« ささしま交差点からささしまライブ24地区をつなぐ巨大地下通路? | トップページ | 決算審議では、他会派からも「消防力の充実」をめざす声上がりました。 »

2012年10月 8日 (月)

原発いらんがね」と2時間のデモ

 7日午後市内白川公園で、「原発いらんがね。秋の大行進」が行われ、3000人が参加しました。

主催は毎週金曜日の関西電力東海支社前で再稼働への抗議行動を行っているメンバー中心の「TEAM 原発いらんがねNAGOYA」です。

 西区からも25人ほどが、この日のテーマカラーのグリーンの布を思い思いに体につけました。いつもの「原発ゼロに 放射能から子どもを守ろう」の黄色の横断幕や、昨年作成したヒマワリの寄せ書きタペストリーなどを持ちながら元気よく行進。大野ひろみつさんも西区のグループに参加されました。

 1時からの集会ではレゲエの演奏や、原発ゼロの思いを伝えるトークなど舞台も充実。

 また、この集会の賛同者に名前を寄せた国会議員や地方議員の名前が読み上げられました。佐々木憲昭衆議院議員や私も賛同者です。代表して日本共産党井上哲士参議院議員が「皆さんと一緒に声をあげましょう」と激励。みどりの風の谷岡郁子参議院議員も挨拶。実行委員会は「超党派の取り組みということで、画期的なデモ」と語っています。

 デモ行進は2時出発、ドラムなどサウンド演奏が凄く、デモを盛り上げました。

 それにしても白川公園~大須門前町~裏門前町~矢場町~栄~伏見~白川公園のコースは延々と続き、2時間!、みんな頑張って歩きとおしました。名古屋の繁華街ということで、どこも若者がいっぱい!。「ご一緒に歩きましょう!」。私たちのコールは届いたと思っています。

 私たちの隊列周辺でコールを担当してくれた、足に障害がいを持った男性は、ご自分が不自由にもかかわらず、高齢の女性参加者に「大丈夫ですか?もうすぐですよ」と激励されている姿を見て涙が出そうになりました。彼は、関電東海支社前でも「原発イヤイヤ。原発ポイポイ」とコールを続ける人です。

 集会やデモを準備された実行委員のみなさん、本当にお疲れ様でした。

 原発なくすまで声を上げ続けましょう!

Dscn4660      井上哲士参議院議議員が挨拶

 Dscn4664       トラックの上でレゲエ演奏の知多半島のグループ「原発なくせ!」と

Dscn4668       デモ行進に出発する直前です。

« ささしま交差点からささしまライブ24地区をつなぐ巨大地下通路? | トップページ | 決算審議では、他会派からも「消防力の充実」をめざす声上がりました。 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事