« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

2013年6月30日 (日)

ラストサタデー・ラストサンデー大いに街頭で訴えました

 4日公示の参議院選挙。
 公示前の最後の土日。区内を宣伝カーでまわり憲法・くらし・原発など日本共産党の参議院政策について訴えました。

 都議選で8議席から17議席に大躍進した後であり、宣伝カーで走っていると、タクシーの運転手さんからも激励が。
 また、スーパー前では見知らぬ女性から「今度は本当にがんばってもらわないと、私たちの生活をまもってください!」と懇願されたり、ビラの受け取りもほぼ100%、共産党への期待をひしひしと感じる元気の出る宣伝でした。

 私は訴えの中で「今憲法が本当に危ない。原発ゼロ社会をつくりたいと国民が思っているのに、安倍首相は、原発再稼働・新増設・輸出をしようとしている。アベノミクスで皆さんの暮らしは良くなりましたか?1割の大企業や大資産家だけが潤うような経済政策ではなく、庶民の懐を温め、社会保障が充実した日本にしましょう」と、心から訴えました。

Dscn6445

2013年6月29日 (土)

学校体育センター、子どもあんしん電話相談事業が「事業仕分け」の対象に

  2013年度の事業仕分けは16事業

          民間委託や経費削減ばかりが論点でいいのか

名古屋市は今年も「事業仕分け」を行います。昨日は、市議会の各常任委員会にて、「事業仕分け」の対象に上げられた事業について説明がありました。
 

 私の所属する教育子ども委員会では、学校体育センター・見晴台考古資料館(教育委員会)、子どもあんしん電話相談事業(子ども青少年局)が、仕分け対象とされたことに対し、議論が交わされました。

 この事業を仕分けの対象に選定したのは河村市長ですが、市総務局が示した「論点」を見ると、学校体育センターは、中学校のスポーツ開放等と重複している。見晴台考古資料館においては、発掘調査は市役所に。展示・教育普及事業は博物館で行えばいいのではないかと。

 子どもあんしん電話相談事業は、愛知県の小児救急電話相談事業と重複する。というものです。

 しかし、どの事業も、市民にとって大切な事業ばかり。たとえば、子どもあんしん電話相談事業は、市医師会に委託し、医師会館内で看護師さんにより、休日や夜間において子どもたちの、急な発熱等に対し、家族の不安に答えたり、救急医療病院を紹介したり、時には医師からも助言を行うこともできるものです。愛知県の事業と重複するといいますが、県の事業はコールセンター(東京)から一括で行っているもので、医師による助言はありません。このように、かけがえのない事業ばかりなのに、「仕分け」対象となったことに、委員会では批判が続出し、「取り下げてほしい」という意見も多数を占めました

 このように、河村市長の独りよがりで対象事業が選ばれ、市民生活に必要なものまで切り捨てようとする「事業仕分け」は、やめるべきです。

 

 

 

 

全ての電力会社は原発やめよ!MOX燃料買うな!原発売るな!とコール

 昨日は、1時間余りでしたが、毎週金曜日の関西電力東海支社前の原発ゼロアクションに参加できました。

 議会中で、なかなか時間がとれませんが、高浜原発再稼働に向けたMOX燃料が港に着いたという報道の後、そして、安倍首相が「日本の原発は安全だから買って頂戴」と、世界各国にセールスしている姿勢に強い憤りを覚え、参加しました。

福島県双葉町から避難している家族が切々と訴え!

 福島県双葉町から避難してきたという家族も参加。生まれたばかりの赤ちゃんを抱き、幼児をベビーカーに乗せての参加に胸が熱くなりました。

 そのお父さんは、「帰りたくても帰れない。帰ることができないのに子どもたちに故郷を見せたくて空家のために住宅ローンを払い続けているのです。私は原発は安全と信じていました。安全性をアピールする行動もしてきましたが、東京電力に騙され、強い憤りを覚えています。関西電力のみなさん!もう原発はいりません。子どもたちのためになくしてください」という切羽詰まった訴えに、大きな激励のドラムや、タンバリンなどのサウンドが夜空に響きました。!

 私は西区後援会の皆さんと一緒に、昨年6月から始まった関電前の行動にできる限り参加してきました。

 今度の選挙は原発ゼロが大きな争点。

 この日のおとうさんの願いが実現できるようにぜひ全力で頑張りたいと、思いました。

Dscn4864

2013年6月27日 (木)

井上さとし参議院議員が浄心駅で気迫の訴え。都議選の躍進を力にさあ!参議院選挙へ

 今朝、急きょでしたが、井上さとし参議院議員が浄心駅で、昨日閉会した国会報告をし、参議院選挙の政策とご支援を訴えました。

 西区後援会員ら21名参加し、都議選の躍進を確信に参議院選挙で勝とうという気迫がみなぎる元気いっぱいの宣伝行動でした。

 井上さとしさんは、「安倍首相の予算委員会への出席拒否は、憲法違反であり国民主権をないがしろにし、立憲主義を踏みにじる責任は極めて重大という問責決議案が可決されたこと。それによって、就学援助制度や各種社会保障制度などに連動する生活保護法の改悪を廃案にすることができたこと」など国会審議の内容を報告しました。

 そして、憲法改悪・原発推進・国民生活を置き去りにしたアベノミクス経済政策などを批判し、自民党と対決し、抜本的対案示す日本共産党の躍進をと訴えました。

 

通勤客らが次々ビラを受け取り、中には携帯のカメラで井上さんを撮影していくサラリーマンもいました。

 井上さとしさんを含む比例5議席絶対確保と、愛知選挙区のもとむら伸子さんの議席確保に向けて、私も皆さんと一緒に全力尽くします。

Dscn6418

Dscn6423


Dscn6425気迫の訴えの井上さとし参議院議員

その後、保育園前で、お母さんたちに子ども政策ビラを配布しました。

 短時間でしたが、保育園前宣伝を井上さんと一緒に行いました。

市民と日本共産党の運動で、子どもの医療費無料化や保育料値上げストップさせた内容を掲載したビラで、西区内全園で今週中に門前配布。子育て中の若い世代への大きなアピールを行っています。

Dscn6429

2013年6月26日 (水)

定例の朝宣伝。庄内緑地公園駅で訴えました。

 火曜日の駅宣伝は庄内緑地公園駅。
 地域の後援会のみなさんと青木朋子さんと訴えました。

 都議選の結果報告をして、引き続き参議院選挙でがんばりますと訴えました。サラリーマンが「よかったですね。頑張ってください」と声をかけてくださいました。

 今度の参議院選挙、憲法・くらし・原発、どの政策をとっても、まさに「自共対決」。各種週刊誌等でもそのように報道されています。

 愛知では定数3に対して8人以上が立候補の予定です。憲法守り、暮らしを守り、原発ゼロを掲げている議員がどうしても必要です。
 もとむら伸子さんは、島々を含め県内を駆け巡り訴えています。

 今度の参議院選挙、比例5議席以上、愛知選挙区で議席を全力尽くしたい。

Dscn6413_2

都議選の大躍進で生まれた条件を参議院選挙勝利へ  決起集会で訴えました。

 東京都議選では、8議席から17議席へ倍増させることができました。憲法・くらい・原発など、真に自民党と対決する日本共産党の政策が、広く都民の投票行動に表れ、自民党安倍政権、猪瀬知事に対決できるのは共産党へと信頼を得た結果だと思います。

 

 24日夜、「都議選大躍進を力に参議院選挙勝利へと総決起する意志統一を行う党と後援会の総決起集会」が、北西地区委員会主催で行われました。

 もとむら伸子さんが決意表明。もとむらさんはその中で「みんなでコールしましょう」と、「原発反対」「再稼働許すな」「子どもを守ろう」など元気よく気勢をあげ会場が一体に。

 大野地区委員長が「自分たちで切り開いてきた日本共産党躍進に自信と確信を持ち、参院選全力あげよう」と呼びかけました。

 私も、「議会中だけど、他党の議員からも『都議選よかったな』と言われた。今日の夕方浅間町で宣伝した時に、ある男性が『今まで共産党応援してきた。都議選よかったですね』と声をかけられた。この勢いで参議院選挙奮闘したい」と決意を表明しました。

Dscn6400

Dscn6411



2013年6月24日 (月)

喫茶店のモーニングで「集い」開催 政治談議に花が咲きました

枇杷島地域の後援会のTさんから、「いつも行く喫茶店で毎週日曜日にみんな集まっているからおいでよ」とのお誘いに、朝7時過ぎに、私と青木さんらとお伺いし、喫茶店でモーニングの集いをしていただきました。

 ご近所のみなさんばかりで顔見知りの方も多く、「アベノミクスの化けの皮がはがれた」『これからは自共対決だね」、原発など政治談議が次々出され、他のテーブルにいたお客さんとも対話ができ、新しい支持が広がりました。
 

 そして、「共産党は反対ばかりではなくて対案を示して」と。また、尖閣諸島問題や北方領土問題でも話を聞きたいと要望もありました。

Cid_e9634125593e44caadcd6532b10d016

2013年6月22日 (土)

年金者組合西支部第24回大会おめでとうございます。

年金者組合西支部の第24回大会が盛大に開かれ、私は、青木朋子さんといっしょに来賓あいさつをさせていただきました。

仲間を大切にし、「高齢者のいのちと暮らしを守る」は年金者組合の活動の原点です。「敬老パスは名古屋の宝」と街頭宣伝や署名に取り組み、国保料減免の集団申請を行い減免を勝ち取る運動、さらに後期高齢者医療制度の不服申請も行うなど活発な活動を行っている年金者組合のみなさんは、とても元気です。

私は、『日刊ゲンダイ』の6月21日付の「ジリジリ下がっている安倍内閣支持率」の記事を紹介し、「アベノミクスで景気はよくならない。日本共産党は、景気を良くするためには、賃金や年金を引き上げ家計を温めることを提案しています。もちろん消費税増税はキッパリ反対です。参議院選挙では、憲法守り、消費税増税ストップの日本共産党へご支援を」と訴えました。

また、市議会6月議会のなかで、河村市長も公約していた敬老パスについて、河村市長は「わしも11月に65歳になるので守りたい。タクシーでも使えるようにしたい」と答弁したことを報告し、秋には審議会の答申が出されるが、いっそうの運動をと呼びかけました。

Dscn4847

 

時おり強く降る雨の中、関電前アクションに元気に参加

 自民党が参院選公約に「原発再稼働ゆるさない」を明記し、高市早苗政調会長が「原発事故で死亡者はいない」と発言するなか、昨日の金曜日、全国各地で官邸前行動に呼応した「原発なくせ」「再稼働反対」の行動が取り組まれました。

時おり強く降る雨の中、「再稼働ありきの新基準は撤回を」、「原発すぐ止めよ」と100人余が元気にコール。
私は、3週間ぶりに参加し、青木朋子さん、西区後援会のみなさんと一緒にコール。雨の中お疲れ様でした。

Dscn6390

Dscn6391

 

2013年6月20日 (木)

上小田井駅の東に巨大パチンコ店が進出! 住民の心配はいかばかりか。市長は現地を見て!

  「住民は心配している。市長は現地に行くべき」と河村市長に要求

本日の市議会本会議で、私は、上小田井駅のすぐ東側のナゴヤセーレン跡地に巨大パチンコ店(店舗面積2000坪、駐車場1070台、パチンコ・スロット1500台)の出店計画について、住民の不安にこたえた対応を求め質問に立ちました。

 周辺には高層マンション群、小・中・高校、特別養護老人ホームも

 実は、この工場跡地には(株)カーマが出店を計画し、住民説明会も開かれていたのに、住民にとって、パチンコ店出店は、まさに「寝耳に水」というものです。

 高層マンションが立ち並び、子どもたちが山田小学校・中学校に通学し、跡地東側道路も通学路となっているが、幅員8mと歩道もなく、事故が心配です。私は、「通学路の安全をどう考えているのか。歩道は設置しないのか」とただしました。教育長は「PTAや地域の意見を聞いて対応」、緑政土木局長は「カラー舗装で安全を確保している」と答弁。

 風営法の規制のがれ=姑息な計画

 風営法では学校から100m以上の距離が必要です。そのため山田高校から100mに係る部分は、パチンコ店の敷地から外すという姑息な計画です。しかもこの部分もパチンコ店と一体のものが予定されています。

 交差点の渋滞で「大店立地法」はダメ、「風営法」では問題なし

 出入り口になる貴生町交差点は、狭くて渋滞が多く、当初予定の大型店が「大店立地法に触れる」と調整がつかず、風営法なら関係ないとパチンコ店に変更されました。交差点の危険性は、大型店でもパチンコ店でも同じ。
 私は、「学校や高齢者施設がある地域は、出店に対し厳しい条例をつくり、住民の安全・安心を守るべき」と要求しました。

 名古屋市に借りて欲しかった(地主)

 私は、地主企業の本社とも交渉し、「市で跡地を借り、公園などに使ってほしい。市の塩漬け土地と交換も」などの要望が会社からされたが受け入れられなかった実態を明らかにし、「住民の願うまちづくりを」と市長に求めました。市長は「よう話し合ってもらわないと。話し合いは精一杯応援させていただく」と答えました。

 私は、「応援するなら現地に行って住民の声を聞くべき」と強く求めました。

Img_4883

Img_4936


2013年6月18日 (火)

参議院選挙の躍進で、憲法改悪ストップ、原発ゼロに、TPP反対、社会保障の充実を

17日は東海ブロックいっせい宣伝日。浅間町で訴えました。

 安倍政権は、日本国内で安全性が高いと言っては原発を輸出すること、憲法96条を変え憲法9条や25条などすべての国民の基本的人権にかかわる条項を改悪しようとしていることなど、通勤客や地下鉄利用者に訴えました。しんぶん赤旗日曜版の見本紙や、ビラを手渡して対話。

 

 ある若い女性が「ソ連や中国の共産党と一緒なんですか」など話してきました。新聞やビラで説明すると、「そうですか。良くわかりました。今度の選挙は共産党に入れます」と嬉しい返事が返ってきました。

 もっともっと宣伝を強め、共産党の政策を訴えます。

Dscn6320


6月議会本会議質問します。傍聴をお願いします。

 

 私は今開かれている6月議会本会議で次のように質問をします。ぜひ傍聴においで下さい。

6月20日(目)10:15頃から(午前の2人目)

質問項目  

 

大規模工場跡地への巨大パチンコ店出店について
 ①通学路の安全確保
 ②パチンコ店の出店規制と住民本位のまちづくり計画の策定

 
 

 

2013年6月17日 (月)

名古屋の中小企業の明日を考えるシンポジウム

 昨日、名古屋の中小企業の明日を考えるシンポジウムが開かれ、私も参加しました。

もう何年も前になりますが、党市議団は、中小企業振興条例を策定するに当たって、職員が直接中小業者の実態調査を行った東京都墨田区を視察調査してまいりました。
墨田区の職員が、実際に中小業者のところに、足を運び、どんなことに困っているのか、業種ごとに計画をたてて調査をおこなったのです。詳細なデータをもち、どうしたら中小企業が発展できるのか、真剣に議論をして、墨田区の中小企業振興条例を策定したそうです。

わが市議団は、その様子をつぶさに聞いてきました。それ以来、私ども党市議団は、市長が変わるたびに繰り返し、本市でも、中小業者への職員による訪問調査を行うよう求め続けてきました。

とうとう、2月議会で「中小企業振興条例」が策定され、私は、代表質問で、河村たかし市長に対して、市の調査対象となっていない、3人以下の零細業者について職員の訪問調査を要求しましたが、市長は「いいことだ、早速行かせます!」とその場で約束しました。

しかし、6月補正予算案には、含まれている様子はありませんので、実践されるように、ひきつづき求めていかなければならないと考えます。

   シンポジウムの内容について

シンポジストの一人である、市民経済局産業労働課長の豊田英彰さんから、「名古屋市中小企業振興基本条例」の中身について報告があり、「主役は中小業者、市はあとおし・サポートをします。市としてもきめ細かい仕組み・施策をもっているので気軽に活用してください」と発言されました。

市の条例検討委員会委員を務めた(株)加藤設計代表取締役の加藤昌之さんからは、検討委員会の様子について報告があり、「中小企業の皆さんが誇りを持って事業活動にとりくむことができるように」と、条例の前文に掲げられていることを評価しながら、その条例を実施するための部会をつくることが大切だと提起がありました。

名城大学経済学部教授の井内尚樹さんからは、中小企業振興基本条例の実践的な視点から中小企業と地域経済の活性化の展望が語られました。

名古屋北部民商婦人部の定期総会に参加しました。

 昨日、名古屋北部民商婦人部の第2回定期総会に、青木朋子さんといっしょに参加し、来賓あいさつをさせていただきました。

 私は、婦人部のみなさんが、商売に、婦人部活動にと活躍しておられることに心から敬意を感じています。

 それは、長引く不況のなかでも、婦人部のみなさんは、、地域に根を張って営業する中小業者として誇りを持って活動されているからです。また、消費税増税反対署名や、平和をまもる運動、原発いらない運動の先頭にたって活動されています。

 そんなみなさんの日頃の活躍に敬意を表しながら、私は、「アベノミクスでは景気はよくなるどころか、国民に苦しみを押し付けるだけ。民商婦人部のみなさんの願い実現させるためには、来るべき参議院選挙では、憲法を守り、消費税増税ストップ、原発即時ゼロを目指し、自民党政治と対決してがんばる日本共産党を是非とも勝たせてください!」と訴えさせていただきました。

 

Dscn4846

2013年6月10日 (月)

「核兵器廃絶を」と、弁天祭りで署名宣伝

 毎年6月9日と10日は、浄心近くにある神社の天王まつり。今年も弁天通り商店街を中心に多くの屋台が軒を並べ、家族連れや若者が楽しむ祭りで区内外から多くの参加者でにぎわいました。

 西区で毎月実施している9の日宣伝に合う9日ですので、私たち西区原水協のメンバー11人で「核兵器廃絶署名」に取り組みました。1時間で90筆を寄せていただきました。

 若い人や、戦争を体験した年代の家族連れなどが呼び掛けにこたえて署名し「広島・長崎の悲劇は繰り返さないで。そして福島も」と、心をこめた署名に嬉しくなりました。
 「必ずみなさんの署名を国連に届けます」というとにっこりと、「お願いしますね」。

 署名行動に参加したメンバーは、朝から平和行進、夕方も署名と、暑い中大変でしたが、核兵器・原発ゼロへ、憲法守れの大きな声を広げていきましょう。

Dscn6256_2

Dscn6251





2013年6月 9日 (日)

国民平和行進の市内集中行進 核兵器廃絶を!原発はゼロに!ノーモア被爆者!

今日9日は、平和行進の名古屋市内集中行進日。

 5月6日に東京夢の島第5福竜丸展示館前をスタートした平和行進は、5月31日に静岡~愛知に引き継がれ、6月11日に岐阜県に引き継がれます。
 そして、8月6日のヒロシマまで、梅雨の日も炎天下も歩きとおして「核兵器廃絶、原発ゼロ」の思いを届ける最中です。

 9日朝浄心で出発集会が行われた後、西区の行進団は、弁天通り~城西を通り、押切~中村区の西柳公園まであるきました。そのあと、ピースアクションが行われる若宮公園まで歩く人も多かったようです。

 私は所用で途中までしか歩けませんでしたが、途中、長崎で被爆した女性が、「なくなった夫の分まで歩きます。もう80歳で体が悪いので少しで申し訳ない」と、涙ぐみながら歩く姿に感動したという感想が寄せられました。

 核兵器廃絶!原発ゼロ!ノーモア被爆者の声をさらに大きくしていきましょう!

Dscn6231Dscn6235 平和行進団と市民行進団の合同の出発集会であいさつしました。市民行進団にはしょうがい者の皆さんの姿も!

Dscn6240

大野木学区連絡協議会で、市政報告

山田地域の大野木学区は、学区連絡協議会の会合日に合わせて、会議開始前の時間をとって区内のすべての市会議員の市政報告会を実施しています。

 8日は、私の報告日ということで、市政について報告させていただきました。

 河村市政2期目の初めての6月議会は、河村市長肝いりの施策が提案されます。天守閣の木造復元や金シャチ横丁、SLの定期運行などについて、また、待機児童対策といいつつ賃貸型保育所やグループ型家庭保育室を提案するが、今年4月には280名もの待機児童があったことを考えるならば、公立保育園の廃止はすべきではないことなどをお話しさせていただきました。また、敬老パスについて、市が行ったアンケート調査の結果、経済効果は316億円にも及ぶことなど、敬老パスをみんなで守りましょうと訴えました。

 またここ数年来、介護保険料や国保料などが大幅に値上げされ、高齢者の税金や社会保障費などの支出が6倍にも増えているという「高齢者の負担増」のグラフを掲げて説明すると、みなさん真剣な顔でパネルを見ながら聞いてくださいました。

  やっぱり天守閣の木造復元よりも介護や医療の充実が皆さんの願いではないでしょうか。市民の声が届く市政実現めざしてがんばります。

 参加された40名以上のみなさん、真剣に資料を見ながら聞いて下さいました。

 学区のこういった取り組みはとてもいいことですね。

Dscn6228

旧西区役所跡地は市民のために使って!

 8日午後、「旧西区役所跡地利用を考える住民懇談会」を開催しました。

 西区役所が現在の場所に移転して3年半。
 私の事務所のすぐ北にある旧西区役所は、そのままの状態で、敷地内には草が生え、野良ネコも出入りしているようで、「市民の財産である土地や建物を市民本位の施設にしてほしい」というこえが出されていました。


 今年3月事務所でアンケートを実施したところ、返信50人ほどのうち、ほとんどは、高齢者施設や子どもの施設、多目的施設など市民のために使ってほしいという回答でした。

 懇談会でもそうした意見が多数を占めました。

参加者一同で、「市民の財産である跡地を市民が要望する施設にしてほしい。売却はやめて!」の要望署名に取り組むことにしました。「考える会」などの団体の立ち上げも検討することにしました。

 署名ができましたらご協力よろしくお願いします。

Dscn6224

 

2013年6月 7日 (金)

市政懇談会を開催しました。 日本共産党市議団

 昨日、日本共産党名古屋市議団は市政懇談会を開催しました。

河村市政2期目の最初の議会が6月14日から始まりますが、参議院選挙目前の議会となります。そこで、わたしたち市議団は、安倍政権の暴走と破たんから市民を守る防波堤の役割を果たせるようにがんばります。

田口一登議員から、「6月議会について」、山口清明議員が「敬老パスについて」報告しました。

会場からは、「敬老パス存続署名の反響がすごい。継続・充実させるために運動を広げたい」、「天守閣の木造復元やSL運行よりも保育園をもっと増やして」、「国保料の通知が届き、知り合いが『保険料が2倍になった。どういうことだ』と怒っていた」などの意見・要望が寄せられました。

みなさんから頂いたご意見・ご要望を受け止めて、議会活動にがんばっていきます。ありがとうございました。

Cimg5276

2013年6月 6日 (木)

参議院選挙キャラバンスタート  区内5か所で訴えました

 7月実施の参議院選挙。

今日から、全県キャラバンが始まり、西区が初日スタート。

後援会の青木朋子さんと一緒に宣伝カーにのり、団地やスーパー前で訴えました。
 スーパー前では年配の男性が「共産党はがんばっているが伸びない。名前を変えたらどうか」と話しかけてきました。
 私は、赤旗日曜版の6月2日号を示しながら、古賀誠元自民党幹事長の「憲法96条を変えたらいかん。戦争には絶対反対だ」の記事を紹介、日本共産党について対話しました。そして「日本共産党を大好きになってくださいね」と言ったら、にっこり笑って「応援するよ!」と、答えてくださいました。

 また、宣伝ポイントで実施した放射線量の計測に高い関心が集まりました。今日のどの地点も自然界にある放射線量の範囲内で心配のない数字でした。

 参議院選挙の公示まであとわずか、

 経済、外交、原発、TPP、社会保障など、どの問題でも、国民の立場で政治を行えるのは共産党だけです。
 14日から市議会6月定例会が始まりますが、参議院選挙目前の議会となります。そこで、日本共産党市議団は、安倍政権の暴走と破たんから市民を守る防波堤の役割を果たせるように、元気いっぱいがんばります。

Dscn6216

 

2013年6月 4日 (火)

朝の宣伝でアベノミ苦スと、憲法96条改憲大反対の古賀(元自民党幹事長)さんの記事を紹介

 今朝は浅間町の定例宣伝。那古野と押切後援会の皆さんと一緒に通勤客や通学の皆さんに訴えました。

 赤旗日曜版6月2日号の宣伝紙をお配りしながら、アベノミクスの危険性、また、古賀誠元自民党幹事長が「憲法96条改憲は大反対」と日曜版に登場したことを一般新聞やスポーツ紙が紹介していることも訴え、憲法96条を変え9条改憲に突き進む自民党の危険性を訴えました。

 後援会の青木朋子さんからは、6月2日、全国から65000人が集まり、東京で開催された「6・2 NO NUKES DEY」に参加したことを報告しました。収束されていない福島第一原発事故、さらに中東や南米に原発を売り込む安倍政権に激しい怒りの集会だったことなど話していただきました。

憲法と原発が7月の参議院選挙の大争点。何としても比例で5議席、愛知からはもとむら伸子さんをと訴えました。

 ビラを受け取ったある男性からは、「いつも宣伝聞いていますよ。もとむらさん、3番目でいいから(愛知は定数3)絶対当選してほしい」と激励していただきました。

また、若い女性は、「憲法が危ないですね。今まで小沢さんに投票していたが今度は応援します。良く読ませていただきます」とビラを受け取ってくださいました。

Dscn4814

平和行進(基幹行進)が名古屋市から清須市へ。押切交差点で歓迎のセレモニー

 8月6日ヒロシマへ向けて全国で網の目のように行われている平和行進ですが、東京夢の島を出発した基幹行進が今日、名古屋市から清須市へ引き継がれます。

 市役所を出発した行進団が私の事務所近くの押切交差点を9時ごろ通るということで、歓迎・激励をしました。この地点から清須市へ行進する西区の人も何人かが集まりました。

 私は残念ながら、すぐに市役所へ向かわなければならないので歩くことはできませんでしたが、『元気で行進してくださいね!」と、激励、塩飴を差し入れました。

核兵器廃絶を!即時原発ゼロを!

Dscn4816

Dscn4819

2013年6月 3日 (月)

市営住宅駐車場料金は値上げしないで! 公住協のみなさんが河村市長に要望

名古屋市は、名古屋市営住宅等駐車場使用料検討委員会の提言を受けて、市営住宅の駐車場使用料を最大で、現行の1.5倍に及ぶ大幅値上げを準備しています。

値上げの理由として、「市営住宅の駐車場使用料と近隣の賃貸住宅駐車場料金との格差是正にある」としています。

しかし、市営住宅は、低所得者に低廉な家賃で健康で文化的な住宅を供給するという公営住宅法の精神から考えて、近傍の賃貸マンション並みの料金にすることは到底理解も納得もできません。

そこで、本日、河村たかし市長に対して、名古屋市公営住宅協議会の役員のみなさんは、「名古屋市市営住宅等の駐車場使用料値上げを直ちに中止してください」と、8796筆の署名を提出して、強く要望しました。私たち共産党市議団も同席しました。西区のみなさんからいただいた署名もお届けしました。

河村市長は、「市営住宅の家賃は安いのだろう、そのうえ駐車場の料金まで安くてはな・・・」と。しかし、市営住宅の入居者は高齢化が進んでいて、50%超えるところもある。高齢者にとって、車はお医者さんに行ったり、買い物をするために必需品となっていること。また、収入も低く第1分位の方が70%も占めており、今でも生活が困難なのに、駐車場料金の値上げが行われたら大変。市長さんは、市営住宅に入居している人たちの実態をみてほしいなどの訴えに、市長は、皆さんからの要望を腕組みをしながら聞き、「そうだな・・・実態は見ないかんな」と応えました。

公住協の方は、昭和57年に創立してから、さまざまの運動に取り組んできたが、こんなに短期間に8796名もの署名が集まったのは初めてです。「駐車場料金の値上げをストップしてほしい」という皆さんの願いをひしひしと感じるといわれました。

130603tyuuysajyou_syomei

P1000334

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »