2018年12月 9日 (日)

安倍改憲NO!1区市民集会と街頭宣伝

 昨日の12月8日は77年前の太平洋戦争開戦の日。

 西区、北区、東区、中区の市民アクションは、「二度と戦争を起させない!」と共同で、学習会と街頭宣伝を行いました。

 学習会は、90人以上が参加しました。講師の本秀紀(名古屋大学教授)は、安倍首相の改憲の執念は軽視できないが、恐れる必要は無いことを強調。また、安倍政権が明文改憲と解釈改憲の「二刀流」で、戦争をする国づくりをすすめていることから、運動の側も明文改憲を許さないたたかいとともに、自衛隊の空母の保有や外国軍との演習をさせない「二刀流」のたたかいが必要だと強調しました。

Img_11962

 各種の資料を示しながら熱のこもった講演に、参加者は、ページをめくりながら熱心に耳を傾けました。

 行政区からも発言が行なわれ、改憲ストップの草の根のたたかいを交流しました。

 西区からは、西区市民アクション代表の平井宏和弁護士がこれまでの運動や今後の運動について報告しました。

Img_12052

 学習会後の栄・丸栄スカイル前の宣伝行動には50名以上が参加。

 井上さとし参議院議員も駆けつけました。
 井上議員は明け方4時まで行なわれた参院本会議で、「改正入管法」が自民・公明・維新で強行採決された悔しさと怒りに声を震わせながら、異常な国会の状況を告発し、「市民と野党の共同の力で安倍政権を倒し、野党連合政権をつくろう」と訴えました。

Img_12162
20181282

 市民のみなさんも次々とマイクを握り、改憲阻止の思いを訴えました。

 栄の真ん中は、すっかり、クリスマス気分。大きな買い物袋を提げて通る若者たちに、憲法の大切さが少しでも伝わったでしょうか?

 数の力で、異常なまでの異次元の国会運営をする安倍首相を早く退陣に追い込みましょう!

 2月の愛知県知事選挙、4月の統一地方選挙、7月の参院選挙で市民と野党の共同の力を大きく広げることが求められています。私もその先頭にたってがんばる決意です。

2018年12月 8日 (土)

普通の人が普通に暮らせる県政を 革新県政の会決起集会

 4日、中区で行なわれた革新県政の会決起集会には、「県政を変えたい」という熱気の650人が参加しました。

 医療、福祉、教育、障がい者、業者、年金者など各分野から要求を持ち寄り自民党直結の大村県政への転換へ決意を固めあいました。

Img_11851

 私は、日本共産党を代表して、「沖縄の玉城デニー知事に続き、県民のための県政をつくろう!」と訴えました。

Img_11722

 新社会党のの石川つばさ副委員長は、「外国人労働者問題を解決する先頭にたってたたかってきたくれまつさんを必ず勝たせよう!」と挨拶されました。

 緑の党や市民代表が連帯あいさつしました。

 大きな拍手で迎えられたくれまつ佐一予定候補は、「普通の人が普通うに暮らせる県政を。愛知の技術力を発展させる県政を。平和で若者が大切にされる県政づくりに全力を挙げます」と強い決意表明を行いました。

Img_1191

 最後は参加者全員で、「団結ガンバロー!」

Zenntai22

なお、「革新号」が次のように西区入りします。

12月16日(日)10:15~10:35まで
貴生町交差点で、私と青木市議が訴えます。

10:00~住みよい西区をつくる会(西区革新県政の会)が3000万署名を同じ場所で行います。

ぜひご参加ください。

2018年12月 5日 (水)

大型開発優先ではなく、暮らしを守る県政を 2019年度予算要望を提出 

日本共産党愛知県議員団は、11月30日、愛知県大村知事に対し、2019年度愛知県予算編成について134項目の予算要望書を提出しました。

要望項目は、「全国最低水準の福祉から高水準の福祉施策へ転換」「豊かな成長を補償する保育の拡充」「35人以下学級の拡大など教育・文化・スポーツの充実」など13の柱です。

 

Dscn50782

 

国の悪政からの防波堤の役割を果たせ

 

わしの恵子、しもおく奈歩量県議は、安倍政権の社会保障削減などで県民は苦しい生活が続き、格差と貧困が深刻になっていると指摘し、福祉・暮らし・教育優先の県政を目指し、国の悪政からの防波堤」としての役割を果たすよう求めました。

 

また、高齢者や若者の厳しい生活実態を述べ、県立高校の危険ブロック塀撤去や、特別支援学校への空調設置の1年前倒しなどの前進がある一方で、学校トイレの洋式化や、県立高校への空調設置の遅れを指摘。若者支援や災害対策の強化、ヒバクシャ国際署名への賛同も求めました。

 

要望項目は各部局へ伝える・・・総務部次長が対応

 

中川喜仁総務部次長が応対し、「県財政が厳しい中、台風の被災者農家への支援の補正予算を組むなどしている。要望項目は、各部局へ伝える」と応じました。

 

要望後の記者会見では、要望の中味を説明し、党県議団が要求した「県立高校の危険ブロック塀撤去、台風による被災支援」などが実現したことを紹介しました。

 

Dscn51542

2018年11月27日 (火)

消費税キホンのキ!学ぶ 大門参院議員講演

共産党名古屋北西地区委員会は23日、大門美実紀史参院議員を迎え、「政治・経済キホンのキ!大門ゼミ~消費税編」を開催しました。

Img_11452

大門議員のユーモアあふれる講演に参加者一同「安倍政権退陣で増税中止を」の意思を固めあいました。

大門議員は、安倍首相が改憲に執念を燃やし、政治を私物化しているが、その背景には日本会議の役割を指摘。

日本経済について、「アベノミクスの『異次元の金融緩和』は大企業に空前の利益をもたらす一方、実質賃金は低下、社会保障の責任放棄で国民の暮らしは苦しくなるばかり」と強調。

消費税は「格差を広げ、国民と中小企業をいじめる。消費を委縮させ、景気回復にならない。増税だけで財政再建に成功した国はない」と述べ、「安倍政権を退陣させてこそ、消費税増税中止ができる」と呼びかけました。

参加者から「コンビニの店内食と持ち帰りで8%、10%と税が違う複数税率で混乱するのでは」 「大企業の内部留保を吐き出させる方法はあるのか」などの質問が出されました。

大門議員は「消費税軽減税率は公明党が選挙対策で言い出したもの。混乱回避は増税中止しかない」、「今の税体系では大企業の内部留保に課税するのは困難。労働者の賃金アップで出させる不法が一番で簡単」などと答えました。

Img_11522

2018年11月25日 (日)

西区で県政報告会 「住みよい西区をつくる会」主催

11月21日(水)、愛労連の秋の地域総行動の一環として、「住みよい西区をつくる会」主催の県政報告会が行われました。

私、わしの恵子が、2015年の一斉地方選で、12年ぶりに共産党の議席空白を克服し、この3年半、しもおく奈歩議員と2人で県民の皆さんと一緒に、県政を大きく動かしてきたことを具体的に紹介しながら県政報告を行いました。

○12年ぶりに共産党県議団復活して3年半、何が変わったのか。

1.請願の紹介議員に

 3年半で78件、全ての請願の紹介議員に。

2.共産党県議団の復活は、大企業優遇・大型開発優先の大村県政に厳しいチェックの目。

 ・リニア、中部空港島の国際展示場にはカジノまで

 ・これら大型開発をタブーなく追及、全国第2位の財政力を全国最低クラスの教育・福祉の予算を拡充すべきと求め続けた。

 ・県営名古屋空港の軍事化懸念

3.2人の県議団は、県民の切実な声を議会で取り上げ多くの願い実現

 ・老朽化の県営住宅の修繕費予算

 ・軽度・中度の難聴児への補聴器購入助成

 ・特別支援学校の空調化2年間で実現に

 ・公立小・中学校へのエアコン設置

 ・ブロック塀の修繕

 ・竜巻被害1世帯からでも支援

 ・共産党提案の「災害対策の充実強化についての意見書」が一部修正され全会派一致で採択。2016年9月議会「最低賃金引上げを求める意見書」以来2件目。

4.本会議一般質問について

5.統一地方選まで4か月

 「平和で県民の声が届く県政にするためにも共産党2議席では少なすぎる。全ての常任委員会に入るには8議席必要。8議席あれば代表質問も!」と訴えました。

Img_11242

参加者からは

「党議席の復活で、一番良かったのは請願が議会に届いたこと。それまではお蔵入りされていたので悔しかった。」

「教育も福祉も全国最低水準というが、全国1位のところと比べて何が違うのか?」と言う質問があり、私も当然の質問だと思い、「調べます」と答えましたが、今調査中です。

2018年11月22日 (木)

愛知自治体キャラバン 県民守る要求ぜひ 社会保障充実へ県と懇談

社会保障制度充実を求めて県内全54市町村を訪問し懇談する愛知自治体キャラバンが15日、愛知県と懇談しました。県社会保障推進協議会、愛労連、愛商連などでつくる実行委員会の主催です。

森谷実行委員長ら、35人が参加。私わしのも共産党県議団から参加しました。

森谷氏は「安倍政権の社会保障削減によって必要なサービスが受けられない人が多くいる。県民の暮らしを守るため、切実な要求を実現してほしい」と訴えました。

参加者からは、介護保険料が高く、滞納で2016年度に全国で65歳以上の1万6千人以上が差し押さえ処分を受け、過去最高だと告発。「県独自の低所得者向け減免制度をつくるべきだ」と迫りました。

国保料(税)では17年度に比べ32市町村で増額した、「税の使い道を見直し、県の独自補助を復活して」と求めました。

子ども医療費では、県内49自治体で中卒まで通院無料にしているが、県は義務教育就学前までとあまりにも遅れていると指摘。「最大の子育て支援。県が率先して取り組み、国にも18歳までの医療費無料化を強く要望してほしい」と要望。

児童家庭課職員は「持続可能な制度とするため拡大は考えていない」と答えました。

さらに、県側は例年通りの回答が目立ちました。愛労連の榑松佐一議長は「国の制度が厳しいと期こそ、県が社会保障を充実させ、少子化対策に率先してほしい」と話しました。

Dscn50642

2018年11月16日 (金)

台風24号 農業被害への支援を 愛知県議団が知事に要請

 11月13日、日本共産党愛知県議団は大村秀章知事あてに台風24号による農業被害への支援対策の強化を申し入れを行いました。

 台風24号によって愛知県内でも豊橋、田原両市を中心に農業用ハウスの壊れ、野菜・果樹の傷み、長時間の停電も発生し、酪農農家が冷蔵できない牛乳を廃棄するなどおよそ25億円の被害が出ています。

 そこで、わしの、しもおくの2人の日本共産党県議団は、県農林水産部に申し入れ書を手渡し、「農水省が10月31日に支援対策について通知を出しており、愛知県として早急に対策を講じるように」と要請しました。

 

Dscn5038_32

申し入れの全文を紹介します。                                                                                                          

2018年11月13日
愛知県知事 大村 秀章 様
                                                                                 日本共産党愛知県議団
                                                                                 団長 わしの 恵子

                  台風24号による農業被害への支援対策の強化についての申し入れ

 日々の活動に敬意を表します。
 今年9月30日に日本に上陸した台風24号により、全国各地で大きな被害が発生しました。

 国においては10月31日、「台風24号による農林水産関係被害への支援対策について」を通知しており、県としての早急な対応が求められます。
 つきましては、下記の点について農業被害への支援対策を早急に講じるよう申し入れます。

                                                            記

1.県が行った被害の実態調査に基づき、国の支援制度を活用した農業被害者支援をただちに実施すること。
2.国の支援制度に上乗せした県独自の農業被害者支援を行うこと。
3.すべての被災農家が補償されるよう周知徹底を行うこと。

                                                                                                               以上

  申し入れに対し県の担当者は、「支援は検討中。県として取り組みを進めていくよう努力する」と答えました。

Dscn5043_32

 県への申し入れに先立ち、10月17日に、すやま初美参院選挙区予定候補らとともに農水省と交渉し、被災農家を支援する経営体育成支援事業について、『台風21号に続いて、台風24号の被害について検討する」との回答を得ていました。

2018年11月12日 (月)

小春日和の青空の中、第36回あいち赤旗まつり大盛況

 昨日の11日は、実質初めてとなる(50数年前に一度開催した)鶴舞公園で、第36回あいち赤旗祭りが盛大に開催されました。

 風も無く本当に良いお天気に恵まれました。

 私は、この日、西区学童保育のスポーツ大会があり、あいさつのあと、急いで青木市議と共に会場に到着しましたが、本村伸子衆院議員、武田良介参院議員、島津ゆきひろ前衆院議員、井上さとし参院議員の秘書のかたがそれぞれ愛知1区のテントで挨拶の真っ最中でした。

Img_08582

 岡田ゆき子・西山あさみ、青木ともこ市議、村瀬和弘市議予定候補と共に来年4月の県会・市会選挙で必ず議席をふやし、その勢いで7月の参院選で大躍進をすることを決意表明しました。

Img_08632

 また、午後1時からは中央舞台の普選記念壇で記念式典があり、県内の地方議員予定候補者が壇上に上がりました。代表してしもおく奈歩県議が決意表明!(写真は県議予定候補と名古屋市議候補)

Img_08942

 小池あきら書記局長・参院議員は、記念講演で、この間の国会質問で舌鋒鋭く安倍首相を追及してきたことなど、縦横に語り、万来の拍手でした。

 奏楽堂ではJACK THE RED FLAG AICHIでのバンド演奏や落語、アイドル教室など多彩なプログラムが!

 また、子どもの広場や大道芸の広場では猿回しや風船太郎のパフォーマンス、人形劇団むすび座の上演など子どもから高齢者まで楽しめる企画に参加者は大喜びの様子でした。

 西区後援会のテントでは、わしの恵子・青木ともこの店として「焼き鳥」が大繁盛!炭火焼で中はほっこりとしてとてもおいしい焼き鳥に、お昼頃は長蛇の列が・・・・・!

(*午後2時前には1000本を売り切りました!)

 私もお客さんの呼び込みで売り上げに貢献しましたよ!

Img_08812
 テントの後方では「交流の広場」を設け、久しぶりにお会いするみなさんと楽しく交流しました。

Img_08782

 また、3年半の活動記録を展示しましたが、立ち止まって興味深く見ていかれる人も!

Img_08762

その後、労働者後援会の集まりや、他のテントにもお邪魔して交流を深め、決意を新たにしてきました。

 行く先々で皆さんから、「県議団の活動素晴らしいね。体に気を付けて頑張って!」の励ましを受けて、リーフや名刺をお渡しし決意を述べながら歩き続けました。県会の議席があることで、県民要求が実現できること本当に喜んでくださっています。

 次回は8つの常任委員会すべてに所属できるよう8議席を必ず勝ち取りたいと思います。

 公園内を本当によく歩き回り、足はくたくたでしたが、最高のまつりでした。必ず議席を勝取るための決意がみなぎる思いでした。頑張ります!!

2018年11月10日 (土)

福島原発事故から7年8ヶ月 さよなら原発西区アクションの定例パレード

本日午後、原発ゼロ、安倍改憲NO!の西区の定例パレードを行いました。

原子力規制委員会は、茨城県にある日本原子力発電の東海第2原発の運転を20年延長させるといいいました。

「原則40年」は福島原発事故後に法律に盛り込まれた規定で最大20年の期間延長も出来るとされましたが、政府は「例外」と言いました、ところが審査を担当する原子力規制委員会はこれまで3基も認めたのです。そして、東海第2原発も認めました。

パレードでは「原発今すぐ廃止」「フクシマの復興最優先」など、コールしました。

核のゴミを何万年もに亘って未来の人類に押し付ける原発はただちにやめるべきです。

車から手を振っての応援、交差点の横断歩道の先から大きな声で「がんばれ~」と応援、お店の中からの応援など、元気の出るパレードでした。

Img_08432


Img_08512

2018年11月 7日 (水)

2018年度愛知県議会安全・安心対策特別委員会県外調査

健康福祉委員会に続き、11月5~6日、愛知県議会安全・安心対策特別委員会の県外調査に参加しました。

1日目の報告です。 

1 朝倉市議会(福岡県朝倉市)

朝倉市議会では、愛知県における大規模風水害・土砂災害対策の参考とするため、平成29年7月九州北部豪雨による被災と復旧・復興状況及び避難支援情報の早期提供のための取り組みについて説明聴取を行うとともに、被災地である杷木・松末・石詰め地区の現地を見させていただきました。

平成29年7月九州北部豪雨は洪水・土砂・流木の「三重苦災害」といわれる大きな災害でした。

土砂崩れ 約450か所、発生土砂 約1000万m3(東京ドーム8杯分) 流木 約21万m3(25mプール580杯)に相当するそうです。

朝倉市では、1時間にこれまでの極値を更新する129.5ミリを観測(記録的短時間大雨情報を計15回発表)

朝倉市議会で説明を受けたあと、実際の被災状況を見させていただきました。松末・石詰地区の赤谷川水系音石川地域を訪れました。あたり一帯の山々、どこを見ても土砂崩れが・・・。

眼を覆うばかりの土砂崩れに足が竦みます。私たちが歩いた現場は、土砂が8mも埋まっているところと説明がありました。どこに川があったのか、全くわからない、土砂ばかりのところでした。

被災した住家もありましたが、大変な土砂に囲まれており、いたるところに大量の流木や土砂が大きなビニール袋にいれられ山のように積まれていました。持っていくところがないと説明されました。そして人は誰もいない状況でした。

朝倉市は、風光明媚なところで多くの種類の果物が栽培されているという素晴らしいところだそうです。当日も柿やミカンがたわわに実っていましたが、収穫はされないまま残されていました。

住宅は全壊・半壊でもないが、土砂が一杯積もっていました。山が治まるのは、6年もかかるということで、誰も住んでいる様子はうかがえません。しかし、保障は全くないそうで、胸がつぶれる思いでした。こんな大きな自然災害の保障は国が行うべきだと強く思いました。

国は、この地域に人工的に川を作る工事を直轄事業として行っていましたが、住んでいた人たちへの保障をすべきではないでしょうか。

Kimg03152


Kimg03182

安全・的確な避難活動の支援システム

朝倉市の庁舎では、河川反乱・土砂災害の危険性予測を支援する気象災害予測支援システムを視察しました。

それは、豪雨発生時における河川の氾濫や土砂災害の予測を複数の情報から分析し、的確に判断する機会を得るものです。何本もある河川の水位を同時に見ることができ、危険予測箇所が常時わかるようになっていました。今後2度とこのような災害が起こらないように、この気象災害予測支援システムは大きな力を発揮するものと思いました。

今、朝倉市は、復旧・復興への取り組みを進めています。復興スローガンは「元気ばい!朝倉」です。

私は、現地を見させていただき、被害を受けた方々が、一刻も早く安心した生活を取り戻せるよう、被災者生活支援を国や自治体が全力で行うことを願うばかりでした。

2日目の報告です。

1 熊本市議会(熊本県熊本市)

愛知県でも南海トラフ巨大地震が危惧されているなか、本県における地震災害対策の参考とするため、平成28年熊本地震に起因する地盤の液状化による被害・復旧状況及び宅地液状化防止のための実証実験など液状化対策の取り組みについて説明聴取を行いました。

2016年4月14日及び16日に発生した熊本地震は、わずか28時間の間に震度7が2回、その後震度6弱以上の地震が5回、余震の累計は4000回を超える、観測史上初の大災害でした。

被害の概要(熊本市)は、2018年7月現在、

○人的被害は死者85人(直接死6人 関連死79人)

○住家被害(り災証明交付件数)は

全壊、大規模半壊、半壊、一部損壊は計136227件、損壊なし10件

○宅地被害の状況は

がけ崩れ被害戸数は約4300戸

液状化被害戸数は約2900戸です。

どんなに被害が大きかったのか改めて痛感しました。心からお見舞い申し上げます。

中部地方でも、南海トラフ巨大地震などによる液状化の被害が懸念され特に、愛知県西部が顕著と言われており、危険度が大きいのは名古屋市、豊橋市、一宮市など45市町村。県防災局の担当者は「埋立地や干拓地は液状化の可能性が高い」としている。と先日の新聞報道があったように他人事とは思えません。しっかり学んでいこうと強く思いました。

熊本市の対応について伺いました。

○熊本市における被災宅地への対応については、

(1)既存制度としては ①がけ崩れ対策事業、②宅地耐震化推進事業(大規模盛度造成地滑動崩落防止事業、宅地液状化防止事業)があるが、(2)拡充制度も設け、①宅地耐震化推進事業の拡充制度(盛度高さを5m→2mに緩和)したこと。

(2)宅地の液状化防止事業については、災害の発生を抑制するため、道路・下水道等の公共施設と隣接宅地等との一体的な液状化対策を推進する。

以上の対策を具体的に熊本市液状化対策実証実験という形で進めている実態についても資料をつかいながら説明を受けました。

実証実験として地下水位低下工法の実施については、遮水矢板を打ちこみ、地下水を汲みだして水位を低下させる工法で、有効性が確認され、今後この方法で進めていくと説明されました。

この様な説明を受けた私は、地元の西区のどこを掘っても地下水が出てくるところで、皆さんが心配されています。液状化対策が必要だとかねがね思っていたので、視察させていただき大変学ぶことができました。

2 益城町議会(熊本県益城町)

益城町議会では愛知県における地震災害対策の参考とするため、平成28年熊本地震により被災した自治体庁舎の損壊状況やその対応、熊本大学と連携して実施する復興まちづくりの取り組みについて説明聴取をおこなうとともに、熊本地震発生から1年経った2017年5月に、それまでの保健福祉センターや中央公民館などで業務を行ってきた場所から現在の仮設庁舎に引越して業務を行っている状況も見せていただきました。

Kimg03212

熊本地震により益城町の役場庁舎・議会棟も被災し使用不可能になり、行政機能が停止し、災害対策本部を町保健福祉センターに設置し、通常業務再建のためプロジェクトチームを設置。様々な窓口業務を再開。

その後、庁舎を建て替える方針をもち、新庁舎建設委員会の設置がされました。新庁舎建設にあたっては、庁内の関係各課職員で構成するPT会議で検討を深めるとともに、町民の皆さんが、庁舎をどのように利用しているか、何を求めているのかなどを詳しく調査するために「益城町新庁舎建設に関するアンケート、パブリックコメントを実施、町民にとって親しみやすく、利用しやすい、安全な庁舎を目指し5つの基本理念を掲げて新庁舎の建設が計画されており、平成34年度が新庁舎供用開始ということです。

益城町の復興には熊本大学と連携が大きな力になっています。

熊本大学は、地震からの復興を目指した研究拠点(サテライトラボ)を開設。被災者支援の学生ボランティア拠点としての機能、住民が将来の姿をデザインできるようなまちづくりの拠点、復興計画は住民の想いを集約、反映させる行政支援などを目的として活動しています。

「熊本大学 益城復興 応援便り」も 発行されており、とても素晴らしい内容で、学生たちの頼もしさとやさしさに心打たれました。

Kimg03262

益城町議会の説明を受けた後、現在の仮庁舎も視察させていただきました。プレハブづくりですが、職員の皆さんは、かいがいしくお仕事をされておる様子が手に取るように伝わってきました。

入り口には、大きなくまもんが迎えてくれました。写真を撮ったのですが、まぶしくて全体の様子がきちんと撮れませんでしたが・・・・・  見てくださいね。

Kimg03252

2日間の視察を終えて、もし南海トラフに見舞われたら、愛知県の被災もおびただしいものになると率直思わざるを得ませんでした。豪雨、台風、地震災害などから愛知県民の命、暮らしを守るためにも、全国第2位の愛知の豊かな財政力を活かし、土砂崩れ対策や、地盤沈下対策、液状化対策などに注ぐべきだと強く思いました。来年の統一地方選でも重要な政策になると考えます。

«2018年度愛知県議会健康福祉委員会の県外調査