越冬支援活動を激励に  物資を届けに若宮公園へ

 今夕、青木ともこさんや事務所スタッフと一緒に若宮高架下の会場で行なわれているホームレス支援活動の激励に出かけてきました。

 この活動は、ボランテイア団体など16団体で作る名古屋越冬実行委員会が主催。
 官庁がしまる28日夜から1月4日まで炊き出しや、生活・健康相談、散髪、夜回りで野宿者の安否確認などに取り組んでいるということです。

 読者から寄せていただいたお米や、後援会員のTさんの畑でいっしょに抜いてきた大根やにんじんなどの野菜、果物などを届け、支援活動をしている人と、懇談しました。

 ある支援者は、「共産党に期待している。がんばってほしい」と声をかけてくれました。

誰もが安心して暮らせる社会にしたいです。

Dscn8303
          支援団体の受付で懇談しました。

2014年12月25日 (木)

全県いっせい宣伝 区内7ヶ所で総選挙の報告と、来年の決意

25日(木)と26日(金)は、全県いっせい宣伝日。

私と青木ともこさんは、区内7ヶ所で、総選挙での躍進の報告をしました。

 来年2月投票の知事選挙で小松たみこさんを押し上げよう、そして、4月の県会・市会選挙では、私わしの恵子と青木ともこさんへの応援をよろしくと訴えました。

 午前中のキクイストア前では、押切や那古野地域の皆さんが多数参加。合計10人で、買い物客や通行される方々に、県知事選挙のビラや、愛知民報などを手渡しました。ビラを受け取ってくださった方は、みなさん、にこにことし、「選挙よかったね」と言ってくださいました。

Dscn8294

2014年12月23日 (火)

年末年始援護対策について健康福祉局長と懇談

日本共産党市議団は、ホームレスの方や日雇い労働者などを対象とした年末年始援護事業について、健康福祉局長に本年度の対策について伺いました。

今年で38回目となった年末年始援護事業、先週の18・19日、今週の22(月)・25(木)・26(金)に、区役所民生子ども課、支所区民福祉課で事前相談を実施。

29日(月)には、中村区役所で朝8時30分から午後2時まで臨時相談所を設けます。臨時相談所では、無料宿泊所への入所や、施設への入所、医療機関の受診及び入院、帰郷のための旅費支給などの援護が行われます。

無料宿泊所(港区船見町46番地、旧船見寮)は、29日から1月5日まで開設され、今年は150人を予定しています。

年末年始に資力がなく泊まるところがない人で働く意思と能力がある人(ない人は施設が病院などを紹介する)が対象で、結核検診や健康相談、食事も提供されます。

2001年には最高の733人が宿泊、2008年のリーマンショックには394人が宿泊しましたが、その後年々減少し、昨年は93人が利用し、最年少は23歳とお聞きしました。

年末年始援護事業に携わる市職員の皆様に敬意を表するものですが、寒さがいっそう厳しくなるなか大切な援護事業だと思います。安心して年末年始が迎えられるよう、必要な方にはぜひ相談にいくようおすすめください。

P1010714

2014年12月22日 (月)

小松たみこさんといっしょに県政を変えよう!

 昨日21日は、革新県政の会の宣伝カー「革新号」が西区に入り、浄心とミユキモール、ヨシヅヤの3ヶ所で訴えました。

 浄心では先の総選挙で奮闘した大野ひろみつさんも参加し、「総選挙で大躍進した日本共産党が推薦する小松たみこさんです。安倍暴走ストップ、県民の声が生きる県政へと、転換しましょう。」と力強い訴えをしました。

 私は、「全国でトップの経済力を持ちながら、設楽ダムやリニア新幹線などへ莫大な税金を使う一方、教育費や民生費は全国最低レベル。特に高校進学率は少子化で子どもが減っているのに定員を減らして93%に押さえ、これもまた全国最低です。福祉や医療の専門家である小松たみこさんを知事に押し上げ、県民の命が守られる県政にしよう」と、訴えました。

 西区後援会員らが多数参加し、ドラムやタンバリンでアピール!した宣伝でした。

知事選挙は来年1月15日告示、2月1日投票日です。

 革新県政の会に加盟するすべての団体や労働組合、そして、日本共産党が力を合わせてたたかっていきましょう!。

Dscn8275

2014年12月21日 (日)

衆議院総選挙で日本共産党21議席に大躍進

14日投開票の衆議院総選挙で日本共産党は8議席から21議席に躍進し、念願の議案提案権を確保しました。

比例東海ブロックでは約61万票でもとむら伸子さん、しまづ幸弘さんの2議席を獲得、議席を倍増しました。日本共産党の比例得票は全国で606万1673票(11%)、これは2年前の総選挙の368万票(6%)からプラス238万票です。西区でも2012年の3735票(6.05%)から6187票(11.06%)に前進しました。

小選挙区と比例の重複の大野ひろみつ候補も西区で5675票(10.20%)と大奮闘しました。

マスコミでは自民党の圧勝との報道が飛び交っていますが、自民党は改選前から4議席後退しています。小選挙区制度のマジックと合わせて、自・公協力で公明党の議席を加えて現状維持です。

総選挙後、市議会では他党議員から、「共産党は大躍進だね。この分では県議会にもっと候補者を立てないかんね」など、共産党の躍進ぶりが話題となります。

P1010576

          初当選したもとむら伸子衆議院議員と党市議団

   河村たかし市長を訪問

衆院比例東海ブロックで初当選したもとむら伸子さんは17日、河村たかし名古屋市長を訪れ、当選のあいさつをしました。石山県書記長らと、党市議団全員が同行しました。

もとむらさんが国への要望を求めると、河村市長は「商売、生産を起こさないといかん」と持論を展開。もとむらさんは「中小企業を大事にすることは大切。減らされ続けている中小企業対策費を増額させます」と応えました。

河村市長は「共産党は政党助成金を受け取らないのがえらい」と評価する一方、「共産主義は私有財産を否定するのでは」と主張しました。もとむらさんは「社会化するのは生産手段だけで、逆に労働者を豊かにさせるのが共産主義です」と説明すると「そうかね」とびっくりした表情を見せました。

141219motomurasannsityouhoumonn

2014年12月17日 (水)

本日、リニア工事着工。JR東海本社前で抗議の宣伝行動

 本日、JR東海が品川と名古屋で、リニア新幹線工事の起工式を行なったことに対し、JR東海本社(名駅のツインタワー内)前で、「リニアを考える西区の会」のみなさんといっしょに抗議の宣伝行動を行ないました。

 先の総選挙候補者の大野ひろみつさん、青木ともこ西区くらし環境対策委員長も参加しました。

 「住民合意のないままの着工は許せない」「リニアより東海道新幹線の耐震化を」「リニア頼みの街づくりではなく、暮らし、福祉の充実を」と訴えました。
 寒風吹きすさぶ中でしたが、ビラも通行人の多くが受け取ってくれました。

 リニア名古屋駅では、新幹線や在来線の高架を支えながら掘削を行なうための準備工事に入ることになります。

 JR東海は、先の、各区で行なわれた「事業説明会」で、「各学区で説明会を行なう」と答弁していましたが、来年以降の予定であり、起工式を済ませた後の説明会開催に、沿線住民の中に怒りの声が広がっています。

Dscn8260

2014年12月16日 (火)

愛知に初の女性知事を!革新県政の会決起集会

 昨日、来年の1月15日告示、2月1日投票で行なわれる愛知県知事選挙予定候補の小松たみこさんの決起集会が行なわれました。

 小松さんは、労働組合や新婦人、愛商連、日本共産党、個人で構成される、愛知革新県政の会から無所属で立候補を予定、会場は医療・福祉などの労働組合関係者や、子育て中の若いお母さん達であふれ、熱い熱い集会となりました。

もとむら伸子さんは、「皆さんとともに勝ち取った21議席。今度は県知事選挙、私も全力でがんばります」と激励のあいさつをしました。

Dscn8241

最後は「小松・たみこ」コールで締めくくり!。

 

 小松さんは、愛知県社会保障推進協議会事務局長として、県民に冷たい大村県政に対して、子ども・障害者などの医療費無料制度を守る運動、看護師や医師不足対策など、これまでにも数々の運動の先頭に立ってきた人です。

 また、核兵器廃絶・平和を願って国際的にも活動する正義の人です。

 「県民のための県政に転換」「女性の視点で女性の願いを県政に」「憲法をいかし、平和で豊かな愛知」と奮闘してきた小松さんは、すぐに県民のために働くことができる人です。

 小松さんは集会の最後に、「総選挙で8議席から21議席に大躍進した日本共産党の応援をいただきとてもうれしい。県民の福祉・医療など充実させるため力いっぱい働かせてください」と、決意表明をしました。

Dscn8250

2014年12月15日 (月)

比例で8議席から21議席に大躍進 うれしい朝の宣伝

 昨日の総選挙の結果、日本共産党は、比例で20議席と沖縄選挙区で1議席の合計21議席を獲得し、議案提案権も得て、大躍進しました。

 東海ブロックでは、もとむら伸子さん、しまづ幸広さんを送り出すことができ、本当にうれしく思います。

 党と後援会はじめ、共産党に期待する多くのみなさんの「安倍暴走政治にストップ」の気持ちが投票に反映したことと考えます。

 いつも投票日の翌日には報告宣伝をするのですが、久々にうれしい報告ができる宣伝で、とってもうれしい限りです。

 西区の後援会員、私や青木さんなど10人以上が参加してくださり、枇杷島のNさんが明け方に作成してくださったビラを配布しました。

Birayokujitu

 信号の向こうから手を振って「よかったなあ~。今度はわしのさんたちの番だ。がんばれよ」と大きな声援などが相次ぎました。

 さあ!2月1日投票の県知事選挙、そして、4月12日投票のいっせい地方選挙です。

総選挙の躍進を力に精一杯有権者に訴えがんばります。

Dscn8233

2014年12月13日 (土)

比例は日本共産党、選挙区は大野ひろみつ 最後の街頭からの訴え

今日13日は、最終日の街頭からの訴え。

朝の駅頭は上小田井駅からスタート。
15人が参加して、元気にメガホンやマイクで訴えました。「カメラいいですか」と大野さんをスマホでパチリする人も。「がんばってください。入れてきましたよ」という男性などすごくいい反応が相次ぎました。
午前中は区内6ヶ所で、街頭宣伝。

Dscn8211

 西区の最後は、浄心駅で、もとむら伸子さん、大野ひろみつさん、佐々木憲昭さん、そろって最後の訴え。

 もとむらさんは、憲法、平和、原発などについて共産党の政策を訴え、「何としても東海ブロックから2議席以上、3番目の大野さんもいっしょに国会へ」と必死の訴えでした。

通行人の方々も足を止めてじっと聞き入っていました。

最後は、ドラムやタンバリンなども入り混じり、「共産党」「共産党」「共産党」とコールが鳴り止みませんでした。

Dscn8222

「安倍暴走やめよ」の声は日ごとに大きくなっています。
「今まで他党に入れてきたが今度は共産党」の声が大きく広がっていますが、東海ブロックでは定数21で、2議席以上の目標にはまだまだ届いていないのが現状です。自民公明で300以上の議席を獲得させるわけにはいきません。

今日も、宣伝が終わってから必死に電話で支持を訴えています。
次の五つの転換で国民の声が生きる新しい政治をと、今日明日全力つくします。

●消費税10%増税ストップ!
●格差拡大のアベノミクス暴走ストップ
●海外で戦争する国にさせない。憲法9条に沿った外交戦略で平和と安定を築く。
●原発再稼働ストップ「原発ゼロの日本」を
●米軍の新基地建設ストップ。基地のない平和で豊かな沖縄を

2014年12月11日 (木)

いよいよ最終盤、雨の中で大野候補が必死の訴え

今朝は浄心駅からスタート。午前中、山田地域の工場街や市営団地などで訴えました。

あいにくの雨でしたが、大野候補はじめ、青木さんや西区後援会の皆さんとともに、雨にも負けずに8時まではメガホン宣伝で通勤客に訴えました。

Dscn8195

8時からは拡声器での宣伝。

最終盤とあって大野さんの訴えに力が入ります。

アベノミクスなど経済問題、ブラックバイトなど労働問題、幅広い問題で通勤客や高校生にも訴え、ビラをとる人も結構いました。

ある男性が近づいてきて「もう安倍さんはだめだね。自民党をやっつけてほしい」と。

そうです!有権者は怒っています。自民党の悪政正せるのは共産党だけです。

Dscn8197

2014年12月10日 (水)

共産党のマニフエストください

今日は大野カーの西区入り。

午後本会議があるので、1ヶ所枇杷島荘前だけ、大野さんと一緒に訴えることができました。

 大野候補の演説中、走りよってきた男性は「何で自民党が勝つのか、共産党がんばれ!」と激励されました。

 また、「政策パンフあります」という大野さんの訴えに住宅から出てきてくれた人も熱烈に応援しているといい、私の「周りの人に広げて」という訴えに、「コーヒーやさんや友達にも声かけるよ」と支持を約束してくれました。

本当に訴えれば訴えるほど支持が広がっています。

あと3日、訴えに訴え、何としてもという思いでいっぱいです。

Dscn8181
Dscn8191



2014年12月 8日 (月)

「消費税増税ストップは *日本共産党!」「原発再稼働許さないのは *日本共産党」などメガホン宣伝

今朝は、東海ブロックいっせい駅頭メガホン宣伝。

私や青木ともこさんは庄内通駅に参加しました。

 冷え込む朝、通勤を急ぐサラリーマンたちに「ブラック企業規制スタート」の見出しのビラを配布しました。

 選挙法により、期間中は宣伝カー以外は拡声器による音の宣伝は規制されますので、メガホン宣伝しかできません。

 声をそろえて、「消費税増税中止は 日本共産党」

          「原発即時廃止は 日本共産党」

          「ブラック企業の規制をさせる 日本共産党」

          「原発即時廃止は 日本共産党」

          「沖縄の基地撤去は 日本共産党」」

など、30分間、声をからし訴え続けました。

Dscn8176
 男性は、「新聞では自公が300議席とると書いてある。もう仕方ないのではないか」というので、「共産党をのばすことが、消費税増税ストップの力になるのですよ。比例は共産党とよろしくね」と話すと、「わかったよ」と、ビラを受け取ってくれました。

今、対話がとても大切です。あと一週間。宣伝や電話かけにも全力つくしましょう!

消費税増税への怒り大きく、「もう共産党しかない」とお店から大きな期待が次々と

14日投票の総選挙でのラストサンデー。大野カーや比例カーなどで西区内を終日回り共産党の政策など訴えました。

昼からは、円頓寺商店街で20人で練り歩きました。

 お店のみなさんやお買い物客のみなさんと「消費税増税は先送りではなくただちに中止を」と対話。

どのお店でも「消費税上げられたらもうお店をやっていけない。」と増税への怒りが切々と語られました。

この怒りを、「比例は日本共産党へ、選挙区は大野ひろみつさんへと支持を広げてほしい」という訴えに「本当にそうだね。共産党さんには期待していますよ」期待の声が次々と聞かれました。

Dscn8169

Dscn8152
Dscn8163
Dscn8165_2
Dscn8167

2014年12月 7日 (日)

会場いっぱい!大野ひろみつ個人演説会

 6日(土)午後5時半からという忙しい時間にもかかわらず、そして、今冬初雪が降った冷え込みが厳しい中、大野ひろみつさんの演説会場は、熱気あふれるものとなりました。

小松民子さん(愛知県社会保障推進協議会事務局長)、佐々木憲昭前衆議議員が応援に駆けつけていただけました。

小松さんは、県政革新に向けて、この総選挙ご一緒にがんばろうと呼びかけました。

 私は、「市政アンケートでは生活が苦しくなったという人が2年前と比べて増えている。こんなときに消費税増税は許せない。名古屋ではリニア頼みのまちづくりを推進するのではなく、市民の暮らし一番の市政へ転換するため、今行なわれている政治戦でいい結果を出すため奮闘したい」と決意を述べました。

 佐々木さんは衆議院議員6期18年がんばり、勇退されました。
 「ムネオハウス」を追及したときのことを振り返り、「政治とカネ」の問題が政治をゆがめている。政党助成金も企業献金も受け取っていない唯一の政党が日本共産党。今度の選挙で、ぜひ東海ブロックから3議席を獲得し、大野さんを国会へ送ろう!」と大きな激励!

 大野ひろみつさんは、「情勢は激変している。共産党への期待は広がっている。」と語り、「原発問題に学生時代から取り組んできて、三重県の芦浜原発を建設をさせなかったたたかい、中電に何十回も申し入れに行き浜岡原発1・2号機を廃炉にさせたたたかいなど住民と協力してきた。福島に全国の原発の技術者をすべて集め、福島原発対策をたてる仕事をさせてほしい」と熱く訴えました。

そして、「今度は比例は共産党」を広く訴え、東海ブロックで3議席目として国会で働かせてください」との訴えに、会場から大きな拍手が沸き起こりました。

Dscn8113

Dscn8120

Dscn8123

2014年12月 3日 (水)

朝の駅頭メガホン宣伝。元気いっぱい「消費税増税はキッパリ中止の日本共産党で~す」

今朝は、浅間町駅でメガホン宣伝。公示後は、候補者カーや政党カーしか拡声器での宣伝が行なえませんので、朝や夕方メガホンで訴えています。

「消費税増税キッパリ中止の日本共産党で~す」

「原発なくす 日本共産党で~す」など声をそろえて元気いっぱいの宣伝でした。

「がんばってください」とサラリーマンの男性。女子高校生も「寒いですので、体に気をつけてがんばってください」など、あたたかいエールをいただきました。

141203megahonn

いよいよ総選挙。元気いっぱいの大野ひろみつさんの出発式。スタート!

 安倍自公政権の暴走ストップさせ、国民の声が届く新しい政治をつくる総選挙が昨日公示されました。14日が投票日です。

 この選挙は安倍暴走政治全体が問われている選挙であり、安倍暴走政治に正面から対決し、国民の立場に立つ対案を持って、政治を動かしている党が、日本共産党しかないことがいよいよ鮮明になっています。

 昨日10時から、1区の大野ひろみつさんの出発式が行なわれ、180名の参加者で元気にスタートしました。

 消費税増税、アベノミクス、集団的自衛権、原発、沖縄基地問題、どれをとってもいまや共産党しかありません。私も全力でがんばります。

Dscn2291

「障害者週間マラソンスピーチ」激励あいさつに

12月3日から~9日まできょうされん愛知支部主催の「障害者週間マラソンスピーチ」集会がお昼休みの12時から13時までの1時間、おこなわれています。

初日の本日、日本共産党市議団から岡田ゆきこ、山口清明議員と一緒に激励と連帯の挨拶に伺いました。

昨日から大変寒くなりましたが、障がい者団体のみなさんはじめ、多くの参加者は、県庁・市役所に向けて、障害者と家族、支援職員の実態と思いを訴えられました。

訴えの内容は、2006年4月から始まった、天下の悪法、障害者自立支援法は、障害者総合支援法と名前だけを変えて、障がいを自己責任・家族の責任・支える労働者の過重労働・低賃金の仕組みについて、一人でも多くの方々に、私達の実態と思いを知ってもらいたいというものです。

「障がいのある人も、ない人も、わけへだてのない社会を」つくるために、「国会請願署名・募金運動に38年間、毎年取り組み、来年5月に国会に提出を予定されています。

請願スローガンは「あたりまえに働き えらべるくらしを ~障害者権利条約を地域のすみずみに~」

私たち、日本共産党市議団も皆さんの運動に賛同するとともに、障がいのある人もない人もわけへだてなく安心して暮らせるように、皆さんとご一緒に力をあわせてがんばります。

今、戦われている総選挙では、一層弱い立場の人たちを苦しめる消費税増税は、先送りするのではなく、増税はきっぱり中止をさせるために頑張る決意です。

P1010565

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »